3号線の市バス

プノンペン空港から市内までたったの40円!空港から市バスに乗る方法徹底解説

プノンペンの空港から市内までどう行ったら一番安く行けるか知ってますか?

その答えは市バス。バスを使えば安く行けるんですよ。
今回は市バスを使ってプノンペンの市内まで行く方法について紹介します。

空港から市内へは 市バスが一番安い

この記事を書いている2018年4月現在では、プノンペンには9路線のバスが走っています。どれも運賃は1,500リエルと格安。

その中で3番路線が空港の前を通ってプノンペン市内に直結しているんですよ。これに乗らない手はありません。

市バスはどこまで乗っても1,500リエルと格安

市バスを使うメリットはなんでしょうか?

それは圧倒的に安い運賃です。
タクシーを使うと、空港からプノンペン市内までは10ドルぐらい取られます。

ところがバスを使うとたったの1,500リエル(40円ほど)なんですよ! これって凄くないですか?

とにかく安く移動したければ 市バスが一番!

空港からバス停までの行き方

空港に到着したらまずカンボジアのお金を用意します。
というのも、運賃の1,500リエルはカンボジアのお金だからです。

ドルで支払ってもお釣りが出ないのでもったいないですよね。

入国審査後、荷物を受け取る場所に両替屋があるのでカンボジアのお金を用意しておきます。

プノンペン空港の両替所

両替所が済めば税関を経由して 到着ロビーへ。

到着ロビーの近くにもATMがあるのでカンボジアのお金を引き出せます。

到着ロビー付近のATM

市バスは空港の中に直接乗り入れてないので、一旦空港の外に出ないといけません。

プノンペン空港とバス停の位置関係

到着ロビーを出ると目の前に駐車場があります。駐車場の方へ向かいましょう。

到着ロビーから駐車場の方へ向かう

ちょうど真ん中ぐらいの所には駐車場の出口がありますよ。

駐車場の出口付近

>この出口を出てすぐ左の方へ歩いて行きます。そうするとバス停があるのでここでバスを待ってください。

3号線の市バス

バスは数分おきにやってくるので、たいして待つ必要はないのが嬉しいですね。

バスに乗車してから降りるまで

バスが到着したら運転士のいる前の扉から乗車します。事前に用意しておいた1,500リエルを運転手の横にある料金箱に入れます。

日本のICカードのようなもので、タッチするだけで乗れるシステムもあります。
まだ使ったことがないので今回は書いていません。

空港の前を通るこの路線は人気があるので結構人が乗ってますよ。

プノンペン市バスの中の様子

荷物が邪魔にならないように乗車します。

カンボジアの市バスは日本のように停留所の案内放送がありません。

みんな自分の降りたいって停留所をちゃんと覚えているんです。
そして停留所が近づくと降車ボタンを押すか運転手に降りることを伝えます。

だいぶ日本と違うので初めての時はめちゃくちゃ心配。実際にぼくは何度も乗り過ごしました…

ちょっとした対策もご紹介。

バスに乗ったらできるだけ右側の座席に座ります。

そして停留所の番号を数えながら乗るといいですよ。

停留所にはそれぞれ番号が付いているので、降りたい停留所の番号を前もって覚えておくと乗り過ごしをしなくなるかな。

プノンペン市バスLINE3

停留所が近づいたら降車ボタンを押します。

たまに運転手がおしゃべりに夢中になってて、降車ボタンを押したにもかかわらず止まってくれないこともあるんですよ。
だから直接運転手に言った方が 確実かもしれませんね。

バスを降りる時は 真ん中のドアから降ります

3番路線で行ける場所は?

3番路線はプノンペン市内の反対側から空港を経由してプノンペンの都心に乗り入れてます。

今回はプノンペンの市内に向かうとして話をしますね。

空港を出発したバスはプノンペン市内へ向かって走ります。
そしてセントラルマーケットを経由して、プノンペンの名前の由来にもなったワットプノンへ向かい、そのままさらに北上します。

3号線で行ける観光地はセントラルマーケット、ワットプノンですね。

セントラルマーケット

市バスのデメリット

デメリット1. 市バスは移動が二度手間になる可能性あり

確かに市バスはどこまで乗っても1500リエル。
一番安い移動手段ことは間違いないんですけれども、行ける場所が限られてしまいます。

さっきも言ったように空港からはセントラルマーケット、ワットプノンあたりにしか行けません。

ホテルが多くあるリバーサイドやワットランカーの辺りには直接行くことができないです。

これらの場所に行こうとすると、セントラルマーケットでバスを降りてトゥクトゥクや バイクタクシーで移動しないといけません。

二度手間なんですよね。空港から直接トゥクトゥクやバイクタクシーで移動したらお金は少しかかるけど直接ホテルまで行くことができます。

デメリット2. 荷物を持ってバスに乗るのが辛い

3号線は結構人気のある路線でいつも人がいっぱい。
ということは、旅行者が乗ると大きな荷物を持って満員のバスに乗らないといけないってことですよね。

人がいっぱいのバスに 大きな荷物を持って乗り込むわけです。ちょっと大変かも。

実際にぼくが乗った時も人がたくさん乗っていて、停留所に止まった時に人は降りるんですけどまた乗ってきたりと結局ずっと満員でしたね。

荷物がたくさんあったり、 絶対に座りたい人はバスを使わない方がいいです。

デメリット3. 夜は市バスが使えない

市バスが運転してるのは朝~夜の8時頃まで。

プノンペン到着が夜の遅い時間帯だとバスが使えません。

まとめ

市バスのメリットはなんといってもその安さ。

1,500リエルで市内中心部まで言ってくれる交通手段は他にありません。
この圧倒的な安さは市バスだけのメリットですね。

ただしバスの利用は少し難しくて、旅慣れていないと厳しいかも。

市バスを利用する時は空港の外まで行って乗らないといけません。

バスの本数は比較的多いけど、時間帯によってはラッシュに巻き込まれることも。

市内まで1時間以上かかるっていうことも十分に考えられるので、時間には余裕を持って乗ってくださいね。