八ツ橋の老舗「本家西尾八ツ橋」の本店はどんなところ?その魅力を紹介します

こんにちは、八ツ橋が大好きで食べまくってるmoriです。

京都にはたくさんの八ツ橋を作るお店がありますが、今回は本家西尾八ツ橋の本店をご紹介したいと思います。

西尾が手がける八ツ橋は京都市内にたくさんのお店があるし、お土産屋などでもたくさん取扱いがあるので至るところで購入することができます。

でも、西尾八ツ橋を本当に知ろうと思えば本店に行かなければならないのです。

そのへんのお土産屋に並んでいる西尾の八ツ橋を食べるだけでは、西尾八ツ橋を知ることはできない。

実際に本家西尾八ツ橋の本店に足を運んでこそ、肌で作り手の思いを感じることができる。

それがぼくの信条です。

本家西尾八ツ橋の本店に実際に行って、その雰囲気を感じ取ってきたのでご紹介したいと思います。

巨大たぬきがお出迎え!本家西尾八ツ橋本店はこんなお店

本家西尾八ツ橋本店の前には大きなたぬき!

本家西尾八ツ橋の店頭に立つ巨大なたぬき

とにかく目立つ巨大たぬきがお出迎えしてくれます。

店内に入ると正面には西尾八ツ橋の商品がずらっと並んでいます。

正面に並ぶ八ツ橋の数々

さすが本店だけあって品揃えは豊富で、どれを買うか悩んでしまいます。

八ツ橋にまつわる品々が店内に展示されています。これも本店ならではですね。

八ツ橋にまつわる品物の数々

お店に入るとお茶とお菓子をいただきました。

おまんとお茶

これは、中に餡が入った「おまん」ですね。

そもそも八ツ橋ってなに?その歴史を紹介

八ツ橋って何?

って思ったあなたに簡単に八ツ橋について紹介しましょう。

八ツ橋というのは米粉を使って作られた生地をパリッと固く焼いて作った京都を代表するお菓子です。

最近はいろんなフレーバーがあるのですが、昔ながらのニッキ味が一番有名です。

こんな長細い形をしています。

西尾の八ツ橋

八ツ橋の歴史はとても古くて江戸時代。
1689年に誕生したと言われています。この年が本家西尾八ツ橋の創業です。

そして戦後には、焼かない八ツ橋「生八ツ橋」が登場。

生八ツ橋

さらに生八ツ橋に餡をはさんだ、餡入り生八ツ橋「あんなま」も発売されました。

餡入り生八ツ橋

今では八ツ橋といえば、この餡入りの生八ツ橋をイメージするんじゃないでしょうか。

なんと京都で購入されるお土産のうち、八ツ橋が占める割合は11.1%、生八ツ橋は28.9%というから驚きです!
平成28年 京都観光総合調査より

八ツ橋は京都を代表する銘菓なのです。

本家西尾八ツ橋の創業は江戸時代

さっきも少し書きましたが、本家西尾八ツ橋の創業は江戸時代の1689年。

当時の将軍は5代目の徳川 綱吉。
松尾芭蕉が奥の細道の旅を始めた年です。

この年に八ツ橋が誕生しました。

しかし、八ツ橋の原形となるお菓子はさらにその2年前に遡ります。
1987年に聖護院の森八ツ橋屋梅林茶店で売られていた「白餅」なんです。

米粉を使って作られていた素朴なお餅「白餅」が八ツ橋の元になったお菓子なんですよ。

白餅は今でも販売されていて、ニッキが香る素朴なお餅に黒みつをかけていただきます。

話を1689年に戻しましょう。

当時の八ツ橋は橋の形をしていて、今のような丸みを帯びた形ではありませんでした。

この丸みのある形になったのは明治時代になってからのこと。

携帯食として割れにくいようにと、このような形になったんです。

本家西尾八ツ橋本店のある場所は八ツ橋の聖地である

本家西尾八ツ橋 本店のある辺りを歩いてみると気づくのですが、八ツ橋のお店が多いってこと。

そうなんです。

この辺りは八ツ橋発祥の地。
つまり、八ツ橋の聖地なんです!

