バイクを乗る人は要注意。カンボジアでは昼間のライト点灯は違法ですよ!

昼間にライトを点灯してませんか?

カンボジアでは一方通行の道での逆走、信号無視など法律を守っている人は少ないように思います。こんなカンボジアでもある法律だけは守っているようです。それは、”昼間でのライト点灯禁止“です。時々夜ライトを点灯した状態でエンジンを切って、翌朝気づかずにいたら近所の人に注意されることもあります。

日本のバイクは常時点灯ですが、カンボジアのバイクは点灯・消灯が操作できるようになっています。僕もはじめてこっちでバイクを乗った時にはそんなボタンがあることすら知らずに、夜になってもライトが付けられなくてバイク屋に持って行ったことがありました。

ちなみに昼間にライトを点灯しているバイクは皆無なのですが、夜間無灯火のバイクは時々見かけます。そっちの方がよっぽど危ないのできちんと取り締まってもらいたいものです。

以前カンボジア人の友達に、昼間にライトを点灯してはいけない理由を聞いてみたのですが理由はわからないそうです。きっと対向車が眩しいからなのでしょうね。国が変われば法律も変わります。もっと知っておくべきカンボジアの法律が色々あるはずなので、何か情報があればここに書きたいと思います。