カンボジアの一般的なコンセント。

カンボジアで日本の電化製品を使いたい?だいたいのものはそのまま使えます

日本の電化製品はほとんどそのまま使えました

はじめてカンボジアに行った時、日本の電化製品がカンボジアで使えるのか不安だったんで変圧器、変換プラグを買って持って行ったんです。でも実際カンボジアに行ってみたらなんてことないんですよ。ほとんどのものが日本で使うのとまったく同じように使えましたよ。

カンボジアのコンセントはマルチタイプ

カンボジアのコンセントはいろんなタイプのプラグを差すことができるようになっているんです。日本のプラグと同じタイプA、3つ穴タイプのタイプB、丸いピンのタイプCの3つのタイプのプラグを差し込むことができます。

カンボジアの延長コード。いろんなタイプのプラグに対応しています。

カンボジアの延長コード。いろんなタイプのプラグに対応しています。

カンボジアの一般的なコンセント。

カンボジアの一般的なコンセント。

だから日本のタイプAのプラグは全然問題なく使えると思って問題ありません。でもたまに変なコンセントがある時もあるのでマルチプラグを持っていくと安心ですね。

電圧には要注意

最近はコンピューターのアダプタ、スマホやカメラの充電器なんかは海外でも利用できるものが多くなっています。これはぼくのパソコンのアダプタなんですが、ここにはこういう表示があります。

Input AC 1.5A 100 – 240V

これは日本の電圧である100Vから240Vまで使えるってことなんですね。カンボジアの電圧は230Vなんでぼくのアダプタはカンボジアでも使えます。こんな感じでアダプタを見たら自分の持っている電気機器がカンボジアで使えるか調べてみてください。あとは取り扱い説明書なんかにも書いてあります。

もし日本でしか使えないものをカンボジアで使いたいって場合には変圧器を持って行く必要があります。でもぼくはあんまりおすすめしません。なんでかっていうと重たいんですよね。ぼくだったら重いものを持っていくくらいなら向こうでその機器は使いません。

ちなみにぼくがいろいろカンボジアに持って行った物の中で変圧器が必要だったものはたった一つ。肩こりの時とかに使うハンディマッサージャーだけです。