ブログ運営

WordPressで定型文を使うならプラグイン「TinyMCE テンプレート」が超便利。定型文のストレスが激減したよ

投稿日:2016年9月19日 更新日:

スポンサー

TinyMCE テンプレートを使えば定型文に関わるストレスが激減する理由

ブログをずっと書いていると同じ表現を使いたい時ってありますよね。

ぼくの場合だったら、たとえばこんな場面です

他の記事にも使う同じ表現
このピンクで囲んだ部分はセキュリティソフトを使うことの重要性について書いているんですが、同じことをインターネットセキュリティに関係する他のページでも書いています。

以前はすべてのページにこの部分だけをコピーしていたんですが、さすがに面倒くさい!

そして変更があった場合には全部のページに修正をかけないといけない。これもまた超面倒くさい!

mori
だんだんイライラしてきたよ

そんな時に導入したのが、テンプレートを簡単に扱えるプラグイン「TinyMCE テンプレート」というやつです。

TinyMCEテンプレート

このプラグインの何が素晴らしいかっていうとずばりこの2点です。

  • 定型文を1箇所で管理できるので変更があっても楽!
  • 定型文の編集が簡単!

このプラグインを使い始めてから定型文の入力が楽になりすぎて感動しまくってます。それではこのテンプレートの素晴らしさをご紹介していきますね。

定型文はショートコードで挿入すべし。定型文の変更が一瞬で終わるよ

まずこのテンプレートを使う最大のメリットは定型文(テンプレート)の管理が1箇所で行えるということ。

このプラグインを使わないと、定型文を変更したいという場合には、定型文を使っているすべてのページを変更する必要があるんです。

100箇所に同じ定型文を使っていたとしたら100箇所も修正しないといけないんですよ!

mori
発狂するわ!

その点、TinyMCE テンプレートならたった1つのテンプレートページを変更するだけで100箇所すべてに変更が反映されるんです。めっちゃ便利でしょ!

TinyMCEテンプレートの利点

テンプレートはショートコードを使うこと!

ここで非常に大事なポイントがあります。それは定型文をテンプレートとして登録する時に「ショートコードとして挿入」を「はい」にしておくことです。

これをすることによって、テンプレートの変更を1箇所で管理できるようになるのです。これを「いいえ」にしてしまうと、テンプレートを修正した時に手動で他のページを直さないといけなくなってしまいます。これじゃあこのプラグインを使ってる意味がないですよね。

ショートコードとして挿入は「はい」を選択する

TinyMCE テンプレートのインストール

それでは実際にTinyMCE テンプレートのインストールをやってみましょう。

まずTinyMCE テンプレートなどのプラグインをインストールする前にやっておいた方がいい作業があります。それはデータベースのバックアップです。

たまにプラグインのインストールで不具合が発生してデータベースが壊れてしまうことがあるんです。データベースが壊れるとどうなるか?

最悪の場合、ブログにアクセスできなくなってしまいます。

実際にぼくはこういう経験があるので、新しいプラグインをインストールする前には必ずデータベースのバックアップ取るようにしています。詳しくはこちらの記事に書いてます。

データベースのバックアップが完了したら、プラグインをインストールしていきましょう。

まずWordpressの管理画面の左にメニューが並んでいるのが見えると思います。このメニューから「プラグイン」→「新規追加」を選びます。

プラグインの検索画面が表示されるので、画面右上にある場所に「TinyMCE Templates」と入力します。そうすると自動的に検索されて結果が下の部分に表示されます。

プラグインを検索してインストールする

インストールが完了すると「有効化する」というボタンが表示されるので、有効化ボタンをクリックします。無事に有効化が完了すると管理画面の左のメニューに「テンプレート」が表示されるはず。これが表示されたら成功です。

メニューにテンプレートが表示されたら成功

定型文を新規登録する方法

無事にTinyMCE テンプレートのインストールが完了したら、さっそく定型文のテンプレートを登録していきましょう。

管理画面の右メニュー「テンプレート」→「新規追加」をクリックします。そうするとテンプレートの新規登録画面が開くので、普段記事を書くのと同じように定型文として登録する内容を書いていきます。

具体的に入力する内容を簡単に説明しますね。

項目 入力/設定内容
タイトル テンプレートを識別するタイトルです。ブログを見に来る人には関係のないもので、テンプレートを挿入する時にどのテンプレートを挿入するか自分が分かるためにつけます。
内容 定型文として登録する内容です。普段、記事を書くのと同じように入力します。
ショートコードとして挿入 「はい」を選択します。「いいえ」を選択するとテンプレートを1箇所で管理できなくなるので泣きます。

全部入力できたら、「公開」ボタンをクリックするとテンプレートの登録が完了です。編集時にはこのボタンは「更新」と表示されます。

テンプレートの登録画面

記事に定型文を挿入する方法

定型文をテンプレートとして登録できたら、実際に記事に定型文を挿入していきましょう。

定型文を挿入したい記事を開いて、定型文を入れたい場所までカーソルを移動します。

定型文を入れたい場所までカーソルを移動する

そして「テンプレートを挿入」ボタンをクリックしてください。

テンプレートを挿入ボタンをクリックする

テンプレートの選択画面が表示されるので、挿入したいテンプレートを一覧から選んでください。

テンプレートの選択画面

「テンプレートを挿入」ボタンをクリックすると、さきほどカーソルを合わせた場所にショートコードが表示されます。

ショートコードとして挿入されたテンプレート
今はこんな表示ですが、実際にこの記事をブログで見るとテンプレートで設定した内容がしっかりと表示されるのでご安心を!

まとめ

定型文は1箇所で管理すると本当にメンテナンスが楽になります。最初はテンプレートを登録したりと面倒だなと思うかも知れません。

でも同じ内容をいくつもの記事で使用するようになると、このテンプレートの威力を痛感することになります。

楽できるところは楽をして、その時間をもっと良い内容の記事を書けるように使っていく方が断然良いので、ぜひとも効率化に挑戦してみてください。

ぼくはこの快感を知ってから、このプラグインは手放せないですね。便利すぎる!

-ブログ運営
-, ,

執筆者:

「ブログ運営」のオススメ

琵琶湖岸の公園。

ブログが書けない時には屋外で書いてみるのをおすすめします

ブログが書けないなら場所を変えよう こんにちは、moriです。 ぼくはこのブログを何年か書いているんですけど書ける時と書けない時があるんですよね。多くの人もそうなんじゃないですか? 書けなくなった時と …

WordPressのデータベースを手動でバックアップする方法

WordPressのアップデートなどの時にはデータベースのバックアップは必須 WordPressのブログを運用している時、普段は記事を書くことだけってこともあってWorpressというシステムの中身に …

no image

雑多ブログは自分を描き出すキャンバス

ぼくのブログは自己表現 ぼくがこのブログは以前に住んでいたカンボジアの情報を発信しようとして始めたものです。でもいつの間にか思いつくまま書いていく雑多ブログになってしまいました。今ではこのブログの存在 …

カンボジアで買ったノート。1500リエル。

自分の思いはすぐに書かないといけない

大事な事はすぐに書き起こす! ぼくはこのブログに日々思った事を綴っていっています。そこで感じたとても大切なことを今回は書きます。 それは自分が心の底から感じたことはすぐにブログの記事として書いてしまわ …

httpでのアクセスをhttpsへリダイレクトさせる.htaccessの設定方法

http接続をhttpsに自動的に飛ばす手順 ブログをhttps接続できるようにしました。 WordPressで運営しているブログをhttps化する方法 | 人生は宇宙だ! しかしhttp接続とhtt …

moriはこんな人

カンボジアが自炊が大好き。不安定で次に何が起こるか分からない状態を楽しんでいます。好きな言葉は「安定なんてクソくらい」
詳しいプロフィールはこちらから

自炊の楽しさ伝えます!

自炊の楽しさをあなたのところへ伝えに行きます!

自炊デリバリー

ブログの中を検索する

読みたい記事のカテゴリーを選ぶ

今日もいろいろつぶやきます

moriのほしいもの

noteもやってるよ

Instagramもよろしくね