人生は宇宙だ!

くらげのように漂い、いろんなものが混ざり合う。人生はまさに宇宙なのだ。

*

チョコ好きなら一度は食べるべし!ピスタチオ入りで高級感あふれる「モーツァルトチロル」は口の中がオーストリアになるチョコだった

      2017/03/20

  • こんにちは、チロルチョコ大好きmoriです。

    今回は行きつけのセブンイレブンで素敵なチロルチョコを発見したのでご紹介しようと思います。

    1個45円という高級チロルチョコですよ。

    モーツァルトチロル(税込45円)

    1個45円の高級チロルチョコ「モーツァルトチロル」

    モーツァルトチロルには豪華な素材が使われている

    「モーツァルトチロル」にはこれまでのチロルチョコには使われていないような素材が使われています。

    その素材とはこちら。

    • ピスタチオ
    • アプリコット(あんず)ペースト

    贅沢にも2種類も新しい素材が使われているんですね~

    ちなみに、これまで販売されてきた高級チロルチョコシリーズで使われてきた素材も紹介しましょう。

    チロルチョコの名前 使われている素材
    チロル・プレミアム生チョコ仕立て 新鮮な生クリーム
    ブランデー
    コールドストーンチョコミント チョコミント
    コールドストーンラムレーズン ローストクランチアーモンド
    ラム酒漬けしたレーズン
    チロル・ブラックストロベリー ハイカカオ
    マシュマロ
    ストロベリージャム
    モーツァルトチロル ピスタチオ
    アプリコットペースト

    それでは詳しく見ていきますよ。

    パッケージを開けるとこのようなチョコレートが姿を現します。

    モーツァルトチロルの中身

    一見普通のチョコレートですね。においも普通のチョコレート。

    表面に描かれた模様がなんかモーツァルトっぽいって?

    いえいえ、この模様は一般的なチロルチョコにも普通に使われている模様です。

    それでは一口いただきます。

    mori
    おおお!これは…

    ピスタチオの良い香りが口いっぱいに広がった!

    この「モーツァルトチロル」の中にはなんとピスタチオが丸々1粒入っているんです。噛めば噛むほどピスタチオの香りが口の中に広がります。

    これがピスタチオ。

    モーツァルトチロルにはピスタチオが丸々1粒入っている

    丸々のピスタチオを噛むという食感、香り、味すべてが素晴らしい!

    mori
    いやぁ~美味しいわ!

    もちろん美味しいのはピスタチオだけじゃありません。チョコの中に白く見えるこれ、何だかわかりますか?

    モーツァルトチロルに入っている白いもの

    これはアプリコットペーストなんです。

    アプリコットって何?

    アプリコットは日本語では「あんず」と言います。黄色い実でジャムなんかによく使われてる果物なんですよ。

    Apricot fruit.jpg
    CC 表示-継承 3.0, Link

    アプリコットはすごく高貴な香りが特徴で、ブラマンジェなんかに添えるソースなど色んな料理を華やかにしてくれるんです。

    その素晴らしい風味をもつアプリコットのペーストが「モーツァルトチロル」にはたっぷりと入ってるなんて嬉しいですね。

    アプリコットペーストのおかげで、このチョコレートは本当に風味豊かなチョコレートになっていると言っても過言ではないな。

    うまい!!

    なぜ「モーツァルト」なのか?その理由を考えてみる

    ところでなんでこのチロルチョコは「モーツァルトチロル」って言うんだろう?

    このチョコを食べながらずっと考えてました。

    mori
    ピスタチオ美味いなぁ~
    mori
    アプリコットもいい感じやね~
    mori
    ほんまに優雅やわ。

    優雅?

    まさか…

    優雅 = モーツァルト?

    そんな安直な理由で「モーツァルトチロル」って名前になったのか?

    mori
    ま、まさかね。

    こうなったら公式サイトを調べるしかない。そして、そこにはこんなことが書かれていました。

    「オーストリアのお菓子モーツァルトクーゲルを再現」

    mori
    モーツァルトクーゲル?なんじゃそりゃ?

    モーツァルトさんが問いかけてきます。

    「マジパンって知ってる?」

    公式サイトに載っているモーツァルトチロルの情報
    ★チロルチョコ株式会社★商品情報★より

    マジパン???

