【圧力鍋レシピ】加圧たったの1分!かぼちゃの煮物はめちゃくちゃ簡単につくれるよ

圧力鍋での加圧はたったの1分。かぼちゃの煮物

こんにちは、自炊愛好家のレイです。

ぼくは最近めちゃくちゃハマってる料理があるんです。それはかぼちゃの煮物

かぼちゃの煮物の何が良いかっていうと、作るのがめちゃくちゃ簡単ってことです。どれだけ簡単かお教えしましょう。

  • 調理時間が10分以内
  • 家にある調味料ですぐに作れる

家にある材料ですぐに作れる。最高じゃないですか。

ほとんどの人ってかぼちゃの煮物はめちゃくちゃ面倒くさいって思ってるんじゃないかな?

でも実際に作ってみたら分かりますけどホントに簡単なんですよ。ぼくに言わせるとインスタントラーメンを作る方が面倒くさい。

ポイントはズバリ圧力鍋を使うことです。圧力鍋は圧力をかけて調理するので短時間で柔らかく煮ることができるんです。そして圧がかかった後には弱火にするので光熱費の節約にもなります。

圧力鍋の使い方はこちらを参考にしてください。きっと虜になるはず。

それではめちゃくちゃ簡単に作れるかぼちゃの煮物を作っていきましょう!

材料

材料はたったこれだけ!

  • かぼちゃ:1/2個
  • 水:200cc
  • 醤油:大さじ2
  • みりん:大さじ2
  • 砂糖:大さじ2
  • 酒:大さじ2

作り方

かぼちゃの真ん中に入っている種を取り除いてから、適当な大きさに切ります。
かぼちゃを適当な大きさに切る

mori
スーパーにはすでに切った状態で売られているものもあるので便利!

圧力鍋にかぼちゃ、水、醤油、みりん、砂糖、酒を全部一緒に入れます。

材料をすべて圧力鍋に入れる

一応調味料は鍋のなかでかき混ぜておきます。

mori
火にかけたらどうせ混ざるけど気持ちの問題ということで。あっ、ちなみに手でかき混ぜてます。横着者なので…

フタを閉めて、圧力のダイヤルを高圧にセット。

高圧で1分加熱で完成です!ちゃんと鍋の中の圧が抜けてからフタを開けてね。

かぼちゃの煮物のできあがり

たった1分で本当に柔らかくなるからビックリ!

以上!あとは食べるだけ。ちょっと時間をおいてダシを染みこませると美味しいですよ〜

かぼちゃの煮物

加圧は短めにするのがコツ。煮るのは後からでもできる

あの固いかぼちゃがたった1分の加圧で柔らかくなるの?

そう思う気持ちはよく分かりますよ。ぼくだって信じられなかった。初めはね。

だから最初は5分加圧したんですよ。そうしたらどうなったか。

かぼちゃがボロボロに崩壊

無残なことになってしまいました。

圧力鍋を使う時に覚えておいて欲しいことがあります。それは圧をかける時間は短めにするってこと。

長く圧をかけてしまうと元に戻すことはできません。でも圧をかける時間が短すぎて、まだ固かったとしても追加で煮ることはできます。

加圧時間がよくわからない場合には短めに加圧する。これめちゃくちゃ大事です。

味に変化をつけたいなら砂糖を変えてみよう

今回紹介したかぼちゃの煮付けは本当にシンプル。だから飽きのこない味になっています。

でも毎回同じ味っていうのも面白くないですよね。

そんな時に簡単に味に変化をつける方法があります。それは砂糖を変えてみること。

普通の上白糖を使っていたならば、もう少しコクのある三温糖を使ってみるとか工夫してみると味に変化がつけられて美味しくいただけます。

もっと冒険するなら黒糖を使って煮てみるとか。かなり独特なかぼちゃの煮物になると思いますが。

一般的な白い砂糖・上白糖

コクが欲しい時には三温糖

個性的な黒糖

いろいろと工夫して自炊を楽しんでくださいね〜

圧力鍋の使い方はこちらの記事で徹底解説しています。