京都・大阪から鎌倉へ安く行くには江ノ電バスが便利!実際に利用したので詳しく紹介するよ

京都・大阪から鎌倉へ行く夜行バス「江ノ電バス」の紹介です。実際に利用した感想や、京都駅の乗り場を紹介しています。江ノ電バスなら乗り換えなしで鎌倉まで行けるのでとても便利。早朝に着くので一日たっぷりと観光できますよ。

聖(宇治)

聖「宇治」は皮もあんにも抹茶が入った抹茶好きにはぴったりの生八ツ橋

聖護院八ッ橋総本店が手がける生八ツ橋「聖(宇治)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。皮とあんにも抹茶を使った生八ツ橋で豊かなお茶の香りと苦みが楽しめます。春から初夏にかけての限定生八ツ橋です。

御殿八ッ橋本舗 生八ツ橋(抹茶)

御殿八ッ橋本舗「生八ツ橋(抹茶)」は分厚いけど優しい抹茶がおいしいよ。八ツ橋マニアが徹底紹介

御殿八ッ橋本舗が手がける「生八ツ橋(抹茶)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。びっくりするような分厚い生八ツ橋は食べ応え十分。見た目とは違うやさしい抹茶味の生八ツ橋ですよ。

御殿八ッ橋本舗 生八ツ橋(ニッキ)

御殿八ッ橋 生八ツ橋(ニッキ)は衝撃の分厚さ!八ツ橋マニアが徹底紹介

御殿八ッ橋本舗が手がける「生八ツ橋(ニッキ)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。この生八ツ橋の最大の特徴は厚さ。びっくりするような分厚い生八ツ橋で食べ応え満点ですよ!

あんなま(青りんご)

暑い時には甘酸っぱいりんごの八ツ橋を!「あんなま(青りんご)」を八ツ橋マニアが徹底紹介

本家西尾八ッ橋が手がける生八ツ橋「あんなま(青りんご)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。鮮やかな緑の生八ツ橋の中には、りんごの甘酸っぱいこしあんが入ってます。食べる前に少し冷やすとよりおいしく食べられますよ。

あんなま(ブルーベリー)

紫の生八ツ橋「あんなま(ブルーベリー)」は甘酸っぱくておいしいよ!八ツ橋マニアが徹底紹介

本家西尾八ッ橋が手がける生八ツ橋「あんなま(ブルーベリー)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。一見ぎょっとするような紫色の生八ツ橋は、ブルーベリーのフルーティーなこしあんがとても爽やかでおいしいです。

なつおたべ

わらび餅風味の生八つ橋「なつおたべ」はどんな生八ツ橋?八ツ橋マニアが徹底紹介

美十が手がける生八ツ橋「なつおたべ」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。わらび餅風味の生八つ橋はぷるんとした独特の食感が特徴。4つの味が楽しめますよ。食べる前には冷蔵庫で冷やして冷たい状態で召し上がれ。

プノンペンのランドマーク「セントラルマーケット」の楽しみ方を徹底紹介

プノンペンにあるカンボジア最大級のローカルマーケット「セントラルマーケット」について詳しく紹介しています。セントラルマーケットは日用品から食品、お土産まで揃う大きな市場。鮮やかな黄色のドームと4本の翼が美しいです。プノンペン観光には欠かせない場所ですよ。

【池袋】手のひらサイズ?名物・ジャンボ餃子を食べに開楽に行って来たよ

池袋東口のすぐ近くにある中華料理のお店「開楽本店」はジャンボ餃子が名物。手のひらサイズに近い大きさの餃子は分厚い皮にたっぷりの具が入っています。ボリューム満点の餃子とチャーハンや焼きそば、その他セットメニューなども充実です。

東京から滋賀に夜行バスで行くなら「京都びわこドリーム号」が便利だよ。その4つの理由を紹介

東京から滋賀に行くのに便利な夜行バス「京都びわこドリーム号」の紹介です。このバスは東京を22時過ぎに出発して滋賀県南部に朝7時過ぎに到着します。乗客も大阪行きのバスと比べて少ないので快適に移動できますよ。

あんなま(マンゴー)はとびきりフルーティーな南国薫る生八ツ橋

本家西尾八ッ橋が手がける生八ツ橋「あんなま(マンゴー)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。夏限定のマンゴーの生八ツ橋は一口食べると口の中にマンゴーの甘酸っぱさが広がります。もはや和の生八ツ橋とはまったく別のお菓子へと進化したおいしい洋の生八ツ橋です。

あんなま(ラムネ)はどんな生八ツ橋?八ツ橋マニアが徹底紹介

本家西尾八ッ橋が手がける生八ツ橋「あんなま(ラムネ)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。青い生八ツ橋はどんな味なのか不安になりますが、実際に食べるととても爽やか。夏の暑い時には冷たく冷やして食べるのがおすすめです。

【プノンペン】リバーサイドでおいしいインド料理をリーズナブルに食べるならPhnom Penh India!

カンボジアの首都・プノンペンにあるインド料理レストラン「Phnom Penh India(プノンペンインディア)」の紹介です。王宮などの観光地があって多くの観光客も集まるこの場所にこのレストランはあります。シンプルで清潔な店内で本格的なおいしいインド料理が楽しめますよ。プノンペンに行くと必ず立ち寄るお店です。

令和生八ツ橋3種類を食べくらべしたので徹底紹介します

新元号・令和を記念して発売された3つの生八ツ橋「祝 元号あんなま 令和」「聖 令和」「夕子(令和)」を食べ比べして詳しく紹介しています。おおかたお正月に販売される紅白の生八ツ橋と同じですが、パッケージなどは新元号をお祝いする特別なものです。

チョコミントタルト

Pasco チョコミントタルトは甘さと爽快感が入り乱れる独特のタルト

Pascoチョコミントタルトの紹介です。ちょっと見た目は不気味な緑のタルトは、強いミントの刺激と甘くてふわっとしたケーキがなんとも不思議な食感を作っています。クッキーのような固い生地、ミントのしっとりふわっとしたケーキのような生地のコントラストがすばらしい。チョコミント好きは一度は食べてほしいタルトです。

プノンペンサファリの楽しみ方徹底紹介

【プノンペン観光】プノンペンサファリは楽しいショーや象にも乗れる!楽しみ方を徹底紹介

カンボジア・プノンペンの郊外にある動物園「プノンペンサファリ」を紹介しています。この動物園の一番のみどころは5つのショー。鳥、トラ、小動物、ワニ、オランウータンのショーはどれもクオリティが高くて見応えがあります。また象に乗れたり、小動物の餌やりなど体験型のアトラクションが多いのも嬉しいですね。

生きている限り進化を止めるな!一生同じ景色を見て死んでいくつもり?

インドネシア、カンボジアを旅行して「進化することの大切さ」を改めて感じました。進化しなければ時代に取り残されてしまうだけではありません。進化することはとてもワクワクすることです。新しい経験を自分の中に積み上げていけばもっと充実した人生を送れるのではないでしょうか。進化を止めないことについての考えを紹介しています。

【プカンバル】Whiz Hotel(ウィズホテル)は1泊2,000円台で泊まれる快適なホテルだよ

インドネシアのプカンバルにあるWhiz Hotel(ウィズ ホテル)を紹介しています。小ぎれいにまとまった清潔感のあるホテルで快適に滞在できました。プカンバルでは高い建物なのでホテルからの眺めは最高。街中にあるのでとても便利なホテルですよ。

【プカンバル観光】在住者におすすめスポットを教えてもらったよ

インドネシアのプカンバルにある観光名所やおすすめのおいしいお店を在住者におしえてもらいました。イスラム教のインドネシアでビールが飲めるお店や、エメラルドグリーンに輝く美しいモスクなどを紹介しています。

カンボジアでタクシー配車アプリ「Grab(グラブ)」を使う方法を徹底解説

カンボジアで簡単にタクシーやトゥクトゥクが呼べるアプリ「Grab(グラブ)」の使い方を詳しく写真付きで紹介しています。アプリのインストールから、実際にアプリを使ってタクシーを呼び、目的地で降車するまで細かく紹介。現金以外でクレジットカード決済の方法も書いています。