食べ歩き

関東風桜餅の発祥の地・長命寺に桜餅を食べるためだけに行って来た

投稿日:2016年3月29日 更新日:

スポンサー

関東風桜餅(長命寺)発祥の地へ行ってきた

桜餅が大好きなmoriです。

ぼくは生まれも育ちも関西と言うこともあって桜餅と言えば道明寺しか思い浮かびません。これが道明寺。もちもちのごはんの中にあんこが入ったお菓子です。

桜餅

桜餅

これが関東になると事情が違っているようで、桜餅といえば道明寺ではなく、薄皮で餡を巻いた長命寺がメジャーだそう。これが長命寺桜餅ですね。全然別物です。

関東風桜餅(長命寺)

関東風桜餅(長命寺)

桜餅好きとしては道明寺だけでなく、長命寺桜餅も食べない訳にはいきません。と言うことで関東風桜餅である長命寺桜餅の発祥の地・長命寺に桜餅を食べるためだけに行ってきました。

まずは長命寺の場所から。東京都墨田区にあるお寺で、東京スカイツリーの近くですね。

色々と行く方法はあるんですが、ぼくは東京スカイツリーのある押上駅から歩いていくことに。

押上駅のA3出口からスタート。駅を出ると右手にスカイツリーがどーん!高いですね〜。高層ビルマニアとしては心躍る高さです。ちなみに3回上ったことがあるので今回はスルーします。

東京スカイツリー

東京スカイツリー

まずA3出口を左手の方に曲がります。

左の方向へ

左の方向へ

そうするとファミリーマートのあるビルが見えてきますので、この交差点を左に曲がります。

交差点を左折

交差点を左折

あとはひたすらまっすぐ歩いて行きましょう!

しばらく歩くと向島三丁目交差点が見えてきます。この広い道路を横断してまだまだまっすぐ進んでいきましょう。

交差点を直進

交差点を直進

おっと!電柱に長命寺桜もちの看板を発見!近づいて参りましたよ。ちょっと興奮してきました。

長命寺桜もちの看板を発見

長命寺桜もちの看板を発見

そうこうしているうちに正面に土手が見えてきました。この土手にぶつかる手前にある信号を右折します。

この交差点を右折

この交差点を右折

しばらく道に沿ってあるいていくと左手にありました!長命寺です。

意外な外観だった長命寺

意外な外観だった長命寺

なんかイメージしていたのと違う。幼稚園も併設されているみたいです。もっと古い感じのお寺なのかなって思ってたんですが結構近代的でこじんまりしてますね。

長命寺桜もちのお店はこのお寺の裏手にあります。外をぐるっと回って行ってもいいし、このお寺を突っ切っても裏手に出ることができますよ。

長命寺の桜もきれい。

長命寺の桜

長命寺の桜

そしてこれが関東風桜餅発祥の地とも言われる長命寺の桜もちです!嬉しくてたまりません!やっと来れました!

長命寺桜もち

長命寺桜もち

さっそく中に入ってみることに。

3枚の葉に包まれた桜餅はもっちり感がたまらない

店内にはお目当ての桜もちを買うためにお客さんがいっぱい。みんな結構な量を買っていきます。10個とか普通に買って行ってましたよ。人気なんですね。

もちろん個数が少なくても全然OK。ぼくは1個しか買わなかったですが何の問題もなく買うことができました。

これが長命寺桜もち。

3枚の葉で包まれています

3枚の葉で包まれています

これは想像と違ってましたね。長命寺桜餅って言ったらこれ。

関東風桜餅(長命寺)

関東風桜餅(長命寺)

でもここで売られている長命寺桜もちは葉っぱが3枚ついてます。そして葉っぱに中の餅が完全に隠れているんですね。

桜の葉を外していくと中から現れたのは白いもち。てっきりピンクだと思っていたのにこれもまた意外。

白い皮の桜もち

白い皮の桜もち

横から中を覗いてみましょう。

中を覗く

中を覗く

お店は葉を外して食べることを推奨していたので、ぼくも葉を全部外して食べてみます。

もっちり!!

餡を包んでいる皮が想像以上にもっちりしていて美味しい。そして中の餡は甘さもさほど強くない。そして量も控えめで水分も少なめでパサッとした感じです。

他の店で食べた桜餅は餡の存在感が強くて重たいなって感じることが多かったんですが、ここの桜もちは軽いので良い感じ。

もっちりの皮とあっさりとした餡

もっちりの皮とあっさりとした餡

でも肝心の桜の香りという点においては葉をとってしまったために感じることができなかったですね。

ということで途中から葉を巻き直して食べてみます。

桜の葉をまき直して食べてみる

桜の葉をまき直して食べてみる

桜のかおりが蘇った!

でもちょっと問題が。桜の葉が思った以上に固くて口の中に残るんですよ。ちょっと葉と一緒に食べるのは厳しいかな。店が葉をとって食べるのを推奨する理由が分かりました。

もうちょっと餅自体に桜の香りがあれば良かったのになぁ。ちょっと残念。でももっちりとした食感と餡のバランスは良かったですね。上品な味わいでした。

隅田川で食べるべし!

通常は店の中でも食べることができるらしいんですが、ぼくが行った時には店内では食べられませんでした。

でもこの店のすぐ後ろには隅田川。隅田川まで行って屋外で食べるっていうのも良いもんですよ。

長命寺の裏には隅田川

長命寺の裏には隅田川

太陽も暖かく、風も気持ち良かったですね。やっぱり屋外で食べる桜餅は最高。

関東風桜餅の食べ歩きはこちら。

-食べ歩き
-, ,

執筆者:

「食べ歩き」のオススメ

ワッフルが有名。1回で100個以上買う人も。

松江では知らない人はいないウエダの洋菓子に行ってきた

松江では知らない人はいない名店 友人のご実家が洋菓子屋さんをされています。地元関西からは少し遠い松江にあるということでなかなか行けなかったんですよね。しかしついに松江に行くことができたので、松江では超 …

金沢和音の桜餅

東京で‪関東風桜餅(長命寺)などを11個食べた結果、めまいの先に見えたもの

長年の夢がかなう時がやってきた ぼくは今回の上京をいつもとは違った特別なものだと思っていました。それは何を隠そう、関東風桜餅(長命寺)を食べることができる春に東京に行けるからです。 ぼくにとっての桜餅 …

名物のポテトサラダ。そそり立ってます。

斬新!ニューエビスノのポテトサラダタワー

名物!ポテトサラダ 最近京都の友達と行った居酒屋が斬新。というかポテトサラダが斬新だったのでご紹介したいと思います。 名物のポテトサラダ。そそり立ってます。 見てください。この盛り上がり。ポテトサラダ …

重箱どんぶりに入って提供される一蘭のラーメン。

ラーメンに集中せよ!一蘭のシステムに驚きまくり。

すべてに驚いてしまいました 九州随一の繁華街、天神に行って来ました。全国展開しているラーメンの一蘭という店に行ったんですが驚きましたね。ぼくのラーメン店の常識が覆させられましたよ。 味集中カウンター …

八ッ橋の老舗「本家西尾八ッ橋」の本店はどんなところ?その魅力を紹介します

京都にある八ッ橋屋の「本家西尾八ッ橋」の本店を紹介します。江戸時代創業の西尾八ッ橋本店は歴史のある佇まいのお店。本店では作り手の思いを肌で感じることができます。隣接する食事・甘味処「西尾八ッ橋の里」も紹介しています。

moriはこんな人

カンボジアが自炊が大好き。不安定で次に何が起こるか分からない状態を楽しんでいます。好きな言葉は「安定なんてクソくらい」
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote