プノンペンで盆踊り

大盛況の盆踊り大会

今日はカンボジア日本人会主催の盆踊り大会がダイアモンドアイランドで開催されました。今回で第9回目になります。僕は第7回、8回と微力ながらお手伝いさせていただいていたのですが、今回は純粋にお客として参加させていただきました。個人的には3回の盆踊り大会を見てきたのですが、年々規模が拡大してきており、カンボジアに滞在している日本人の数が増えてきていること、日本に興味を持ってくれるカンボジア人が増えてきているのを実感しています。

盆踊り大会が開催されたダイアモンドアイランド・エキシビションセンター。

盆踊り大会が開催されたダイアモンドアイランド・エキシビションセンター。

会場はダイアモンドアイランドというメコン、トンレサップ、バサックの3つの河が交わる場所にある人工島で、近年は様々な施設が続々とオープンしており、近くには2014年オープン予定のイオンモールもこの近くで建設中です。

この中にあるエキシビションセンターで盆踊り大会は行われました。 会場にはステージの他に、盆踊り用の櫓も用意されており、様々な企業や団体が出店していて多くの人でごった返していました。毎年行列が絶えない猛虎会のお好み焼きや、JICAのたこ焼き、大使館の甘味、メコン大学のコロッケなど日本の味がたくさん揃っていてどれを食べるか本当に悩みます。またイオンからはTOPVALUの製品が販売されていました。

ステージ、櫓では太鼓の実演やダンス、素晴らしい歌で楽しませていただきました。きっと短い時間の練習でここまで完成させて来られる方々を本当に尊敬します。毎年会場を大いに盛り上げるKさんには本当に見習わないといけないなと思っております。皆様ありがとうございました。

ステージでの熱唱。

ステージでの熱唱。

盆踊りの後半は櫓を中心に、日本の曲とカンボジアの曲でたくさんの人たちが踊ります。途中からはこれは踊りじゃないだろうと言う感じのものもありましたが、大いに盛り上がりました。

多くの人たちが櫓のまわりで踊ります。

多くの人たちが櫓のまわりで踊ります。

これからは益々日本人の数は増えて行き、カンボジアの人たちもこれまで以上に日本人と関わることも多くなって来ると思います。カンボジア人は大半が日本に対しては好意的に思ってくれています。今回の盆踊り大会にこれだけたくさんのカンボジア人が来てくれたのも彼らの日本に対するプラスの思いがあるからだと思っています。我々日本人も彼らとの友好関係を維持しながらお互いに発展していけるように努力していかないといけないと感じたのでした。