メンタルヘルス

何かに怒るのをやめます。猛烈に熱中できるものがあれば怒りなんて出てこない

投稿日:2015年10月12日 更新日:

スポンサー

くだらない怒りの原因は自分のコンプレックス

ぼくは今までなんかいろんなことに怒って生きてきたんだなってふと感じたんです。今生きている社会であったり、ちょっと気にくわない人であったり、その他いろんなことに対してなんか自分でもよく分からない怒りというものを周りにぶちまけてきたっていうんですかね。

よくよく考えてみたらこの怒りの原因っていうのは自分のコンプレックスだったと気づきました。社会に対して怒りを感じるのはこの社会でうまく生活できない自分に負い目を感じていたから。気にくわない人って自分に持っていないなにかキラキラとしたものを持っている人だったりしたわけです。自分が持っていないものがすごく羨ましく思えてしまっていたわけ。

こんな自分の怒りっていうのは別に外の世界に原因があるんじゃなくて、外の世界と比べる自分自身にあったわけなんですよ。

怒っても自分が疲れるだけ

こんなに毎日毎日何かに対して怒っていたら本当に疲れてしまいます。いや、疲れるっていうのかこんなことにいちいち気持ちを揺さぶられる自分自身にうんざりしてしまうっていうんですかね。本当に参っちゃいました。

例えば誰かが海外旅行に行ったとするじゃないですか。そうするとこんな感じで怒りというか嫉妬に近い感情がわき上がってくるんです。

あの人はお金も時間もあるからいろんな場所にいけるんだ。それに比べて自分は…

まったくもって不健康な思考パターン。

自分が熱中できるものを持つと気にならない

ここで気づいたのはこの怒りや嫉妬は自分と比較するから怒ってくるもんであって、自分と比較しなければこんな感情は怒ってこないんです。

じゃあどうしたら比較しなくてよくなるのか?

それは本当に自分が熱中できることをやれば良いんです。本当に自分が没頭することができることがあればそれは絶対的な価値観になるんですよ。逆に言うと今までこんな怒りや嫉妬の感情が出てきていたのは自分のやっていることが相対的な価値観しか自分にもたらさないものだったからっていうこと。その程度のことしかやってこなかったってことです。

本当に自分が没頭できることをやっている人は、他の人がどうであれ全くどうでも良いんです。全く気にしない。これこそが健全なる精神状態じゃないですか。

ぼくもそういうものを見つけつつあるので最近は変にイライラすることも少なくなってきましたよ。

-メンタルヘルス
-,

執筆者:

「メンタルヘルス」のオススメ

恐怖も慣れてしまえば大丈夫。カウンセラーに暴露療法について聞いて決めた2つのルール

嫌なことでも慣れてしまえ 人間だれでもすごく嫌なことってありますよね。そんな時には逃げてしまいたくなることも。ぼくは逃げることは全然悪いことだなんてこれっぽっちも思っていないんですが、逃げるってことも …

過去の犯罪を未来に役立てる

過去の犯罪を肥やしにして未来のために生きると決意する

改心は人から強要されるものではない。自発的にするもの ぼくにはある友人がいます。その友人は数年前に犯罪を犯して警察に逮捕されました。その事件があって以来まったく連絡をとることもなかったんですが、あるき …

交通警備員に教わった豊かな生き方

罵声を浴びせられて精神疾患に。交通警備員から豊かな生き方を学ぶ

こんにちは、moriです。 よく工事現場などで交通誘導をしている警備員。 全然知り合いでもなんでもないんですが、彼の話から豊かな生き方について考えてみました。 トラック運転手に罵声を浴びせられる交通警 …

自分を殺すことは生への執着

自分を毎日殺して生まれ変わることは生への執着なんだ!

自分を殺して新しい自分になることは生への執着である またこいつがやってきた。 定期的にぼくの心に現れてぼくの心をかき乱す存在。もう一人の黒い自分。 ぼくの心は不定期ではありますけど、躁状態と鬱状態を繰 …

普通のタンポポ

雑草を見て気がついた。大切なものはすぐ足下にある。気づいてないだけ。

あなたの足下にきれいな花が咲いている 春になりましたね。毎日がぽかぽか陽気で本当に過ごしやすくなってきました。緑もいっぱいで本当に気持ち良いです。 ところであなたは花が好きですか?ぼくは好きです。でも …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote