ポテトサラダをリメイク。パセリが主役の「まりもちゃん」を作ったよ

かわいいポテトサラダ・まりもちゃん

こんにちは、自炊愛好家のレイです。

業務スーパーで買ったポテトサラダがなかなか消費しきれないのでアレンジすることにしました。さすがに1kgもあると辛い。

今回はこんな料理を作りますよ!

思いつきで作ってしまった。#自炊 #自炊男子 #ポテトサラダ #まりも

REIさん(@morirei_42)が投稿した写真 –

名付けてまりもちゃん!かわいいでしょ?

ポテトサラダを丸めてパセリをまとわせるだけという手抜き簡単料理です。

パセリの良い香りが口いっぱいに広がる(パセリまみれになる)爽やかすぎる一品。ハーブ好きにはたまらんはず。

まりもちゃんの作り方

材料

  • 業務スーパーのポテトサラダ:150g
  • スライスベーコン:1枚
  • たまねぎ:1/4個
  • パセリ:適量
  • オリーブオイル:少量
  • 塩:少々
  • 胡椒:少々

作り方

おことわり

今回作る「まりもちゃん」の材料でもあるポテトサラダは業務スーパーのポテトサラダを使いました。

もしポテトサラダだけで完成した美味しさでしたら最初の工程(たまねぎとベーコンを炒めてポテトサラダに混ぜる)は無視してその先から見てくださいね。

それでははじめましょう!

まずはポテトサラダの中に入れるたまねぎとベーコンを炒めることから。

業務スーパーのポテトサラダはベーシックすぎるので少し物足りない。そこでたまねぎの甘みとベーコンの旨味に加えることにしましょう。

薄切りにしたたまねぎとベーコンにフライパンに入れます。そしてオリーブオイル、塩、胡椒を加えて火にかけます。

たまねぎとベーコンを炒める

たまねぎがしんなりしてきたらOK。別の容器に移して冷ましておきます。サラダはやっぱり冷たい方が美味しいですからね。

炒めたたまねぎとベーコンを冷ます

 

すぐに冷やしたい場合には大きさの異なる金属製のボール2つを使うと素早く冷やせます。まずは大きい方のボールに氷を入れ、その上に小さいボールをはめます。

小さなボールに冷やしたいものを入れて、小さいボール回転させると一気に小さいボールの温度が下がって中のものを冷ますことができるんです。

材料を早く冷やす方法

氷がない時には代わりに肉屋なんかでもらえる保冷剤にいれたりしてもOK。少し効率は悪くなるけど冷ますことができますよ。

ぬるい缶ビールを急速に冷やす道具がありますが、やってることはこれと同じです。

次に準備するものはパセリのみじん切り。パセリの葉の部分だけをみじん切りにします

パセリのみじん切り

そしてみじん切りにしたパセリを布巾に包んで水道水で軽く洗って、

パセリを布巾に包んで洗う

よく絞って水気をとっておきます。

パセリをよく絞って水気を切っておく

 

みじん切りなら、フードプロセッサーが断然オススメ

包丁ならすごく面倒くさくて時間もかかる。そして材料が飛び散るというストレス。みじん切りは料理の中でもストレスを感じる作業なんですよ。

でも、フードプロセッサーを使ったら一瞬でみじん切りが完成。この快感を味わったら包丁には戻れん!

そしてフードプロセッサーにも電気を使うものと使わないものがありますが、電気を使わない手動式のやつがオススメです。

手動式のやつは水濡れなんか気にせずにじゃばじゃば洗えるのが魅力なんです。こういう道具って清潔さが命。思いっきり洗えるのっていいじゃないですか!

これで準備が整いました。まりもちゃんを作っていきますよ。

ポテトサラダにたまねぎとベーコンを炒めたものを加えてよく混ぜ合わせます。

たまねぎとベーコンを炒めたものにポテトサラダを混ぜる

そしてお好きな大きさに丸めてください。ボールかお皿にみじん切りにしたパセリを敷いて、丸めたポテトサラダを上に載せます。

パセリの上に丸めたポテトサラダを置く

そしてボールやお皿を左右に動かすと…

ポテトサラダがコロコロ転がって、あっという間にまりもちゃんの完成!

ポテトサラダをパセリの上で転がすとまりもちゃんの完成

見た目はまりもだけど。

完成したまりもちゃん

割ってみるとちゃんとポテトサラダです!

まりもちゃんの中身

mori
めっちゃパセリが主張してる!

美味しいですよ。

まとめ

今回はポテトサラダで少し遊んでみました。こんな感じで色々と遊んでみるのも自炊の魅力。

出来合いの料理でも少し手を加えることで全く違った魅力を引き出すことができるんです。

そして付け合わせのパセリも十分主役になれるということが知っていただけたんじゃないかなって思ってます。パセリはとてお栄養価の高い野菜なので、積極的に摂っていきたいですね!