カンボジアでタクシー配車アプリ「Grab(グラブ)」を使う方法を徹底解説

こんにちは、毎年カンボジアに行ってるレイです。

このページではカンボジアのタクシーやトゥクトゥクを簡単に呼べるアプリ「Grab」の使い方を紹介します。

一度使うと手放せなくなるとっても便利なアプリですよ。

Grabを使うメリット

Grabを使うメリットはなんといっても簡単にタクシーやトゥクトゥクが呼べること。

特に外国人にとって、ドライバーに今いる場所を説明するのはとても大変です。

英語が通じないドライバーも多く、カンボジアの言葉「クメール語」で話さないと通じないということもよくあります。

そのコミュニケーションの難しい部分を解決してくれたのがGrabをはじめとするタクシー配車。

GPSを使って今いる場所を言葉で説明することなく、ドライバーに伝えられます。

もちろん目的地だって施設の名前や地図から設定できるので、言葉で伝える必要はありません。

そして明朗会計なのもいいですよ。

以前はドライバーと毎回値段を交渉しないといけなかったんですが、Grabを使ったら自動的に料金を計算してくれるんです。

もちろん距離制だからぼったくられる心配もありません。

ここからは実際にGrabを使う方法を詳しく紹介していきますね。

Grabをスマホに入れる方法

GrabはiPhone、Androidのスマホで使えます。

まずはアプリをダウンロードしましょう。

iPhoneを使っているならApp Storeから、Androidのスマホを使っている時はGoogle Playからダウンロードしてください。

  • "appstorebt”/
  • google-play-badge

ダウンロードできたらアプリを起動します。

Grabの初期画面

電話番号やFacebook、GoogleのアカウントでGrabが使えますよ。

ぼくはFacebookのアカウントで使っています。

FacebookでGrabを使う時(Googleの時もたぶん必要)、アクティベーションコードを入力しないといけません。

アクティベーションコードはSMSで送られてくるので、メッセージが受信できる電話番号が必要です。

Grabから送られてきたアクティベーションコード。

Grabから送られてきたアクティベーションコード

ぼくは空港でSIMを購入したので、そのSIMカードについている電話番号でアクティベーションコードを受信しました。

電話番号の変更はGrabのアカウントからできます。

Grabの電話番号変更

Grabの使い方

ここからは実際にGrabを使ってタクシー(トゥクトゥク)を利用してみましょう。

画像付きで詳しく紹介していきますね。

Grabで出発地と目的地を設定してタクシーを呼ぶ

アプリを起動すると表示されるのがこの画面。

この画面では利用したい車種(タクシーやトゥクトゥクなど)を選びます。

利用する乗り物の車種を選ぶ

現在地が青い点で表示され、周辺にいるタクシーやトゥクトゥクが表示されます。

「I’m going」をタップして目的地を設定しますよ。

乗車場所と目的地を設定する

目的地の設定方法は2通り。

  • 目的地を名前で検索
  • 目的地を地図で設定

目的地の設定方法は2通り

1つめの方法は目的地を検索して選びます。

目的地を検索する方法

2つめは地図で設定。目的地にピンを合わせてくださいね。

地図から目的地を設定する方法

検索、地図どちらの場合も最終的には地図が表示されるので、問題なければ「Confirm」をタップします。

目的地を設定したら「Confirm」をタップする

経由地を追加もできますよ。

途中で誰かを下ろして帰るのもこれならできますよね。

「Add stop」をタップして、経由地を追加します。

Add stopで経由地を追加する

こんな感じで経由地が追加できました。

経由地を追加した画面

もう一度出発地と目的地が間違ってないか確認して「Done」をタップ。

乗車場所と目的地を確認したら「Done」をタップする

目的地までのルート、車種、料金が表示されます。最終確認してOKなら「Book」をタップして予約をしましょう。

目的地までの運賃などの確認画面

タクシーを探しています。

ドライバーを探している画面

タクシーが見つかればドライバー情報が表示されますよ。

ドライバーの情報画面

タクシーを待ってる間も位置が表示されるので安心です。

タクシーの現在位置

タクシーが到着したら乗車して目的地へ

タクシーが到着したらスマホにはこんな画面が表示されます。

タクシーが到着したらひょおうじされる画面

ドライバー情報に表示されているナンバープレートの番号、車体の色などを見て乗車するタクシーを探してください。

一応、乗車前にスマホの画面を見せて間違いないか確認してから乗ると安心です。

グラブタクシー

乗車するとこんな画面が表示されて、今どこにいるか分かります。

乗車中に表示される画面

到着したらお金を払って下車

目的地に到着したらお金を払って下車。

スマホの画面には料金が書かれたこんな画面が表示されます。

到着したら表示される画面

