プノンペンの携帯電話マーケットのカオス具合が凄い

プノンペンの秋葉原?

こっちで買ったNexus4なんですがAndroidのバージョンアップが出来ずに、店に行っても無理の一点張りという状況になってしまいました。個人的にはアップデートできない電話を使うのは嫌なんですよね。そこで新しい電話を買うとしたらいくらなのか。値段を調査しようと色々とお店を探すことに。たまたま聞いた友人から電話を扱っている市場を紹介してもらったので早速行って来ました。

カオスなマーケット内

着いた先は見かけは普通のローカルマーケット。野菜や肉が置いてありそうな外観です。半信半疑で入ってみると恐ろしい数の携帯電話屋がひしめき合っているではないですか!想像を遙かに超える規模にビックリです。正直どの店に行ったらいいのかさっぱりわかりません。時間のある時に行くことを強くおすすめする市場です。

すごい品揃え!

商品も安い携帯電話から最新のiPhone5Sまで幅広く取りそろえられています。ちなみにiPhone5S(16GB/ゴールド)はなんと860ドル!高すぎですよ本当に。ホワイトはもう少し安い820ドル。でも十分高いですね。カンボジア人の平均月収の6倍近くですよ。こんな超高級スマホが飛ぶように売れているのですからこの国は不思議です。

この市場は携帯以外にも携帯のアクセサリーも豊富です。特に電源ケーブル。iPhone5以降で使われているlightningケーブルが山のように置いてあったりします。この国ではよくケーブルが壊れるらしいのでここでまとめ買いしておくと良いかも知れません。

バイクにご注意を

市場では珍しく市場内を自由にバイクが走っているので交通事故には十分ご注意を。電話好きにはたまらない市場ですので是非お気に入りの電話見つけてください。

現在地
ルートを検索