    もうさっぱり何のことやらわからん。

    ここまで来たら後には引けん!「モーツァルトクーゲル」と「マジパン」を調べます。

    モーツァルトクーゲル(ドイツ語: Mozartkugel、モーツァルト・ボール、別名:モーツァルト・ボンボン、複数形であるモーツァルトクーゲルン – Mozartkugelnとして言及されることも多い)はオーストリア・ザルツブルクの菓子職人パウル・フュルストにより1890年に制作されたチョコレート菓子である。菓子の名前はザルツブルク出身の作曲家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトから名付けられている。

    モーツァルトクーゲル – Wikipediaより

    ふむふむ、モーツァルトクーゲルっていうのはオーストリアのチョコレート菓子の一種なのね。オリジナルレシピにはピスタチオが使われているようです。

    「モーツァルトクーゲル」はわかった。次は「マジパン」。

    マルチパン(独: Marzipan)またはマジパンは、スペインのトレドやラ・リオハ、ドイツのリューベックやシチリアのパレルモの名物として知られる洋菓子である。砂糖とアーモンドを挽いて練りあわせた、餡のような食感のある菓子で、独特の風味がある。

    マルチパン – Wikipediaより

    マジパン(マルチパン)っていうのは餡のようなものだそう。アプリコットペーストが「マジパン」ということか。

    あ〜スッキリした!

    「モーツァルトチロル」まとめ

    チロルチョコから発売された新商品「モーツァルトチロル」はピスタチオとアプリコットでとても優雅な気分にさせてくれるチョコレートでした。

    元となったお菓子はモーツァルトの故郷・オーストリアのチョコレート菓子「モーツァルトクーゲル」。

    ピスタチオとマジパン(ペースト)をチョコレートでコーティングした「モーツァルトクーゲル」をチロルチョコ流にアレンジしたものだったんですね。

    すごく美味しくて安らかな気持ちにさせてくれる「モーツァルトチロル」を是非どうぞ!

    • 0
    • 0
    • 0

     - チョコレート , , , ,

    AD

    AD

      関連記事

    チョコレートを超えてしまったチロルチョコ。チロル・チーズアーモンドは酒のあてだった

    チロルチョコはもはや酒のあてになるようです こんにちは、お菓子に目がないmori …

    「カントリーマアム クリームシチュー風味」はうっかりミスった料理の味だった

    クリームシチューに間違って大量の砂糖を入れたような衝撃的な味だった こんにちは、 …

    カントリーマアム・チョコミントのパッケージ
    暑い夏にこそチョコミント!カントリーマアムのチョコミントを食べたら胃が爽やかになりすぎた

    カントリーマアムのイメージを覆すチョコミント味 カントリーマアム。その名前を聞く …

    桜の香りが心地よい。チロルチョコさくらもち

    こんにちは、桜餅大好きmoriです。 あまりにも桜餅が好きなもんで、桜餅の食べ過 …

    怪しい雰囲気満載。ブラックサンダーのピンクなグレーゾーン

    グレーのチョコレート?怪しさ満載のブラックサンダー ブラックサンダーから新商品が …

    秋が旬のきなこ?ブラックサンダー・きなこを食べてみた

    きな粉がいい香り!ブラックサンダー・きなこ こんにちは、お菓子に目がないmori …

    柿の種サンダーの中身
    柿の種サンダーはチョコと柿の種の相性バツグン!ビールと一緒にかぶりつけ

    こんにちは、ブラックサンダー大好きmoriです。 今回紹介するのはピリッとした辛 …

    ザクザクアーモンドとレーズンが美味しい!チロルチョコ・コールドストーン ラムレーズン

    ザクザクアーモンドが大量に入った贅沢なチロルチョコ チロルチョコからまた新しい商 …

    フィリピンはチョコ天国
    チョコレート天国・マニラのショッピングセンター「ランドマーク」は圧倒的なチョコレートの品揃え

    こんにちは、チョコレートに目がないmoriです。 フィリピンってチョコレート天国 …

    悶絶する酸っぱさ。チロルチョコ・ウルトラレモンは仕事の息抜きに食べたらいけないチョコだった

    悶絶する少女・チロルチョコ・ウルトラレモン こんにちは、お菓子が大好きなmori …