これが言いたい

人にアドバイスするなら5分以内。2時間も説教するのは時間の無駄!

投稿日:

スポンサー

アドバイスは簡潔に相手に伝える。あとは相手が考えればいい

最近よくアドバイスという名目のもと、相手に延々と説教のような話をする人を目にします。

これって本当に時間の無駄です。

説教太郎
ここはこうした方がいい
説教太郎
なんでこういう風にしないの?俺だったら…
説教太郎
お前はまったく分かってないな…あのなぁ〜

こんな会話。よく目にしませんか?

ぼくも昔はこんな感じで延々と話をしまくっていた時期がありました。でも今は完全にその考え方はやめてます。

なんでやめたかっていうと、延々とアドバイスをする時間が勿体ないっていうのもあるし、アドバイスをしたところで相手が考えないと何にも意味がないことだって思うようになったからです。

アドバイスで一番大事なことって、アドバイスを相手が聞くことじゃないんです。

一番大事なことは、アドバイスを聞いたその人がその問題について自分自身で考えることなんです。

どんなことだって同じで、人から言われたからそうしようとかいうのは全然違う。大事なのは自分はどうしたいのかってことです。

はっきり言って、相手がこう言ってるからその通りにしようと盲目的に思うなんてものは、自己がないということです。そんな行動は無価値なんですよ。

相手のアドバイス(意見)を聞いて、自分自身で考えて行動を起こす。

しっかりと自分自身で考えた上で、アドバイス通りにするのならそれでもよし、アドバイスを無視するならそれもよしです。

だから人に何かものを言いたい、アドバイスをしたいっていう場合には簡潔に伝えることを心がけるようにしています。

ごちゃごちゃしたことは一切言わなくて、自分が思っていることを手短に5分以内で伝えるんです。そしてそれを相手が考えるかどうかは相手次第。こっちにはもう関係のないこと。

そもそも、2時間も3時間も延々と話さないといけないようなことってないでしょ?

そんな感じで割り切ってしまうのがオススメです。

同じ2時間を使うにしてもこんな使い方はダメ。

アドバイス(2時間)

もっと相手が自分で考えるような使い方をしないと。

アドバイス(5分)+ 相手の考える時間(1時間55分)

延々と説教をするのは決して相手のためではない。自己満足だ!

延々と説教をする人がよく口にする台詞があります。

説教太郎
あなたのためを思ってアドバイスしてるんだ!

これは嘘です!

こういう人のしているアドバイスを聞いていて思うことがあります。それは自分の価値観の押しつけになっているってこと。

「あなたのためを思って」というよりかは、「自分はこうなんだからあなたもこうしなさい」って言っているように聞こえます。

よくよく話を聞いていると、相手が反論しようものなら「あなたはわかっていない」と言ってその人の価値観を否定する。

それってアドバイスでもなんでもないです。ただの自己満足の世界に一人で酔いしれているようにしか見えません。

mori
ナルシストか!

繰り返しになりますが、本当に相手のためを思っているのなら伝えることは簡潔に5分以内で言うべきなんです。

あとは相手が考えればそれでいい。

-これが言いたい
-

執筆者:

「これが言いたい」のオススメ

子どものうちから年上年下関係なくつき合う。それが真の人間になる条件だ

子どもの時にはどうしても同級生としか遊ばなくなりがち。それは年齢が上だと絶対という思考に繋がっていきます。社会に出ると年齢なんてたいして重要でなくなるにも関わらず、年齢に束縛された人生を歩むことになるのです。年齢に捕らわれない生き方をするには子どもの頃から幅広い年齢の子どもたちと遊ぶことが大事。

人間性を示せ!

あなたの素敵な人間性を学生に見せるべきだよ。大学病院の先生を見て感じた違和感

先生として威厳を見せると人間性が隠れてしまう ある大学病院で診察をうけてきました。 大学病院っていうのは医学部に付属されている病院で、診察時に医学部で学んでいる学生が同席することがあります。 ちょうど …

大英博物館

音声ガイダンスを使わないのがまったく理解できません

音声ガイダンスを使わないで一体何を見てるの? 最近思うんですよね。博物館などで用意されている音声ガイダンスについて。借りない人がいるんですが、なんで借りないんでしょうね?音声ガイダンスはたとえ有料であ …

上手くなったり下手になったりしながら上手くなっていく

ちょっと下手になったからって諦めるあなたは一生そのまま下手くそです

下手になりながら上手になるという事実 仕事でも趣味でもなんでもそうですけど、自分のスキルを伸ばして上手になりたいって誰だって思います。ぼくだってやるからには上手にやりたい、あなただって下手くそか上手か …

クラチェのワークショップの様子。毎日多くの学生がやってきてくれました。

国際協力とは相手に支援することじゃない。相手にぶつかることだ。

全力でぶつかりあうことこそが国際協力だ 2015年はJICA(国際協力機構)の行っているボランティア事業・青年海外協力隊が発足して50周年となる年です。先日横浜で式典が行われたので参加してきました。そ …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote