和菓子

酸っぱすぎる「いちごみるく」パウダーで悶絶!いちごわらび餅

投稿日:

スポンサー

わらび餅の常識を壊し続ける明日香食品

冬になるといちごの商品がほんとうに多くなりますね。

チョコレート、ケーキ、クッキーなどなど

そしてついには、わらび餅にだっていちご味が登場してしまいました。

いちごわらび餅(いちごみるく風味パウダー付)

いちごわらび餅

また変わったわらび餅だなぁと思って製造元を確認すると予想通りでした。

明日香食品(株)

一時大反響があった「ラムネわらび餅」を発売したあの会社です。

いやぁ~ほんとうにいいですね、この会社。「わらび餅といえばきな粉と黒蜜」という常識を破壊することに果敢に挑戦する姿勢はぼくも見習わなければいけませんね。

明日香食品さんにはいつも生きる勇気をもらってます!

全然「みるく」じゃないパウダーで食べるいちごわらび餅

それでは早速食べてみましょう。

ラップを取ると中からピンクのわらび餅、いちごみるく風味のパウダーが登場です。

わらび餅の色は本当にピンクなのでしょうか?ただ単にパックのピンク色が透けてるだけなのかな?

1個つまみあげてよく観察してみます。

いちごわらび餅をつまみ上げてみる

完全に無色透明という訳ではなく、わらび餅自体にもうっすらとピンク色がついているんですね。

この控えめなピンク色がいい感じ。どぎついピンクだったら毒々しいですからね。

そして「いちごみるくパウダー」も確認してみましょう。それにしてもわらび餅にミルクっていう発想も斬新ですよね。

いちごみるくパウダー

真っ白でサラサラ。

いちごみるくパウダーはさらさらとしている

わらび餅をパウダーにつけてすぐに食べたいところですが少し我慢です。まずはわらび餅自体の味を味わわないとね。

それではそのままいただきます!

mori
ほぼ味がない

パウダーを付けずに食べると非常に淡白な味ですね。でも少しではありますが甘みといちごの風味は感じることができます。

あっさり味が好きな人はそのままでも良いかな~

それでは次にみるく風味パウダーをたっぷりつけて食べてみますよ。どんな味がドキドキ。

いちごわらび餅にいちごみるくパウダーをたっぷりつける

mori
酸っぱい!!

これはめちゃくちゃ酸っぱいです。みるく風味と書いてあったのでもっとマイルドな味を想像していたのですが全然マイルドじゃない。

強烈な酸味を感じます。美味しいけど「みるく風味」では決してないですよ。むしろ「いちごラムネ」ですね。

これは酸っぱいのが苦手な人は要注意です。最初は少しパウダーをつけて味を確認するのをオススメします。おいしく食べるにはパウダーの量を微調整してください!

いやぁ~とにかく酸っぱいわ

爽やかすぎるので夏にも売ってほしい

このいちごわらび餅は冬限定商品なんでしょうが、夏にこそ販売してほしいですね。

いちごの爽やかさとラムネの酸っぱさは夏にこそ必要です。

ラムネわらび餅と共に売ってほしいです!

-和菓子
-, ,

執筆者:

「和菓子」のオススメ

うだるような暑さの日にこそ食べたい。寒天入り生八ッ橋「聖涼」は涼しさを運んでくる

こんにちは、八ッ橋だ大好きなmoriです。 京都の定番土産・20種類以上の生八ツ橋を食べまくった人間が定番・季節限定品まで紹介するよ | 人生は宇宙だ! 今回はうだるような暑さの日にこそ食べたい夏の八 …

【青木松風庵】喉で味わうチョコの苦みがおいしい「生クリームどらやき(チョコクリーム)」

喉の奥にさわやかに広がるチョコの苦みがたまらん こんにちは、和菓子が大好きなmoriです。 今回は紹介するのは、大阪にあるお菓子屋・青木松風庵の「生クリームどらやき(チョコクリーム)」(税込162円) …

八ツ橋好きが感動して倒れる!鮎家の郷「ひなた餅」は八ツ橋の皮が餅になったんだぞ!

八ッ橋の皮だけを堪能できる「ひなた餅」は皮マニアには垂涎の一品 こんにちは、八ツ橋を愛するmoriです。 滋賀県にある「鮎家の郷」で大変なものを発見してしまいました。 ひなた餅(390円) これの何が …

【秋限定生八ッ橋】衝撃のおいしさ!夕子「栗あん」はニッキと濃厚な栗がとんでもなくおいしい八ッ橋だった

秋限定の生八ッ橋・夕子「栗あん」の紹介です。栗とニッキという一見合わなさそうな組み合わせなのですが、とてもおいしくて衝撃を受けるほど。濃厚な栗と刺激的なニッキの組み合わせが絶妙な生八ッ橋です。ニッキ好きなら一度は食べてほしいですね。

生八ッ橋「夕子・チョコレート」はトースターで焼け!とろ〜りチョコが絶品

こんにちは、八ッ橋が大好きなmoriです。 ぼくは八ッ橋が本当に好きで2017年8月の時点で、45種類の生八ッ橋を食べています。 京都の定番土産・45種類の生八ツ橋を食べまくった人間が定番・季節限定品 …

moriはこんな人

カンボジアが自炊が大好き。不安定で次に何が起こるか分からない状態を楽しんでいます。好きな言葉は「安定なんてクソくらい」
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote