人生は宇宙だ!

カンボジアと食べることが大好きなmoriの生き様を見せます。宇宙のような無限の人生を泥臭く生きろ!

*

コロッケをサクサクに温め直すならオーブントースターだ!

      2017/03/14

  • こんにちは、自炊愛好家のmoriです。

    ぼくは自炊愛好家なので基本は自炊。なんですが、さすがにいつも自炊をしているわけじゃありません。

    時間がない時や体調が悪い時には、スーパーの惣菜を買って食べることだってもちろんあります。

    今回はスーパーで手軽に買えるコロッケをより美味しくサクサクに温める方法について紹介しますね〜

    オーブントースターならサクサクに温められる

    ところで、最近はコロッケや天ぷらなどの揚げ物を家でしない人が増えてきてるみたいですね。

    たしかに揚げた後の油の後片付けのことを考えるとねぇ。やりたくないのもわかります。

    キッチンが汚れるし、油だって古くなったら捨てないといけないなど廃棄の問題もあります。ちなみにぼくはこめ油を使っているのでいつまでも美味しく揚げ物をしています。

    揚げ物を家では作らないけど、揚げ物が食べたい!

    そんな時には、外食するかスーパーで調理済みのものを買ってきます。

    外食だったら出来たてを出してくれるので美味しく食べることができますが、スーパーのコロッケは基本的に冷めてますよね。熱々を食べようと思うと電子レンジで温めるっていうのが一般的です。

    でも、電子レンジでコロッケを温めるとどうなるか?

    mori
    めっちゃベチャベチャ

    そうなんです。電子レンジは手軽なんですが揚げ物には不向き。ハッキリ言って電子レンジは揚げ物の温めには向いてません。

    じゃあどうしたらサクサク感を残したままコロッケを温められるのか?

    オーブントースターで温めたらいいんです。

    オーブントースターでコロッケを5〜7分ほど焼くと、表面がサクサクとした熱々のコロッケを食べることができるんですよ。

    電子レンジだと20秒位で温まるのに比べると時間はかかりますが、美味しさはオーブントースターの圧勝です。

    真っ黒焦げにしないためにはアルミニウムで挟む

    コロッケをただオーブントースターで温めたらいい!

    そんな単純な話ではありません。しっかりとポイントを押さえておく必要があります。

    これはアルミホイルをコロッケの上下に置いて温めるってこと。

    オーブントースターの中を見てみると上と下に電熱線が入っているのがわかります。オーブントースターは、この電熱線が熱くなって中に入れた物を焼くことができるんです。

    オーブントースターの上下に電熱線が入ってる

    でもここで大きな問題が。それは、電熱線はとても熱くなるのでコロッケがすぐに焦げてしまうんですね。

    これはイメージですが、こんな感じで少し目を離すとすぐにこんな感じに真っ黒焦げになってしまいます。ぼくは何度も泣きそうになりました。

    焼きすぎたカスタードパイ。

    この真っ黒焦げ問題を解決するのがアルミホイルなんです。

    こんな感じでアルミホイルをコロッケの上下に置いてオーブントースターに入れます。

    コロッケの上と下にアルミホイルをしいて焼く

    こうすることによって電熱線の熱を直接コロッケに当てずに済むんです。だから焦げない。

    さらにメリットが。それは、下にアルミホイルを置くことでオーブントースターの下に衣が落ちて汚れるのを防ぐことができます。

    mori
    なんでオーブントースターって底があんなに掃除しにくい構造になってるんやろ?

    底が引き出せたら良いのにって思ってたらありました。底が外せて丸洗いできるトースターが!

    今回は、スーパーで買って来たカニクリームコロッケをオーブントースターで温めてみました。手作りタルタルソースでいただきます。

    自家製タルタルソースで食べるカニクリームコロッケ

    mori
    サクサクでうまい!

    アルミホイルで完全に包むとサクサク感が少し減少する

    さっきは、コロッケをアルミホイルで挟んで焼いてみたんですが、今回はアルミホイルでコロッケを完全に包んで焼いてみることに。

    コロッケをアルミホイルで包んで焼く

    結果は、アルミホイルで挟んで焼いたものに比べて、完全に包んで焼くと若干しっとり感が出てしまいました。

    アルミホイルで完全に包むことで、コロッケから出てきた水分が飛んでいかず軽く蒸された状態になったようです。

    短時間でサクサクに温めたかったら直置きがベスト

    アルミホイルで挟んでコロッケを焼く方法は、焦げ付きの失敗も少ない安全な方法です。

    でも時間がかかるというのが難点でした。美味しく食べられる程度に温めるには最低でも5分の加熱時間が必要

    ぼくはもっと熱々にしたいので7分〜10分程度温めていました。でも7分ってかなりの時間ですよね。

    ぼくはせっかちな人間なので7分も待ちたくない。できることなら3分程度で美味しく食べたい。

    ということで考えたのが、オーブントースターに直置きするということ。

    直置きすると早く熱が伝わるので3分も加熱すれば十分熱々になります。

    でも注意してくださいね。前の方にも書きましたが、焦げる危険性もあるので目を離してはいけませんよ!

    電子レンジとバーナーの合わせ技もアリかも

    ふとこんなことを思いつきました。

    mori
    電子レンジで全体的に温めた後に、表面だけをバーナーで炙ったらいいんじゃない?

    カリカリなのは表面だけでいい。それだったら最初に電子レンジで素早く全体を温めて、最後にバーナーで表面を炙っても美味しいコロッケになるんじゃない?

    こんなバーナーを使えば、揚げ物の表面だけを素早くカリカリにできそうな予感がします。

    ちなみにこのバーナーは便利で、魚を焼いた時などにも役立ちます。

    もうすこし焼き色が欲しいなと思った時なんかに、軽くバーナーで炙るだけで美味しそうな焦げを簡単につけることができるんです。

    バーナーをキッチンに常備しておくってのもいいかもね。

    まとめ

    コロッケなどの揚げ物の温める時には電子レンジではなくてオーブントースターです。

    直接コロッケを載せるんじゃなくて、アルミホイルを上下に置いて加熱することによって真っ黒焦げになる心配もなし。この方法だと5分〜7分ほどで美味しくサクサクに温めることが可能。

    もっち早く温めたいという人には直置きがおすすめです。ただし、早く温められるというメリットの裏には、焦げ付きの失敗の心配があるということも十分に意識しておいてくださいね。

    せっかく買ったものなんだから、より美味しく食べられるようにしたいですね!

    • 0
    • 0
    • 1

     - 料理, 料理のちょっとした話 , , ,

  •   関連記事

    圧力鍋で簡単!ゴーヤ(にがうり)の肉詰めレシピ Ver.2.0

    ゴーヤの肉詰めに再挑戦!今回のポイントはこの2つ こんにちは、以前はカンボジアに …

    豚肉の生姜炒め
    【カンボジア料理レシピ】豚の生姜炒め(チャークニャイ・サイチュルーク)の作り方

    こんにちは、カンボジア大好きmoriです。 今回はカンボジア料理を作るよ! 作る …

    冷蔵庫にある材料を適当に使って作ったスープとグラタン
    料理の醍醐味。今ある材料で料理を作ることの3つの素晴らしい効果はこれだ!

    料理は未知への扉を開く みなさん料理をしてますか? 食べるっていうことは人間にと …

    焼きすぎたカスタードパイ。
    外国のレシピを使って料理する時には単位に注意!黒焦げパイから学んだこと

    外国のレシピは単位が違うのだ!! いきなりとんでもないものをお見せしてすみません …

    シナモンとハチミツを混ぜたものを塗って完成。
    風邪予防にハチミツシナモントーストがおすすめ

    ハチミツとシナモンで風邪予防 以前このブログで風邪を引いたときにハチミツとシナモ …

    【メロンレシピ】メロンが食べきれない!そんな時には甘くて高貴な味のメロンミルクがおすすめ

    大量に買ったは良いけど使い道に困った!そんなメロンの美味しい使い方 こんにちは。 …

    誰でも簡単に作れるよ!半熟ゆで卵の作り方

    半熟ゆで卵は2つのポイントを押さえれば誰でも作れる こんにちは、自炊愛好家のmo …

    ゴーヤの肉詰め
    カンボジア料理を作ろう!ゴーヤ(にがうり)の肉詰めレシピ

    苦いけどクセになるゴーヤ(にがうり)の肉詰め こんにちは、自炊愛好家のmoriで …

    純白ゴーヤを使ったチャンプルー。純白だけど苦さは強烈!

    珍しい純白ゴーヤを発見したよ こんにちは。自炊愛好家のmoriです。 夏と言った …

    圧力鍋の使い方徹底解説
    圧力鍋の使い方を徹底解説するよ。圧力鍋は調理時間が短縮できて経済的!

    圧力鍋は怖い?使ってみたら全然怖くないことがわかりますよ こんにちは。自炊愛好家 …