料理は失敗の数だけ上手になると信じている。記録を残して次に生かせ!

失敗したって良いじゃないか

先日ミートソースの作り方を教えてもらったんで自分で作ってみたんですよ。そうしたらなんか味が決まらないっていうか中途半端な味になってしまいました。このミートソースを作るのに4時間近くかけたので結構悲しかったですね。でもね料理って失敗してなんぼだと思うんですよ。失敗しながら美味しいものがどうやってできるのか探していくっていう試行錯誤の繰り返しが料理なんです。

でも次に作る時には全く同じ失敗はしないようにしたいじゃないですか。どうせ失敗するなら別の原因で失敗したいもんです。

レシピにはどんどん書き込む

同じ失敗を繰り返さないようにするためにとても重要なこと。それには使った材料とその分量、調理方法をレシピにどんどん書き込んでいきましょう。書き残していたら次に全く同じ失敗はしなくなりますよね。そして次にはここを変えてやってみようとか考えて次の料理に生かす。そうやって毎回レシピをアップデートしていくわけです。

今回のミートソースのレシピはcookpadから持ってきたものをベースにしました。それに先日教えてもらったやり方を混ぜてみたんです。恥ずかしいですけどぼくが書き込んだレシピがこれです。

書き込みをしたレシピ

書き込みをしたレシピ

オリジナルのレシピに野菜やワインを追加しました。そして塩を入れ忘れるという致命的な失敗を犯してしまったので注意書きも追加ですね。

この書き込んだレシピを元に次回作る時はこうやってみようっていうのを考えます。次回作る時にやってみようと思っていることはこんな感じですかね。

  • 絶対に塩を入れのを忘れない。
  • トマトピューレを少し加えてみる。

これをレシピにまた書き込んでおいたら次回作る時に忘れないでしょ。