【室内寝袋のススメ】冬は寝袋(シュラフ)で寝よう!風邪ひかないよ

寝袋があれば布団はいらないという現実

ここ数日で一気に寒くなってきました。

寒さにめちゃくちゃ弱いこんにちは、Reiです。

小学生の時には年中半袖半ズボンで過ごしていたんですが、大人になると無理。他の人と比べてもかなりの寒がりになってしまいました。

mori
ホンマに情けない…

寒くなってきたと言ってもまだ11月に入ったばかり。暖房をつけるのもどうかなという感じですよね。

気持ち的には暖房をガンガンにいれて、こたつの中にずっといたい気分ですが。

暖房をいれると光熱費も跳ね上がるし、本当の冬がやって来た時には死んでしまいます。

と言うことで、せめて夜の間だけでも快適にすごそうと考えてみました。

なぜこんなことを考えたかというと、ぼくは普通に布団に入って寝るだけですでに2、3回風邪をひいてしまっているからです。

ほぼ毎週風邪をひいてるんですよね。

ぼくがなんで風邪をひくかって言うと、寝ている時に体が冷えるからです。

布団に入ってたら暖かいやろ?

って思うでしょ?そんなことないんですよ。

ぼくは特に寝相が悪いのですぐに布団を蹴り上げたりしてしまいます。そして顔が寒いから布団をまくり上げて顔まで覆おうとします。ちょうどこんな感じです。

布団をまくりあげて寝る

これを見てもらったら分かりますが、顔のところに布団をまくり上げると足が布団から出てしまうんです。

これが風邪をひく原因です。

そこで考えました。

mori
足が出なかったら風邪をひかなくて済む。それやったら寝袋やろ

ということで布団を使うのをやめました。

さようなら布団

これからは寝袋で寝ます。

寝袋にもいろんな種類があって、夏に適した涼しい寝袋から厳冬に使う保温性の高い物までさまざま。

真冬の室内で使う寝袋の選び方は「暖房のない真冬の部屋で快適に寝るための寝袋(シュラフ)の選び方 」に詳しく書いています。マミー型がオススメですよ。

敷き布団の上に寝袋を敷けば最強

「布団よさようなら」と言ったものの、敷き布団だけは残しておくのをオススメします。その理由はこの2点です。

  • 固い床に直接寝ると背中が痛くなる
  • 床から熱が奪われるので冷える

固い床に直接寝ると背中が痛くなる

まず最初の理由は背中が痛くなるからです。

寝袋ってそんなに厚みがあるわけじゃないので、そのまま床に敷いてねると背中が痛くなります。

でも敷き布団があるとクッション代わりになるので快適に寝られるんです。

床から熱が奪われるので冷える

カーペットなどを敷いてある部屋だったら良いですが、フローリングの床だと冷気が直に伝わってくるので背中から冷えてしまうんです。

これを防ぐためには布団はそのままの方がいいです。布団があることで床からの冷気が伝わってくるの防ぐことができます。

これはベッドの人は考えなくても良いと思いますけどね。

極寒の部屋には寝袋+布団で完璧

本当の真冬になったら寝袋と布団(かけ布団+敷き布団)を同時に使います。これだと体の部分は寝袋と布団で二重に守られているのであたたか!

顔の部分は寝袋の顔の部分を絞ったら冷気を最小限に防げます。

そして足の部分が最悪布団から出てしまっても寝袋がしっかりと守ってくれます。

これで完璧ですね!

一瞬でも冷気に触れたくないなら人型寝袋がおすすめ

普通の寝袋は寝る時に使う物。

だから何かしたり、移動する時には寝袋から出ないといけません。

でも、ぼくは寒いから出たくないんです。

mori
ずっと暖かい場所にいたい

そんな人におすすめなのは人型寝袋

これだったら寝る時だけじゃなくてパソコンを使う時にだって使えます。めっちゃ便利そうじゃない?

実際に購入して使ってみました。

使ってみるとめちゃくちゃ便利で快適すぎるんです。もうずっと人型寝袋に入っています。本当にオススメ!

人型寝袋はサイズが重要なのでよく調べてから購入しましょう。

まとめ

寝相が悪いと寝ている時に布団をまくりあげて風邪をひいてしまいます。

そんな寝相の悪い人にぴったりなのが寝袋なんです。

特に冬場はしっかりと身体を包み込むマミー型の寝袋がおすすめ。

寝袋の選び方は「暖房のない真冬の部屋で快適に寝るための寝袋(シュラフ)の選び方 」に詳しく書いています。

いろいろと動き回っているうちに寝落ちしてしまう。

そんな人には人型寝袋がおすすめです。

寝袋に入ったまま読書やテレビが観られるので、万が一寝落ちしてしまっても風邪をひきません。

ずっと暖かなのは嬉しいですね。

もう布団はいりませんね!寝袋最高!!