夕暮れ時。遠くには明石海峡大橋も見えます。

日本一高いビル・あべのハルカスの楽しみ方

日本一の高層ビル

高さ300mを誇るあべのハルカス

高さ300mを誇るあべのハルカス

こんにちは、高層ビルマニアのmoriです。先日念願叶って日本一高い高層ビル・あべのハルカスに行ってきました。このビルの高さは何と300m、60階建てなんですよ。フロア数では横浜のランドマークタワーが70階なので階数は少ないですが高さは日本一。

あべのハルカスの友人たちの評価はあまり高くなかったんですが実際に行くと本当に素晴らしかったんです。人の話を鵜呑みにせず自分の目で確かめることって大切ですね!

ぼくのおすすめポイントをこの3つ。

  • 夜景を見ながらのビールが最高!
  • 京都が見えるほど高い
  • 吹き抜けの開放感が抜群

では順に見ていきましょう。

夜景を見ながらのビールが最高!

あべのハルカスに行くならぜひやってもらいたいのがビアガーデンで夜景を見ながらのビール。58階には外の景色を見ながら食事ができるレストランがあるんですが今の季節は外の席でビールを飲むとたまんないです。

日本一高いビルと言うことあって周りを遮る物は何もありません。眼下に広がる大阪の夜景、遠くには関西国際空港も見ることができます。次々に着陸する飛行機のライトを眺めながら旅行に行くことを想像するだけでも幸せになれます。

夜景もきれいです。

夜景もきれいです。

ビールも種類が豊富でアサヒの氷点下ビール・Extra Coldや地元関西のビールも楽しめます。

そしてぼくがハマったフードはクリスピーフライドポテト。揚げたてはとんでもなくカリカリしていて美味。ビールに合うんですよこれが。このフライドポテトのすごいところは冷めてもずっとカリカリ食感が残ること。ぜひお試しを!

夜景を見ながらのビールが格別。

夜景を見ながらのビールが格別。

京都が見えるほど高い

地上から16階(80m)でエレベーターを乗り継ぎ最上階60階へ。このエレベーターは天井がガラス張りになっていて上っていく様子を見上げながら上っていけるんです。いやぁ300mは高いですね。

エレベーターの扉が開くと目に飛び込んでくるのは地上300mの絶景。地上では高いと思っていたタワーマンションもちっぽけに見えるほど。

60階からの眺めは最高。遠く京都まで見えます。

60階からの眺めは最高。遠く京都まで見えます。

天井から足元までガラス張りなので開放感抜群です。もちろん360度見渡せます。梅田の高層ビル群はもちろん、南に目をやれば関西国際空港、西には明石海峡大橋、北には京都タワーまで見ることができるんです。すごいですよ、ホントに。

西側の床は一部ガラス張りになっていて下が見下ろせます。そして夕暮れ時には海に落ちる夕日が空をピンクに染める。ホントにきれいだったなぁ。

ガラスの床。高所恐怖症の人はご注意を。

ガラスの床。高所恐怖症の人はご注意を。

夕暮れ時。遠くには明石海峡大橋も見えます。

夕暮れ時。遠くには明石海峡大橋も見えます。

吹き抜けの開放感が抜群

58階の一部は屋上まで吹き抜けになっていて外なんですよ。ちょうど今の時期はちょっと涼しくて快適。雨が降ったら辛いですが晴れている時にはこの開放的は場所が一番のオススメですね。開放感で言うと大阪駅の近くにある梅田スカイビルの空中庭園には負けますが、それでも十分気持ちいい。

58階から空を見上げる。

58階から空を見上げる。

58階から吹き抜けです。

58階から吹き抜けです。

気候的にも秋がベストなんじゃないかなと言うことで、あべのハルカスをオススメします。

ハルカス300

営業時間:9:00〜22:00(年中無休)

料金:1,500円(大人)、1,200円(中高生)、700円(小学生)、500円(幼児)

Webサイト:http://www.abenoharukas-300.jp/