プノンペン観光

【2017年】プノンペンの発展を肌で感じる新名所5選

投稿日:2017年12月30日 更新日:

スポンサー

こんにちは、カンボジアに毎年行くmoriです。

2017年カンボジアの首都・プノンペンでぼくが実際に行った場所の中から、おすすめのスポットを紹介します。

今回は特に昔からある定番の観光地ではなくて、最近新しくできたスポットに焦点を当てましたよ。

昔カンボジアに住んでいて、久しぶりに旅行に行くよっていう人にも、発展を続けるプノンペンの勢いを感じてもらえるはず。

それでは今回厳選した5つのスポットを順に紹介していきましょう。

1.Vattanac Capital Tower(バタナックキャピタルタワー)

Vattanac Capital Tower

プノンペンでひときわ目立つ高層ビル”Vattanac Capital Tower”。

地上188メートル、39階建てです。

なめらかな曲線を描く美しいビルは、特別な日にはこのように鮮やかな色にライトアップされます。

お正月にはカンボジアの国旗が映し出されましたよ。

カンボジアの国旗が映し出されたVattanac Capital Tower

このビルにはオフィスやショップ、サービスアパートメントやホテルなどが入居する予定になっています。

2018年には高級ホテルのRosewood Phnom Penh Hotelが開業予定。

まさにプノンペンの最先端をいくタワーなんです。

1階〜2階には高級ショップが入居していて、一歩中に足を踏み入れると別世界!

シンガポールのラグジュアリーティーブランドのTWG。光り輝いてます。

Vattanac Capital Towerの中

オシャレな高級店が建ち並びます。地球儀までオシャレですね。

高級ショップが建ち並ぶ

一方、地下に降りると少し庶民的な雰囲気になっていますよ。

地下には食べ物屋さんがたくさんあります。

カフェベーカリーです。お値段もまだ庶民的なのでほっと一安心。

地下にあるベーカリー

Vattanac Capital Towerはプノンペンの目抜き通り「モニボン通り」沿いにあります。
セントラルマーケットからも歩いて行けますよ。

2.イオンモール プノンペン

イオンモール・プノンペン

次は2014年に開業した日本ではお馴染みのイオンです。

カンボジア初の本格的なショッピングモールで、開業当時は多くの人がイオンモールに集まりました。

そのおかげで元々あった小規模なショッピングモールからは客がいなくなってしまったほど。

開業当時のごった返した感じはなくなってきましたが、今でも多くの人たちがやってきています。

ぼくもカンボジアに行くとかなりの頻度で買い物に行ってしまうほど。

日用品はもちろん、カンボジアのお土産も購入できるのでオススメです。

イオンモールのお土産売り場

このブログでもいろいろと記事を書いています。

カンボジア最大級!イオンモール・プノンペンの広大な食料品売り場を紹介するよ

AEON MALL PHNOM PENHがオープン!カンボジアならではの商品もお楽しみください – 人生は宇宙だ!

もう田舎とは言わせない!プノンペンにアイススケートリンクができたのだ

2018年夏にはイオンモール2号店がオープン予定です。

3.Eclipse Skybar(エクリプス スカイバー)

Eclipse Skybar
プノンペンの目抜き通り「モニボン通り」にそびえ立つプノンペンタワー。

その最上階にあるのがEclipse Skybarです。

屋根がない完全にオープンな空間でお酒と夜景が楽しめる絶好のスポット。

少しお値段は高めだけど、最高の雰囲気はこれだけの価値はありますよ。

Eclipse Skybarのフード

ちなみに一つ下の階にはタマホームが手がけてるD22というバーがあるのですが、こちらもおすすめ!

D22

雨の日にはD22で優雅にお酒や食事を楽しんでくださいね。

タマホームが作ったレストラン&バーのクオリティがすごすぎる

スポンサー

4.Jet’s container night market(ジェッツコンテナ ナイトマーケット)

Jet’s container night market

これまでナイトマーケットと言えばリバーサイドにあるものが有名でした。

もちろん今でもたくさんの観光客が訪れる観光地なんですが、Jet’s container night marketは若いカンボジア人が多く集まるナイトマーケットです。

  • バー
  • フードコート
  • ショップ

小さなバーがたくさん並びます。

Jet’s container night marketのバー

カンボジア料理がメインのフードコート

Jet’s container night marketのフードコート

ファッション関係の小さな店が並ぶショップエリア

Jet’s container night marketのファッションゾーン

この3つがメインで、広い敷地内にはたくさんのお店がひしめき合っています。

とにかく賑やかで活気のある場所ですよ。

5.プノンペン市バス

プノンペンの市バス

これまで市内の移動はモトドップ(バイクタクシー)かトゥクトゥク(バイクで客車をひく乗り物)くらいしかなかったプノンペンですが、2014年からは市バスが走るようになりました。

乗車料金はなんと格安の1,500リエル(約42円)!

2017年には路線が拡大して、より多くの場所に行くことができるようになりましたよ。

特に旅行者には嬉しいのがLINE3。
空港からプノンペン市内を結んでいるので格安で市内まで移動することができます!

ただ残念なのは公式な情報がほとんどなくて、どの路線がどこを通っているのかイマイチ分かり辛いこと。

突然路線が変更になって乗客が混乱するといったこともあったそうです。

でも、新しい交通機関「市バス」には是非ともご乗車を!

まとめ

今回は2017年にぼくが実際に行った・使ったプノンペンの新名所を紹介しました。

  • Vattanac Capital Tower
  • イオンモール プノンペン
  • Eclipse Skybar
  • Jet’s container night market
  • プノンペン市バス

プノンペンの街はものすごいスピードで変化していて、行くたびに変わる街の様子には驚きを隠せません。

2018年にはイオンモール2号店、ラグジュアリーホテルの開業など続々と新しいものがプノンペンの街に加わります。

定番の観光地だけでなく、こうした最先端のカンボジアを感じるのも違ったカンボジア旅行の楽しさでしょう。

ぜひ発展するプノンペンの街を肌で感じてみてください。



-プノンペン観光
-, , , ,

執筆者:

「プノンペン観光」のオススメ

プノンペン市バスの乗り方解説

プノンペンの市バスは激安!1,500リエル(約40円)でどこまでも行ける市バスの乗り方を解説

2014年、カンボジアの首都・プノンペンに公共交通機関である市バスが登場しました。 これまでは、プノンペン市内の移動と言えば車やバイク、トゥクトゥク(バイクの後ろに客車を繋げた乗り物)などに限られてい …

プノンペンのおすすめホテル − Frangipani Royal Palace Hotel

王宮近くのきれいなホテル ここはまだカンボジアで働くことが正式に決まっていなかった時に泊まったホテルです。 プノンペン到着は夜の10時過ぎ、空港からタクシーでホテルへ。夜11時前、到着したのはお世辞に …

ポル・ポトによって多くの人が殺された場所・キリングフィールドに行ったら絶対に音声ガイドを借りるべし

音声ガイドは必ず借りよう カンボジアのキリングフィールドって言ったらポルポト時代に多くの人たちが殺された場所。プノンペンを訪れる観光客の多くの人たちが訪れる場所としても有名です。ぼくもカンボジアに初め …

プノンペンの白すぎるおしゃれホテル – ル ブラン ブティック ホテル

プノンペンのおすすめホテルはどこ? 今日はホテル見学に行って来たのでその話をしようと思います。プノンペンに住んでいるとおすすめのホテルはどこか聞かれることがとても多いです。しかしプノンペンに住んでいた …

プノンペンの夜を優雅に楽しみたい?リバーサイドのスカイバーが静かでおすすめ

優雅な時間が流れるバー・Royal Sky Barは心からリラックスできる こんにちは、都会の喧噪より自然がたくさんで静かな場所が好きなmoriです。 カンボジアの首都・プノンペンは人口が200万人を …

moriはこんな人

カンボジアが自炊が大好き。不安定で次に何が起こるか分からない状態を楽しんでいます。好きな言葉は「安定なんてクソくらい」
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote