人との会話。相手を傷つけないために最低限行うべきたった1つのことは?

こんにちは、人と話すのが苦手なmoriです。

今回はコミュニケーションについて考えてみました。

人間誰しも誰かと関わりを持たないと生きていけませんよね。

正直コミュニケーションは難しい。相手のことを100%理解できないからこそ起きるいろんなトラブル。

自分が被害者になることもあれば、逆に加害者になることも。

今回は人とのコミュニケーションで最低限守るべきことについて、ぼくの考えを書いていきたいと思います。

人と話す時、無意識に人を傷つけないためにすべきたった1つのことは?

誰かと話すとき、自分の発した言葉が相手を深く傷つけていることがある。

もちろん自分自身、相手を傷つけるつもりがこれっぽっちもなくてもです。

誰も完璧な人間がいないように、相手を傷つけない完璧な会話ができる人もいないでしょう。

でも、たった一つのことを意識して話すだけで相手の受ける印象は大きく変わるんです。

これはぼく自身がこれまでに実際に発言して相手を傷つけた、また反対に傷つけられたら経験を元に書いています。

一体どうしたら相手に配慮した会話ができるのか?

ぼくなりの考え方をご紹介します。

人は外見だけでは判断できない。だからこそバカにするような態度で接するな!

人と話をする時には真剣に話す。絶対に相手を茶化したりバカにするような態度で接するな。

これが一番言いたいことです。

人は外見だけで判断できないもの。

その人がどんな問題、病気、ハンディキャップ、思想を抱えているかなんて分かりません。

自分と相手の価値観が違うのは仕方ないこと。ごく当然のことです。

相手に配慮しないといけないのなら自分の意見は言えないのか?

それは違いますよね。自分にだって自分の意見を言う権利はあります。
相手の価値観と違うかもしれないから何も言えないのは窮屈すぎます。

じゃあどうしたらいいのか?

それは、どんな時であろうとも自分の意見を真剣に伝える。

相手を尊重することは、なんでも相手の言うことを聞いて同調することではありません。
意見が違ったとしても、自分の意見を相手に対して「真剣に」伝えること。

真剣に言う。これが大切。

絶対に茶化したりバカにしてはいけない。

バカにするような態度で話されると深く傷つく

当たり前のことですが、誰だってバカにするような態度で話されると不愉快だし傷つきますよね。

人によっては反対意見を言われるだけでも傷ついてしまうメンタルの人もいるんです。

さらに、バカにするような態度で否定されると深く深く傷ついてしまうのは簡単に想像できますよね。

そして周りの人たちも同調してバカにすると、言われた人間の傷はさらに広がります。

さっきも書きましたが、人それぞれ色んな考え方を持っているのは当然。意見のぶつかり合いは避けて通ることはできません。
それはもはや仕方ないんです。

でも、バカにした態度で言っちゃいけない。

バカにした態度を取るということは、その時点で完全に相手を見下しているんです。
そんな状態で相手に自分の意見を聞いてくれと言えますか?

言われた方としては「バカにすんな!ボケ!」ですよ。

これまで受けてきた発言

ぼくがこれまでに言われた発言の中から、忘れたくても忘れられないものをピックアップしました。

どれもぼくを見下すような態度で言われたものばかりなので、鮮明に記憶に焼きついています。

どれも一方的なその人の考えの押しつけで、ぼくの言うことに聞く耳を全くもってくれませんでした。

ゲラゲラ笑いながら「病気持ってんだろ?」

男同士の話って、時々くだらない下ネタの方に話が流れて行ってしまうこともよくあります。

そうなると夜の営みの話になるわけですよ。

ちなみにぼくは最近、そういう行為にはほとんど興味がありません。

そんな話をするとある人がこんなことを言うんですよ。

病気持ってんだろ

ゲラゲラ笑いながらね。

ぼくは3年間カンボジアに行ってたので、遊びまくって病気をもらったというんです。

ショックでした。

さらにショックだったのは、カンボジアは病気の蔓延している汚い国だと言わんばかりだったことです。

ぼくだけでなく、まわりに同じような人がいたらその発言をどう思うでしょうか?

結婚しないことに対して「ホモか」

これを書いてる時点でぼくは30代最後の歳。

この歳になると同じくらいの年齢の人の多くは結婚しています。子どもがいてもうすぐ成人なんて人も。

本当によく聞かれる質問に結婚があります。

この歳になって結婚しないのが不思議でならないんだそう。

この前いきなり言われた言葉にはさすがにビックリ。

なんで結婚しないの?ホモなんか?ハハハハハ!

初対面の人でした。すごくバカにしたような顔をして放たれたこの言葉。さすがにショックでしたね。

だいたい「ホモ」という性的マイノリティの人に対する悪意に満ちた言葉を平然と放つあたりが信じられませんね。

完治しない病気に対して「気持ちの問題だ。しっかりしろ!」

ぼくには持病があります。
多くの人は歳を重ねると1つや2つ体の不具合も出てくるもの。

中にはなかなか完治しない病気だってありますよね。

そんな時にかけられた言葉がこれ。

病気なんて気持ちの問題。しっかりしろ!

確かに気持ちの持ちようはとても大事。そんなことは分かっています。

でも、実際にどの程度の病気を持っているのかも知らない人に「治らないのは気持ちのせい」と説教されるのは違います。

もうちょっと言い方を考えて欲しかった。残念な気持ちになりましたね。

人と話す時は真剣に!バカにする態度はとるな

人の考え方は千差万別。本当にいろんな考え方の人が存在します。

もちろんそれは自分自身にも言えることで、きっと多くの人を傷つけてきたんだろうって感じています。

だからこそ、自分の意志を伝える時には真剣にならなければいけないんです。

絶対に相手を茶化したりバカにしたような態度をとってはいけない。そのことが相手をさらに傷つける。

悪意のない差別(マイクロアグレッション)について知ることも大事です。
詳しく書かれているブログを見つけたので紹介させていただきます。

何気なく使っている言葉が知らないうちに人を傷つけている。そんな事例がたくさん載ってますよ。

「マイクロアグレッション」って知っている?何気なく使っている言葉に潜む差別 | 世界一周☆旅するダンサー自由記

まとめ

今回は人と会話する時、最低限気をつけるべきたった一つのことを紹介しました。

自分
相手はもしかしたらこんな考え方の人かも知れない
自分
元気そうに見えるけど見えないところに病気を持ってるかもしれない

すべてを想定して話すことなど不可能です。でも、相手に対して真摯な態度で接することはできます。

それがバカにするような態度をとらずに真剣に話をすること。

自分自身もしっかりと相手と向き合ってコミュニケーションを取っていこうと改めて感じました。

これが自分自身の人との関わり方を考えるきっかけになれば嬉しいです。