【セブンイレブン】クリームたっぷり!もちぷにゃは100円で幸せいっぱいになれるスイーツだった

柔らかさは人間の本能を刺激する・もちぷにゃ

こんにちは。コンビニスイーツに最近目覚めたmoriです。

茶団子包みみたらしくりぃむわらびとセブンイレブンのスイーツのクオリティに圧倒されています。

商品棚に並ぶスイーツを眺めていると魅力的なものが多くて本当に悩むんですよ。いつも即決できずに数分間立ち尽くすことも。スイーツ棚を行ったり来たりと完全に不審人物です。

今回もいつものように悩みまくった末に選んだのがこちら。

もちぷにゃ

もちぷにゃ

なんともゆるーいネーミングですが、その名前からイメージされるのは天国。ぼくの頭の中にはふわふわの羽が舞い散る白い世界が見えています。

パッケージの上から触ってみてもわかる柔らかさ。柔らかいものを触るって本当に幸せになれるんですよね。

きっとこれは本能。人間だれもが赤ん坊の時に持っていたの人間としての本能の一種なんでしょう。柔らかいものに触れると安心しきってしまう。

あっ、ちょっと話が脱線していまいました。それでも実際に食べていくことにしましょう。

ここでちょっとパッケージに素敵な文言を発見!

クリームがとても柔らかいので
こぼれない様に注意してお召し上がりください。

もちぷにゃの注意書き

中に溢れんばかりのクリーム。そしてもちもちの皮。絶対うまいでしょ!否が応でも期待は膨らみます。

いや、これは期待というレベルのものではない。そんなドライなものじゃなくて、心の底から沸き上がる猛烈な期待なんだ。これをなんて言ったらいいのか分からないのが悔しいところです。とにかく情熱的期待とでも言っておきましょうか。

もちぷにゃを食べるよ!クリームまみれだ!幸せだ!

中がよく見えない袋に手をかけ、ゆっくりと破ります。大切なものを扱うようにゆっくりとね。それにしてもわざと中を見せないようにするなんて。なんてもったいぶる奴なんだ!平安時代の貴族かよ!

注意書きにあったように、誤って傷つけて出血(クリームが飛び出す)することのないように注意深く取り出します。そしてついに中から姿を現したもちぷにゃがこちら。

はじめまして!もちぷにゃです!

袋から取り出したもちぷにゃ

もちぷにゃというかわいい名前にしては、ちょっと荒い感じの外見ですね。もっとつやつやの皮を想像してました。

とにかく指でつついてみると柔らかなことには間違いなし。純白の肌を想像していたのでちょっとガッカリですが、触感は問題ない。とても柔らかくておいしそうです。

それではさっそくいただくことにいたしましょう。それではクリームが飛びちらないようにゆっくりと慎重にかぶりつきます。シュークリームのようにクリームが溢れ出て手を汚すっていう失敗はごめんですからね。

あっ、余談ですがシュークリームはひっくり返して食べるとクリームがこぼれにくくなるんですよ。毎回手を汚してしまう人はお試しを。

それでは改めて…いただきましょう。

たっぷりのクリームが詰まったもちぷにゃ

おお!いっぱいクリームが入ってるぞ。

薄い皮の中にはたっぷりのクリームが。こういうスタイルかなり好印象です。興奮するわ〜

“皮が分厚くて中身が少し”と言うのが安いスイーツのお決まりだったんですが、セブンイレブンのスイーツは見事に裏切ってくれてます。素晴らしいよ!

本格的なお菓子として標準とされる“皮が薄くて中身がたっぷり”をコンビニレベルで実現させているのです。それも税込み100円!これは賞賛すべてことですよ。ほんとに素晴らしい!

クリームも生クリームっぽいんですが、どこかカスタードクリームの香りを感じるようなクリームです。軽すぎる重すぎず。いい感じのクリームですね。

とにかく頬ばると口いっぱいクリームの香りが広がります。美味しいなぁ。なんか食べながら嬉しいくなってきたよ。

サイズもちょうど良いですね。これより大きくなるとちょっとお腹いっぱいになるかなっていうギリギリのサイズ。計算されてますなぁ。

本当に満足です。外観のことなんてすっかり忘れてしまいました。

ただ最初に心配していた”クリームのはみ出し”は起こりませんでした。まあそれはそれで良かったんですけどね。

ハイクオリティなのに税込み100円の衝撃

もちぷにゃは本当に美味しいスイーツでした。ぼくはもちぷにゃを愛してしまったかもしれない。

  • 母性をくすぐる柔らかさ
  • 口いっぱいに広がるクリーム
  • 大きすぎずちょうどいいサイズ

このクオリティで税込み100円ですよ。本体だけだと93円!本当にお得!

もちぷにゃは93円

いやぁ、すごいわ。

セブンイレブンの絶品スイーツまとめはこちら