京都八つ橋商工業協同組合に加盟している会社を地図に落とし込んでみました。
この地図を開けてもらうと分かるのですが、「本家西尾八ツ橋」がある辺りに八ツ橋さんが集中しているのが分かると思います。

京都の八ツ橋屋さん一覧

このあたりにある八ツ橋さんはこの6軒

  • 本家西尾八ツ橋 本店
  • 聖護院八ツ橋総本店 本店
  • 都八ツ橋本舗
  • 平安八ツ橋本舗
  • 元祖八橋(株)八橋屋西尾為忠商店 本店
  • 東山八ツ橋本舗

京都八つ橋商工業協同組合に加盟している14軒のうち6軒がこの辺りに集中しているんです。

八ツ橋好きにとっては、この地を訪れるのは聖地巡礼のようなものですね!

本家西尾八ツ橋は斬新な八ツ橋を生み出し続ける八ツ橋のパイオニアだ!

八ツ橋というと古めかしい和菓子という印象を持つかもしれません。

たしかに江戸時代に生まれた八ツ橋はとても歴史も古いお菓子です。

でも、本家西尾八ツ橋は伝統のある八ツ橋を作り続けるだけでなく、新しい現代の八ツ橋も作り続けています。

ぼくが本家西尾八ツ橋の八ツ橋が好きなのは、こうした革新的な八ツ橋を生み出し続けるその姿勢に共感しているからなんです。

いくつか西尾八ツ橋の革新的な八ツ橋を紹介していきましょう。

生八ツ橋「ラムネ」

あんなま「ラムネ」

青い生八ツ橋!
衝撃的な見た目だけどさわやかでおいしいんです。

生八ツ橋「ブルーベリー」

あんなま「ブルーベリー」

これも衝撃的な紫の生八ツ橋。
さわやかでうまい!

その他にも斬新な生八ツ橋をたくさん販売していますよ。

西尾八ツ橋の里ではおいしいスイーツやお料理が食べられるよ

本家西尾八ツ橋・本店の隣には美しいお庭を見ながら食事やスイーツを楽しめる「西尾八ツ橋の里」があります。

1919年に河原林檉一郎氏の邸宅として建てられた建物を改修して作られた、食事・甘味処です。

石畳のアプローチの先には落ち着いた雰囲気の入口があります。

西尾八ツ橋の里入口

店内からは手入れのされたお庭を見ることができるので、気持ち良く食事ができますよ。

西尾八ツ橋の里から見る庭

実際にお庭の中を歩くこともできるんです。

手入れの行き届いたお庭

解放的な大きな窓からは日の光がたっぷりと降り注ぎます。

庭を眺めながら食事を楽しめる

店内はこんな感じ。

西尾八ツ橋の里・店内

「八ツ橋発祥の家」と書かれた掛け軸がかかっています。

八ツ橋発祥の家 掛け軸

ぼくが注文したのは「西尾のおしるこ(650円)」。

西尾のおしるこ

八ツ橋屋さんらしく、おしるこには八ツ橋もついていますよ。

白玉はとってもやわらかくて、つるんとした喉ごしが最高!

とても柔らかな白玉団子

八ツ橋で餡をすくって食べるのもおいしいです。

八ツ橋と餡を一緒に食べる

こちらがメニュー。スイーツ以外にも食事もできます。

西尾八ツ橋の里・メニュー

まとめ

江戸時代に創業した八ツ橋の老舗「本家西尾八ツ橋」を紹介しました。

古い歴史のある老舗ですが、革新的な八ツ橋を作り続ける八ツ橋のパイオニア。それが西尾八ツ橋の最大の特徴です。

毎年どんな商品が発売されるか楽しみでしかたありません。

その歴史や今を肌で感じるなら是非とも本店へ足を運ぶことをおすすめします。

本店だからこそ感じるものがきっとあるはず。

本家西尾八ツ橋で新しい八ツ橋に出会ってくださいね。

隣にある西尾八ツ橋の里もゆったりとした雰囲気の中で食事のできる場所。

この辺りは京都でも有数の観光スポットなので、散策でちょっと疲れた体を癒やすのにも良いですね。

八ツ橋の聖地へぜひ!

本家西尾八ツ橋 本店

住所京都府京都市左京区 聖護院西町7
TEL075-761-0131
営業時間8時~17時
※営業時間は季節により多少変動
WEBサイト聖護院門跡周辺|本家西尾八ツ橋|本店

西尾八ツ橋の里

住所京都府京都市左京区 聖護院西町6
TEL075-752-2188
営業時間11時~16時
※営業時間は季節により多少変動
定休日月曜日
※月曜が祝日の場合には営業
WEBサイト本家西尾八ツ橋|西尾八ツ橋の里(西尾八ツ橋別邸)

西尾八ツ橋の里を予約する