ただ、目的地に到着してもすぐにこの画面が表示されるまで少し時間がかかることも。

そんな時にはドライバーに運賃の表示された画面を見せて確認するか、自分の予約履歴から運賃を確認して支払います。

Grabの下に表示されている「History」から今の予約を見れば料金がわかりますよ。

Grabはクレジットカードでの支払いにも対応しています。

クレジットカード払いについては後で紹介しますね。

最後にドライバーの評価をしておしまい

これはやってもやらなくてもどっちでもいいんですが、ドライバーの評価をします。

評価は星の数です。

ドライバーの評価

よく行く場所はお気に入りに登録しよう

家や会社、ショッピングモールなどよく行くは登録できます。

登録しておけば乗車するたびにいちいち検索や地図を開いて設定しなくて済むのでとても楽ですよ。

登録方法はとても簡単なので、やってみてください。

Grabを開いて下のメニューから「Account」を選び、さらに「Saved Places」を選びます。

アカウント→Saved Placesを選ぶ

「Add an Address」をタップ。

Add an Addressを選ぶ

設定する場所を検索か地図から選びます。これは目的地の設定と同じようにすれば大丈夫。

登録する場所を検索か地図から選ぶ

登録したい場所に丸いマークがあることを確認して「Confirm」をタップ。

地図で間違っていなければConfirmをタップ

登録する場所の名前を入力して「Save Address」をタップします。

登録する名前を入力してSave Addressをタップ

これで登録が完了しました。

登録完了

次回からは目的地設定で登録した場所が表示されるようになるので、簡単に目的地が設定できますよ。

クレジットカードを登録したらキャシュレスで乗車できる

Grabにクレジットカードを登録しておくとキャッシュレスでタクシーが利用できるようになるんです。

カンボジアでは10ドル以上の大きな紙幣を出すと、お釣りがないと言われたりするのがよくあります。

だからタクシーやトゥクトゥクに乗る前には事前に1ドル札を多めに用意しないといけなかったんですよ。

これがかなり面倒くさい!

この面倒くささを解決してくれるのがクレジットカード決済です。

細かな紙幣を用意しなくても、クレジットカードから自動的に支払いされるのでめちゃくちゃスムーズ。

クレジットカードをGrabに登録する方法

Grabにクレジットカードを登録する方法を紹介していきますね。

まずはGrabを立ち上げたら、下のメニューから「Payment」を選びます。

そして「Add Payment Method」をタップ。

「Payment」から「Add Payment Method」をタップ

次の画面では「Credit/debit card」を選んでください。

「Credit/debit card」を選ぶ

クレジットカード情報の入力画面になるので、クレジットカード番号、有効期限、セキュリティコードなどを入力します。

カード情報の入力画面

このように処理中の画面が表示されます。

カード情報登録の処理中画面

次の画面でクレジットカー会社によっては、認証画面が表示されることも。

完了したらこのような画面が表示されます。

カード登録完了画面

これでメニューの「Payment」で登録したクレジットカードが表示されていればOK。

登録されたカード

クレジットカードでGrabに乗車する方法

クレジットカードを使ってGrabに乗る方法は、現金で乗る時とそれほど変わりません。

予約する時にこのようにクレジットカードが表示されていれば、クレジットカード決済になります。

Grabの予約画面

もし現金で払いたい時には、予約画面で「Cash(現金)」に変更すればいいですよ。

Grabの支払い方法選択画面

あとは現金の時と同じようにタクシーが来たら乗車して目的地へ。

降りる時にはなにもする必要がありません。

ドライバーにお礼を言って降りるだけ。

ドライバーが間違って乗客をのせた場合料金が取られることも

Grabを利用した友人の話です。

クレジットカード決済でタクシーを呼んだのに、自分でない別のお客を乗せてしまった場合、その乗客の運賃がクレジットカードに請求されたことがあるんだそう。

もちろん問い合わせをしたそうですが、うまくコンタクトが取れずに困ったと言ってました。

クレジットカード決済を利用する時にはちょっと頭の片隅にこのことを置いておくと良いかもしれません。

まとめ

Grabはカンボジアのタクシーを便利に利用できるアプリです。

以前はカンボジア語で行き先を伝えたり、料金の交渉など面倒くさいことが山のようにありました。

でも、今では状況は一変。

カンボジア人もアプリを使ってタクシーやトゥクトゥクを呼ぶのは当たり前になっています。

今回紹介したGrab以外にもカンボジアにはいくつかの配車アプリがあります。

いろいろなアプリを使ってみてカンボジアの移動を楽にしましょう!

カンボジアの歯医者アプリと言えばこれ!対応している台数も一番多いんじゃないかな?

日本語にも対応!iTsumo