これが言いたい

昼間サボって夜に残業代を稼ぐ?自分の時間は無限にあるとでも思ってるのかい?

投稿日:

スポンサー

時間こそ一番大切なものだと気づかなければいけない

電車に乗っている時に乗客の二人がこんな話をしているのを聞きました。

女性
タイムカードがないなんて特殊な職場なんですね。
男性
いや、タイムカードがあるとみんな昼間サボって、残業代を稼ぐために夜に仕事するようになるんです。
男性
もっと言うと誰か一人残って夜中の12時に全員分のタイムカードを押して帰るってこともできるような職場。
男性
だから不正を防止するっていう意味でタイムカードを使わないですよ。
男性
彼らの残業代を払うために住民税があがるのは嫌でしょ?

ほう~。そりゃけしからん職場ですな!

という思いよりぼくが感じたことはこうです。

昼間サボる時間はもったいないし、夜間昼間の分仕事するって言うのも時間の浪費甚だしい。こんなに時間を無駄にしていて正気でいられるものなのか?

昼間にちゃんと仕事をしていたら夜の残業はしなくてもいいはずです。その夜の時間をもっと有効に使えるじゃないですか。

たしかに残業代という収入アップになるかも知れないけど、もっと大事なことを見落としています。

それは、時間は有限であるってことです。こうして息をしている間にもぼくらに残された時間はどんどん減っていってる。

死へのカウントダウンが始まっているんです。

最近ぼくの周りでは人が亡くなったり、病気で日常生活に支障をきたすような人が多くなってきました。

誰だって歳を重ねれば病気にもなって身体の自由もなくなってくる。

時間はどんどん減り、自由はきかなくなる。加速度的に自分自身の自由は失われていくんです。

だから時間というものをもっと大事に使わないといけない。

昼間サボっている時間と夜の残業。二重に貴重な時間をドブに捨てていることか!

スキルアップして稼いでやるよ!

給料が少ないから残業代が欲しい。わかりますよ。誰だってお金は欲しい。

でもお金と時間を天秤にかけた時どっちが重要か?

目先のことだけを考えたらお金でしょう。でも長期的に考えると時間って本当に貴重なものだと思えてくる。

子どもの頃には永遠に続くと思っていたこの命。成人して歳を重ねていき身体に変調をきたすようになる。

”もう人生の折り返し地点を過ぎちゃったな〜”

なんて軽く言ったりしますけど、これまで無限に続くと思っていた時間が刻一刻となくなっていっていることに気がついているはず。

そうなんです。ぼくは今年で38歳なんですけど、生まれてから今まで生きてきた時間、それと同じ時間さえ自分には残されていないんです。

さらに歳をとり、歩くことさえままならなくなっていったら自分の死について考えるようになる。その時にはもう手遅れ。

新しいことを始めるにも、精神は元気でも身体がいうことをきかない。

そうなってから“あの時こうしておいたらよかった”なんて後悔しても遅いんですよ。

だからまだ動けるうちに、1秒でも早く自分の貴重な時間をもっともっと有効に使おうよって言いたい。

昼間はしっかり働いて、夜には自分を成長させるために時間を使いましょうよ。

スキルアップしたら残業代くらい稼げるようになるんじゃないの?もっと給料の良い仕事につけるんじゃないの?自分で事業を興せるんじゃないの?

そして嫌々オフィスに残って仕事をすることが健康的かって話です。どうせブツブツ文句言って仕事するんでしょ?

そんなことをするくらいなら自分自身に時間を使って、成長する喜びを感じましょうよ。そっちの方が100万倍楽しいって!

成長して稼いだら良いじゃない。同じ時間を使うならワクワクすることをしようよ。

-これが言いたい
-,

執筆者:

「これが言いたい」のオススメ

東京タワー

カンボジアの友人が悲しんだ出来事。無視は良くないよ。

東京で嫌な思いをした友人 ちょっと前にカンボジアから友人が来日しました。その時にちょっと嫌なことがあったんですよね。それは何かって言うと友人が日本人に話しかけた時に無視されたこと。無視はいけませんよ! …

外国人のいる会話は日本語を使うな。その理由とは?

日本が理解できない外国人のいる会話では日本語を使わないようにすべき。理解できない日本語で話を進められても相手は全く理解できずに「のけ者にされた」という気持ちを持つからです。

no image

“えっ!?そんなことも知らないの” 言ってるあなたこそ馬鹿ですよ

あなたは自分が思っているのと真逆のイメージを持たれてます こんにちは。人間観察が好きなmoriです。 最近気になったことがあるんで今回はその事について書いてみたいと思います。 誰かと会話する時にわざと …

川

戻って来ない”瞬間”を全力で生きろ!

今日触れた水には二度と会えない 最近近くの山に行きました。ぼくが小さい頃よく遊びに行っていた場所。なんにもない広い川原にとてもきれいで透き通った川が流れてます。この川に手を突っ込んだ時にふと思ったんで …

飛んできた眼鏡

【暴行現場】殴られて流血する人がすぐそばに。自分には何ができるのか?

京都のある居酒屋ですごく嫌な光景を見てしまいました。 ぼく自身すごく後味の悪いと言うか、無力さを感じた出来事だったんです。 今回はそんな話をさせてください。 トラウマになりそう…… 暴力を前になにもで …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote