4 Rivers Floating Lodge

カンボジアの川に浮かぶ極上リゾートホテル − 4 Rivers Floating Lodge

こんにちは、毎年カンボジアに行くレイです。

このページではぼくがカンボジアで宿泊した中でも屈指のすばらしいホテルを紹介します。

あまりにもすばらしいホテルなので、また絶対に行こうと思っています。

河の上に浮かぶ極上ホテル

ぼくが紹介したいホテルはこちら。

4 Rivers Floating Lodge(フォーリバーズ フローティングロッジ)

カンボジアの南の方・タータイにあります。

このホテルは本当にすごくて、なんと河の上に浮かんでいるんです。

水上に浮かぶホテル

街中にある高級ホテルに泊まるのもいいですが、大自然の中で一日を過ごすのも最高に気持ちいいですよ。

ぶっちゃけお値段もかなり高いんですが、特別な時にはぜひ一度は泊まってほしいなって思うんです。

ぼくは1泊しましたが、帰りたくなくなりました。

プノンペンから6時間以上。ホテルへの行き方は?

4 Rivers Floating Lodgeは首都プノンペンからはるか270kmほど離れたジャングルの中にあります。

河の上に浮かんでいるので、当然車だけでは行けません。

プノンペンからバスと船を乗り継いで約6〜7時間もかかります。

交通手段をざっくりとまとめますね。

  1. バス(プノンペンからタータイ:約5時間半)
  2. ボート(タータイからホテル:約20分)

乗り継ぎの時間を考えると、プノンペンからの移動時間は6〜7時間ほどです。

ホテルまでの行き方を詳しく見ていきましょう。

まず、プノンペンからコッコン行きのバスに乗ります。

コッコン行きのバスはプノンペンのセントラルマーケット近くのSorya(ソリア)バスが便利です。

乗車時に運転手さんに「タータイで降りる」と伝えておいてください。

タータイは終点コッコンに到着する30分前くらいに通過する場所です。

タータイで降りると伝えないと、途中で降りられずに終点まで行ってしまいます。

降りる場所は橋のところがベストです。

運転手さんには「タータイ橋」で降りると使えると、より乗り換えに便利な場所で下ろしてもらえます。

バスを降りるとそのまま橋のところへ。

橋の脇から下へ降りると河沿いにボート乗り場が見えます。

ここでホテル専用のボートを待ってください。

たしか30分間隔くらいで運行していたと思います。

こんな感じの小さなボートがやってきます。

ホテルのボート

ボートに乗ったらあとはホテルに着くまでのんびりと。

ジャングルと河。大自然の中をどんどん進んでいきます。

20分くらいすると遠くに小さなロッジが見えてきました。

遠くに水上ロッジが見えてきた

これが水上に浮かぶホテル・4 Rivers Floating Lodgeです。

水上に浮かぶホテル

豪華な水上ロッジは充実の設備が完備

チェックインを済ませると、宿泊するロッジに案内してもらえます。

河の上に張り巡らされた通路を通ってロッジへ。

ロッジ同士はほどよく離れているのでプライバシーもしっかり守られるような気がします。

ロッジは白いテントを張ったようなものなんですが、中に入ってビックリ仰天!

なんだこれは!!

ロッジの中

ロッジの中には巨大なベッド。

そして大きなソファーにテレビまで。

中に入ると、ここが水の上だと忘れてしまうほどです。

周りのカーテンを開けると明るい太陽の光が室内に降り注いできました。

ソファやテレビもあるロッジ

部屋の中からは大きな河と広大なジャングルが。

これはすごい!この豪華さはスイートルームですね。

部屋に入るといい香りのするドライフラワーが。

いい香りのドライフラワー

なんと水の上だけど水道も使えるんです。

洗面台もこんなに立派!

洗面台

アメニティだって充実してますね。これはもう一流ホテル並みです。

アメニティ

シャワーもこんなにおしゃれ!

ロッジの中のシャワー室

大きな樽のようなところに入ってシャワーを浴びます。

もちろんお湯だって出るのでご安心を。

本当にここは水の上なのか??

あまりにもテンションが上がったのでルームサービスでシャンパンを注文してしまいました。

ルームサービスのシャンパン

プノンペンからの長旅と、すごすぎるこのホテルに興奮しすぎて寝落ちしてしまいました。

気持ち良すぎて眠ってしまうほど

それぞれのロッジにはテラスもあります。

広々したテラスでゆったりと横になるのも最高じゃありませんか。

各ロッジにあるテラス

テラスからの眺め。水の上にあるのでちょっとふわふわした感じです。

ロッジはすべて河の上に浮かんでいる

夕方になると赤く染まる空と、キラキラ光る水面が美しさを増していきました。

夕暮れのロッジからの眺め

充実のアクティビティを紹介

ロッジでのんびりと過ごすのもいいですが、それだけじゃもったいないのがこのホテル。

いろんなアクティビティが揃っているので、まったく飽きません!

なんとアクティビティは無料だからやらないのはもったいないです。

カヌー

一番のおすすめはカヌー。

やったことなくても大丈夫。ちゃんとスタッフの方が教えてくれます。

ライフジャケットも用意されているんで安心です。

ロッジのまわりをカヌーでゆったりと回るのは本当に気持ちいい!

カヌー

昼間のカヌーも楽しいですが、ちょっと夕方に近づいた頃のオレンジ色の河へ繰り出すのもいいんですよ。

夕暮れのカヌー

薄暗くなって神秘的な光景が目の前に現れるんです。

目の前のジャングルに落ちていく夕日の美しいこと!

カヌーの上から見る夕暮れ

徐々に闇に変わっていくジャングルと河。

夕日が沈んでいく

カヌーに乗るときは防水のカメラを持って行くと安心です。

万が一カヌーがひっくり返ってカメラが水没したら泣いてしまいますよね。

オリンパスのTough TG-6は15m防水なんで、カメラごと河の中に落ちてしまっても安心です。

夕方のカヌーを楽しんだら、さらなるお楽しみも。

極めつけは夜のカヌー。

近くのジャングルにはホタルがいるので、真っ暗になったらカヌーを漕いでジャングルへ。

淡い緑の光が目の前で輝いて本当に美しい!

スイミング

ロッジが浮かんでいる河で泳ぐのも楽しいですよ。

各ロッジにはこんなハシゴがついていて、自分の泊まっているロッジから直接河に入れるんです。

ロッジからすぐ河の中に入れる

泳いだ後にはすぐシャワーも浴びられるし最高ですよ。

フィッシング

釣り竿の貸出もあります。

自分のロッジからフィッシングを楽しめるなんてなんと贅沢な!

部屋からフィッシングが楽しめる

滝などを巡るツアー

4 Rivers Floating Lodgeのまわりはジャングル。そして近くには滝もあるんです。

ホテルではジャングルや滝などの自然を満喫できるツアーが用意されています。

ホテルのまわりだけでも十分楽しいけど、ちょっと離れた場所にある場所の探検もおもしろそう。

ぼくは時間がなかったので参加できなかったですが、友人たちは滝のツアーに行ってきたそうです。

すごく楽しかったって言ってました。

静かな水上で楽しむ優雅な食事

旅行の楽しみはなんといっても食事ですよね。

4 Rivers Floating Lodgeは河の上に浮かんでいるので、他のお店にごはんを食べにいけません。

食事は全部レストランで。

基本は洋食で、メニューから自由に選びます。

ワインと一緒に前菜を。トマトと海老でした。

前菜

肉だったかな?タルタルソースと一緒に。

肉料理

デザートはこちら。ケーキですね。

デザート

朝ごはんも洋食を。

ベーコンとオムレツ。

ベーコンとオムレツ

静かすぎる美しい夜を楽しむ

4 Rivers Floating Lodgeは夜も本当に楽しいです。

夕食をとった後にはロッジに戻って深い闇と、優しく輝くロッジの明かりを存分に堪能してください。

他のロッジの優しい光

真っ暗な闇に浮かび上がるロッジ

真っ暗な河とジャングル。水や風の音を楽しんで。

静まりかえるロッジ

晴れた日には満天の尾星空が。

満天の星空が楽しる

まわりにあるのは河とジャングルだけ。

他に何もない大自然を思いきり味わえますよ!

ゆったり楽しむなら最低2泊はしたいところ

ぼくが宿泊した時は1泊でした。

全然足りない!

4 Rivers Floating Lodgeに着いてから、思いきりいろんなことを楽しみました。

  • 部屋でシャンパンと昼寝
  • テラスでゆったり寝転ぶ
  • カヌー(夕方・夜)
  • フィッシング
  • 水泳
  • 食事
  • 読書

たった1日でこれだけやるとさすがに疲れましたよ。

せめてもう1日あればもっとゆったりとした気分でこのリゾートを味わえたかなぁなんて思いますね。

ちなみに一緒に泊まった友人は2泊したので大満足だったよう。

ぼくも大満足でしたが、もう1泊したかったな。

4 Rivers Floating Lodgeに泊まるなら、せっかくだから2泊くらいしてゆっくりとしたいですね。