チョコミントタルト

Pasco チョコミントタルトは甘さと爽快感が入り乱れる独特のタルト

スーパーでおいしそうなパンを探していたら、こんなものを見つけてしまいました。

チョコミントタルト

チョコミントタルト

これを作っているのはPasco(パスコ)です。

以前、チョコミント蒸しケーキを食べたんですが、これを作っている会社ですよ。

なかなか奇抜な商品を作ってくるので、ぼくは結構好きです。

「チョコミントタルト」は爽快さと甘さが同時に楽しめるタルト

いったいチョコミントのタルトってどんな味なんでしょう?

恐れと興味が半分混ざり合った気持ちで開封しました。

中から出てきたのがこれ!

チョコミントタルトを開封したところ

うわっ!カビが生えてるみたい

すみません、本当にそう思っちゃったんです。

チョコミントからイメージする鮮やかな緑ではなくて、緑がかった茶色なんですよね。

これがなんとも不気味な雰囲気を醸し出しているので、ついそんな風に思ってしまいました。

ごめんなさい!

見た目はちょっとアレですが、香りは爽やかなミント。

タルトからこんな爽やかな香りがするとは、なんとも複雑な気分ですね。

なんというか常識を大きく外れているお菓子のように思えてなりません。

このタルトをもう少し詳しく見てみましょう。

半分に割ってみますね。

チョコミントタルトの断面

これがチョコミントタルトの断面です。

表面と違って中は鮮やかな緑色。まさにミントの色ですよ。

よく見ると中は2層になっています。

  • 上の層:鮮やかなミント色。ふわっとやわらかなケーキのような食感
  • 下の層:薄いこげ茶色。しっかり歯ごたえのあるクッキーのような生地

2つの層があるので、このタルトを食べるととても複雑な食感が楽しめるんです。

かぶりつくと最初に感じるのは上の層。

ミントの刺激がかなり強くて、口の中がスースーします。

口の中は涼しいを通り越えて、冷たい!

口の中にすぅ〜っと広がる爽やかな香りが広がって爽快そのもの。

しかし、同時にケーキのようなふっくらやわらか食感で甘さも感じるものだから頭が混乱するんです。

しっとりとなめらかな生地なのに、めちゃくちゃ冷たいんです。

「しっとりなめらか」=「甘くて温かみがある」

この公式がまったく成り立ちません。

非常に混乱しますね。

さて、このチョコミントタルトで忘れてはならないのが下の層。

この固いクッキーのような生地がとてもおいしいんですよ。

ふわっとしたケーキのような生地と、固い生地のコントラストが実に素晴らしくて食べていて心地いいこと。

ザクザクとした固い生地は食べ応えありますね。

かなり強烈な個性を持っているので、チョコミント好きには是非おすすめします。

「チョコミントタルト」の詳細情報

チョコミントタルトを購入したのはイオンです。

いろんなお店を見ましたが、置いてある店は少ないのかな?

ぜひ見つけたら食べてみてくださいね。

原材料等は以下の通りです。

価格100円くらいだったと思います
カロリー456kcal

チョコミントタルトの栄養成分表示

おいしかったチョコミントのお菓子

これまで食べてきたおいしいチョコミントのお菓子も紹介しますね。

あんなま(チョコミント)

生八ツ橋になんとチョコミント味があるんです。

衝撃ですね。

ためちゃんの純米シフォンケーキ(チョコミント)

あんなま(チョコミント)を作ってるお店は、チョコミントのシフォンケーキも販売してます。

これは夏限定ですよ。

他にもいろいろとチョコミントを紹介しているので、見てみてください。

チョコミントのお菓子を見る