ぷるっぷるわらび餅に感動!セブンイレブン「ふわっとろ くりぃむわらび めーぷるそーす」

わらび餅がぷるっぷる過ぎて気絶しそう

こんにちは。コンビニスイーツ大好きレイです。

またまたセブンイレブンがやってくれました。これまでの素晴らしいセブンイレブンのスイーツについてはこちらにまとめてます。

ついこの前は「ふわっとろ てぃらみすわらび」で素晴らしいわらび餅を食べさせてくれたんですが、今回はその「ふわっとろわらび」シリーズ第3弾としてメープルソースを使ったわらび餅が発売されたんです。

ふわっとろわらびめーぷるそーす(税込100円)

ふわっとろ・くりぃむわらび

これが前回のティラミスに勝るとも劣らないクオリティだったので激しくオススメしたいんです。

とにかくずば抜けて素晴らしいのがわらび餅

ぷるっぷる!

顔を埋めたくなるほどのぷるっぷるなんです。

指で摘まむと何の抵抗感もなくぷにゅっと潰れる。この柔らかさよ!これを感動的柔らかさと言わずしてなんと言うか。本当にわらび餅の柔らかさは絶品!

ぷるっぷるのわらび餅

もちろんお味だって美味しいんですよ。

わらび餅にかぶりつくとこうなります。

中にはメープルソースがたっぷり入っている

中にはたっぷりのメープルソース!見た目はみたらしみたいだけど、しっかりとメープルの甘い香りがします。

mori
ぷるっぷるのわらび餅の中から溢れ出すメープルソースがまた美味い!

このクオリティで税込100円ですよ。信じられん!

レジではフォークをもらえ!きな粉が飛び散るぞ

「ふわっとろわらびめーぷるそーす」を購入する時に注意すべきことがあります。

レジでフォークを必ずもらう

ぼくはフォークをもらわず、そのままわらび餅にかぶりつきました。その結果こんなことに。

あたり一面きな粉まみれ

わらび餅のまわりには量は多くないけどきな粉がまぶしてあります。

きな粉がまぶしてあるわらび餅

いくら量が多くないって言ってもきな粉はちょっとした息や振動で飛び散ってしまうもの。みごとにきな粉をまき散らしてしまいました…

フォークがあればわらび餅にかぶりつかずに済むので、きな粉まみれは避けられます。

絶対にレジでフォークをもらう。

忘れないでね!

おそらくレジの人の中には「ふわっとろわらびめーぷるそーす」を普通の大福のようなものだと思っている人もいるはず。

mori
見た目も大福っぽいですしね。

でもきな粉を侮ってはいけない。フォークが入っているかはすぐに確認です!

商品企画の「わらべや日洋」は凄いのではないか?

パッケージを見ててふと思ったんです。

mori
こういうスイーツってセブンイレブンだけで作ってるの?

というのも、セブンイレブンブランドのパンとかって、袋にはセブンイレブンって書いてるけど実際に作っているのは別の会社だったりします。例えばヤマザキパンだったり。

セブンイレブンに限ったことじゃないけど、プライベートブランドってブランドはその店のものだけど中身は別の会社が作ってることがほとんど。

だから、このわらび餅だって作ってるのは別の会社なんじゃないかって思ったんですよ。

袋に書かれてる製造元を見てみました。そうするとやっぱり別の会社が製造していましたよ。

わらべや日洋

早速調べてみました。

食材の開発、調達から食品製造、配送・物流に至る一貫システムを構築しています。

原材料調達から商品開発、製造、配送までを一貫体制で行うため、グループで情報やノウハウを共有し、安定した管理体制を維持しています。また、商品開発においては、食材開発、製造設備開発から行い、美味しく価値のある商品を次々と生み出すことができる、それが「わらべや日洋グループ」です。

– グループ | 事業案内 | わらべや日洋ホールディングス株式会社より

和菓子

トレンドの変化にも対応し、定番から新感覚なものまで幅広い「チルドデザート」を展開。繊細な食感や見た目など「食の楽しさ」をご提供します。

– 商品紹介 | 事業案内 | わらべや日洋ホールディングス株式会社より

なるほど、このわらべや日洋という会社はセブンイレブンの商品を開発している会社なんですね。特にセブンイレブンのスイーツでも和菓子担当のようです。

実際にたまたま入ったセブンイレブンで調べてみたら、わらべや日洋が製造しているスイーツを発見しましたよ。どれも和菓子でした。

いつも美味しい和菓子を作っていただきありがとうございます!

セブンイレブンの絶品スイーツまとめはこちら