ファミリーマート「窯焼きとろけるプリン」はクセのない柔らかプリンだった

ファミリーマートで発見「窯焼きとろけるプリン」

こんにちは、コンビニスイーツ愛好家のレイです。

ぼくはプリンが好きで自分でも時々作ったりします。

でも店で売っているようななめらかなプリンはなかなか作れないんですよね。

だからなめらかなプリンにすごく憧れます。

今回はファミリーマートのスイーツコーナーを物色いている時に発見したこちらのプリンの紹介です。

窯焼きとろけるプリン(税込150円)

窯焼きとろけるプリン

数あるプリンの中からなぜこのプリンを選んだかというと次の2点です。

まずは「窯焼き」っていう言葉。とてもいい響きじゃないですか。ぼくは焼きプリンが大好きなので嬉しい!否が応でも期待は膨らみます。

そして「とろける」っていうもポイントが高いですね。

それでは実際に「窯焼きとろけるプリン」を食べてみてわかった良い点とちょっと残念だった点について書いてみます。

とろける程の柔らかさは高級感たっぷり

「窯焼きとろけるプリン」は本当にとろける口溶けのブリンでした。

ぼくがよく食べるプリンはちょっと弾力のあるようなブリンです。たとえばスプーンでつつくとぷるんぷるんと揺れるような感じ。

でも、この「窯焼きとろけるプリン」には弾力はまったくありません。

ぷるんぷるんしない代わりに、どろ〜とした柔らかさを楽しめます。

ちょっと表現が悪かったかな?

とにかくプリンの表面をご覧あれ。

窯焼きとろけるプリンの表面

よ〜く見てみると表面はとてもクリーミーでやわらかな表情をしています。これがどろ〜とした柔らかさなんですよ。

とにかくスプーンをプリンにいれると、プリンがトロトロ。

スプーンで持ち上げるとトロトロのプリン

繊細すぎるプリンとでも言いましょうかね。

バニラビーンズを使った贅沢なプリン

プリンの表面をもう一度よく見てみましょう。
窯焼きとろけるプリンの表面

表面に何か見えませんか?

黒い粒々。これはなんでしょう?

プリンの表面にバニラビーンズが見える

バニラビーンズ

バニラの甘い香りにバニラビーンズが使われているんですね。このバニラビーンズは結構高価なんですよ。贅沢!

Vanilla 6beans

これがバニラビーンズを乾燥、発行させたやつ。高価すぎてとても家でのお菓子作りには使えない…

平凡な味のカラメルソースが少し残念

唯一残念だったのがカラメルです。

こんな感じでプリンの底にはカラメルが入っているのですが、カラメルが結構普通すぎました。

プリンの底にあるカラメル

これは好みの問題ではあるんですが、カラメルはもうちょっとパンチのある苦みが欲しかったかなと。

カラメルの苦みが弱いことでメリハリのあまりないプリンになってしまっているように感じましたね。