カンボジアでバイクを運転するならクメール語を練習しておこう

スポンサーリンク
バイクの修理カンボジア
バイクの修理
スポンサーリンク

こんにちは、カンボジアに毎年行くレイです。

ぼくは以前カンボジアでバイクを運転していました。

その時、クメール語(カンボジア語)をちゃんと話せるようになっておいた方が良かったなと思ったんですよね。

そのことについて書きますね。

スポンサーリンク

カンボジアではバイクがよく壊れる

カンボジアでバイクを乗っていると結構な頻度で壊れます。

ぼくが買ったバイクが中古の安いものだったのも原因だとは思いますが、路面状況も悪いんでパンクとかもよくあるんです。

幸いなことに、カンボジアではバイクの修理屋は通りに結構あるのですぐに駆け込めます。

バイクの修理

バイクの修理

ところがここで大問題が発生するんです。

それがクメール語。

お店の人はほぼ英語を話さないので、やり取りはクメール語でやるしかありません

壊れた場所を指さして、なんとか伝えることはできますが身振りだけでは結構不安です。

ぼくは一応少しはクメール語を話せるので、「故障した」とか「修理に何分くらいかかる」くらいは確認できました。

それがまったく言葉が通じない状態だと不安で仕方ありません。

どれだけ時間がかかるのかもわからず、ひたすら店の前で待つって辛いですよ。

バイクの修理

バイクの修理

そもそも修理してくれるのかどうかもわからない。

だから、カンボジアでバイクに乗るなら、簡単な日常会話くらいは話せるようになっておくと安心です。

ちなみにクメール語を少しでも話せるようになると、毎日が違った景色に見えてきますよ。

カンボジアに住むならぜひクメール語を!

ましてバイクに乗るならなおさらです。

ちなみに修理にかかった金額ですが、バッテリー交換で15ドル(1,611円)でした。

[template id=”18961″]

タイトルとURLをコピーしました