あなたは感謝と謝罪の言葉を言えてますか?世間体を気にする自分を殺せ!

感謝や謝罪の言葉は言わないと言えなくなる

ありがとう

ごめんなさい

あなたはこの言葉を最近使いましたか?

“ありがとう”や”ごめんなさい”っていう感謝や謝罪の言葉は使わないと使えなくなってくるんですよね。

なにか悪いことをしてしまった。すぐに”ごめんなさい”と謝ればいいんですが、タイミングを逃して言いそびれてしまった。

これって大したことないように思えて結構たいへんな問題なんです。この言えなかったっていうのがクセになるんですね。一度言いそびれてしまうと次回同じように状況になった時にも同じように”ごめんなさい”って言えない。これは本当にそうなんですよ。

こんなことが何度も何度も繰り返されていくうちに無意識のうちに”ごめんなさい”が言えない自分になってしまうんです。

もし何か悪いことをしてしまった時に”ごめんなさい”が言えないなって感じるのならまだ軌道修正ができます。もっともっと自分自身で意識して”ごめんなさい”って言うようにしないといけない。

感謝の言葉”ありがとう”も同じです。言わない人は知らない間に”ありがとう”が言えない人間になります。

感謝の言葉を忘れると傲慢な人間になる

感謝の言葉を言わないとこういう変化が自分の中で起こってきます。

【初期】

“ありがとう”と言いそびれてしまった。ちゃんと言っとけば良かったな。

【中期】

“ありがとう”って言い忘れてしまった。まあ良いか。

【末期】

“ありがとう”という感謝の気持ちすら感じない。

最初はありがとうという感謝の気持ちを感じていて、それを人に伝えたいと思っている。でもタイミングが合わずに言い忘れてしまうことが何度も続くと、どんどん感謝の気持ちを伝えるということを軽視するようになっていくんです。

そして最後には感謝の気持ちを伝えることなんてどうでも良いって思うようになるんです。感謝すらしない人間になっていくわけ。

こうなってしまったら嫌な傲慢な人間でしかないですよね。周りの人もあなたのことを決して良くは思わないでしょう。

謝罪の言葉を忘れると言い訳人間になる

感謝の言葉の場合と同じで、謝罪の言葉も同じような道をたどります。

【初期】

“ごめんなさい”と言いそびれてしまった。ちゃんと言っとけば良かったな。

【中期】

“ごめんなさい”って言い忘れてしまった。まあ良いか。

【末期】

原因は他にあるので自分だけが悪いわけじゃないと言い訳する。

これも最初は悪いと思っているんですが、謝罪のタイミングを逃すとどんどん謝罪できない自分に変わっていきます。謝罪を軽視するようになり、最後には責任転嫁や言い訳に終始するようなみっともない人間になるんです。

これじゃああまりにもかっこ悪いじゃないですか。みんなから見放される人間になっちゃいますね。

感謝や謝罪の言葉は発するだけで清々しい

自分が感謝した時や悪いなと思った時、とっさに感謝や謝罪の言葉が出て来ないのは心にためらいがあるからなんです。

ここには本当の自分と世間体を気にする自分との葛藤があります。感謝や謝罪したいという自分の本心と、今感謝や謝罪したら(特に謝罪の場合)他の人にどう見られるか恥ずかしいという世間体を気にする自分が激しく対立する。

この対立が感謝や謝罪の言葉を発するタイミングを逃してしまうことになるわけです。

まずあなたが意識すべきことは世間体を気にする自分を殺してしまうこと。自分の素直な心で相手にぶつかることです。

ありのままな自分で相手に気持ちをぶつければそれだけで自分自身が救われます。感謝や謝罪の言葉を発した後に残るのは清々しい気持ちだけ。

さあ、感謝や謝罪することを妨げる世間体を気にする自分を殺そう!