切り分けたレアチーズタルト

【業務スーパー】牛乳パックレアチーズを使った簡単レモンタルトの作り方

レアチーズタルトはたった10分で完成!

業務スーパーに売っている牛乳パック入り1kgレアチーズ。1kgという大量のレアチーズでありながら300円を切る価格は衝撃的です。

このレアチーズはそのまま食べても美味しいんですけど、加工したらもっと美味しくなるだろうということでレアチーズタルトを作ってみました。

もとは牛乳パックの側面に調理例として書かれていたタルトなんですが、自分なりに美味しくするにはどうしたら良いかと考えた結果、レモンと生クリームを足して作ることにしました。

レアチーズタルト

レアチーズタルト

実際に作ってみたところなんと作業時間は10分!(冷やすのに数時間かけましたが)

味も結構美味しくできたので作り方を紹介しますね。ぼくはタルト生地を自分で作ったのでちょっと面倒くさかった(タルト生地を作るのに1時間ほどかかりました)ですが、タルト生地は市販品を使うのが良いと思います。その方が簡単です。

レアチーズタルトの作り方

材料

  • 業務スーパーのレアチーズ:250gくらい
  • 生クリーム:大さじ2杯
  • レモン:1/4個
  • タルト生地

作り方

業務スーパーのレアチーズを鍋に入れて火にかけます。この時しっかりと潰してかき混ぜるようにします。潰した方が早く溶けるし、かき混ぜないと焦げちゃいます。

レアチーズを鍋に入れ、焦げ付かないように溶かす

レアチーズが溶けてきたら生クリームを投入。たくさん入れると味が濃厚になって美味しくなるんじゃないかな。お好みで調整してください。今回は植物性生クリームを使いましたが、動物性生クリームの方が味は美味しいかと。お財布と相談してどっちにするか選んでくださいね。

生クリームを投入

そしてよくかき混ぜます。

生クリームを入れてかき混ぜる

レモン果汁を搾り入れます。こんな感じで茶こしの上から絞ると種が中に入らないので楽ですよ。

茶こしの上でレモンを搾ると種が入らない

さらにレモンの皮をおろし金で中に入れます。この時に注意すべきことですが外国産レモンを使うときには最初にしっかりと洗ってください。外国産のレモンは輸送中に防かび剤を散布しているのでそのまま入れると良くないです。

レモンの皮を投入

タルト生地を用意します。

いぼみたいなふくらみ

タルトじゃないって?

えー。タルト生地を買おうと思ったんですけど売ってなかったので自分で作ったら失敗しちゃいました。

タルト型もないからグラタン皿で作ったんですよね。細かいことは気にしない、気にしない。

底が膨れあがって”いぼ”のようになってるけどまあ気にしないでください。

いぼみたいな膨らみ

見た目がよくないね…

底が膨らんだタルト生地

レアチーズを流し込みます。そして冷蔵庫で冷やし固めます。ここまでたった10分ですよ。これで終わり!

溶けたレアチーズを流し込む

冷蔵庫で冷やし固めたレアチーズタルトがこれ。

冷やし固めたレアチーズタルト

型からすっぽり出せないので包丁で切ってほじくりだします。どうですか〜?そんなに悪くないでしょ?

切り分けたレアチーズタルト

口に含んだ瞬間レモンの爽やかな酸味が口いっぱいに拡がって予想以上の美味しさ!タルトもしっとりとして美味しい。これはいけますよ。

口に入れると爽やかなレモンの香りが広がる

めちゃくちゃ簡単なので作ってみてね。タルトは市販品を買うのをおすすめします!