小笠原の青い海と白いビーチを見下ろす絶景「中山峠」は絶対外せない名所!

スポンサーリンク
中山峠国内旅行
スポンサーリンク

小笠原の父島にある小港海岸に行ってきました。

目の前に広がる青い海と空、緑の木々がめちゃくちゃ美しいんです。

小港海岸

ビーチでこの光景に感動していると、ふと隣にある山の上に目が。

その山の上には何か人工物。そしてそこを歩く人の姿を見つけてしまいました。

小港海岸から中山峠を見上げる

レイ

行きたい!!

ぼくの心は山の上へ。

このページでは、この山(というか峠)「中山峠」を紹介しますね。

小笠原に行ったら絶対に行ってほしい、絶景が見られる場所なんです。

スポンサーリンク

中山峠への行き方

中山峠へは町中から村営バスに乗って終点の「小港海岸」で降ります。

小港海岸バス停

村営バスはだいたい1時間に1本走っていて、料金は200円。

詳しい時刻表や料金は公式サイトで確認してください。

バスで移動すると時間のロスも多いので、バイクや電動アシスト自転車を借りて島をまわる人も多いです。

その場合には、バス停のすぐそばにある駐輪場にバイクや自転車を止めましょう。

小港海岸の駐輪場

中山峠へは歩いて山を登っていきますよ。

ちなみに途中には飲み物などを売っている場所はないので、町中で水分補給のドリンクは買って行ってください。

結構歩くんで絶対に喉がかわきます!

バス停を降りるとすぐ道が2つに分かれるんですけど、まっすぐ行くと「小港海岸」です。

「中山峠」へは左の方へ進んでいってください。

歩き始める前には、行き先に応じて石を筒の中へ入れることになってます。案内板に書いてあるのに従って石を入れて出発!

中山峠・ブタ海岸方面の看板

山道をひたすら登って山の上へ

中山峠への道はいきなりこんな感じ。

中山峠へと上がる道

めちゃくちゃ森の中を進んで行くんですよ。

ちょっと進むと目の前に橋が現れました。これを渡ります。

橋を渡ると山道になる

橋からの眺め。川が海に流れ込んでますね。すごくのんびりとした感じで素敵。

川が海へ流れ込む場所

橋を渡ると、ここからは階段が延々と続きます。

中山峠へと上がる道

はじめは足取りも軽く上っていくんですけど、結構すぐバテました。

だんだんと足取りも重くなって、息も上がってきましたね。

レイ

ハアハア……結構キツイ

小笠原村の観光サイトでは徒歩18分となっていますが、体感としてはもっと長いように感じましたね。

なんせずっと上りなんでキツイ。

でも、ところどころにご褒美の景色が待ってるんです。

木がうっそうと茂る道から、突然視界が開ける場所があるんですよ。

そして目の前には青い海が!

山道の途中からも絶景が眺められる

この景色を見ると、一瞬だけど疲れも忘れてがんばれそうな気がしてきました。

途中にはあと○キロっていう看板のあるので、だんだんと近づいてくるゴールにワクワクしてきます。

中山峠への案内板

ほとんどが上り坂。ゴール目指してがんばって歩きます。

中山峠へと上がる道

場所によっては階段じゃなくて坂道になってるところも。

中山峠へと上がる道

雨も降ったり止んだりだったんで、ぬかるんだ場所もあってちょっと怖かったですね。

そしてついに一番上までやってきました!

中山峠の上は岩がむき出しになっている

山の上からの絶景

やっと頂上に到着!

喜んだのも一瞬で、ぼくに襲ってきたのは猛烈な風

台風でも来たのかっていうくらいの風が顔を打ちつけ、その場に座り込んでしまいました。

レイ

こ、こわい

立ってるが本当に恐ろしかったんです。

だってこの岩のまわりには何にもないんですよ。

風に負けて転けたら最後。崖の下にコロコロコロ……

命の危険をマジで感じました。

疲れ切ってます……

中山峠で撮った写真

ここで死ぬわけにはいかないので、必死で這いつくばってちょっと広い場所へ。

平らな場所に行ってはじめて立ち上がれました。

中山峠の上にあるベンチ

とは言え、風は容赦なく吹きつけてくるんですよね。

これが大海の真ん中にぽつんとある海洋島なんだと、身をもって感じた瞬間です。

でも、景色はあり得ないくらい素晴らしくて感動しちゃいました!

海の色がヤバイ。めちゃくちゃきれいで山道の疲れ、岩場の恐怖も吹き飛んだ瞬間です。

中山峠

さっきまでいた小港海岸があんなに小さく見えます!

中山峠から見下ろす絶景

あまりにも美しい景色だったんで、帰らずずっとここにいたい。

そんな気分になりました。

これは余談ですが、恐怖の岩場は他の人にとってはなんてことないようです。

後からご年配の方々が上がってこられたんですけど、普通に岩場に立っておられたので。

レイ

自分が惨めになってきた……

反対側は「ブタ海岸」

山の上から景色を見る目的は達成したので、このまま引き返しても良かったんですが欲が出てきました。

この道はまだまだ続くんです。

反対側に見えるのは「ブタ海岸」。

中山峠からブタ海岸を見る

ブタ海岸のお話しは「小港海岸から峠を越えて静かな「ブタ海岸」へ」を読んでください。

さいごに

ぼくの友だちは小港海岸で遊ぶつもりでサンダルで来たんですが、中山峠に行くなら絶対に靴を履いていきましょう。

階段や坂道、足下の悪い場所が多いからサンダルだとめちゃくちゃ辛いです。

もう一つ大事なのは飲み物。

結構体力を使って喉も乾くんで、ペットボトルなどを持っていくと安心ですよ。

本当に飲み物を買う場所はありません!

ここからはおまけです。

小笠原のおすすめは?

小笠原のおすすめをいろいろと紹介しますね。

小笠原旅行について

小笠原旅行全般についてはこちら。

【父島】板長の戦跡ツアー

戦跡ガイド一筋の板長が戦争時代の実体験なども交えながら、ジャングルの奥へ入っていろんな戦跡を案内してくれます。

【父島】Fu Rin Sanpoのナイトツアー

小笠原にしかいないオガサワラオオコウモウリや光るキノコ・グリーンぺぺなどを見るナイトツアー。

【父島】C TRIPのイルカウォッチングとシュノーケリング

小さなボートで父島やその周辺の島をまわってシュノーケリングやイルカを見ました。

風邪が強いと結構揺れて大変だけど、目の前にイルカが現れた時の感動はすごかった!

【父島】美しいビーチを堪能する

父島の美しいビーチといえば小港海岸コペペ海岸

2つのビーチを見下ろす絶景が最高な中山峠などは必見ですよ。

【父島】海に沈む最高の夕日が見られる「ウェザーステーション展望台」

ウェザーステーション展望台からの夕日は本当に最高でした。時期によってはクジラも見られます。

ウェザーステーション展望台と一緒に見てほしいのが「三日月山展望台」です。

ウェザーステーション展望台からは歩いて山道を歩いて行くんですが、展望台から見下ろす港や町の景色は最高!

【母島】ロース記念館で母島の暮らしを知る

ロース記念館は母島で取れる石「ロース石」や、島の暮らしについての資料が展示してある資料館。

小さい資料館だけど結構見応えありました。

【母島】鮫ヶ﨑展望台から美しい青い海を眺める

さくっと上れる鮫ヶ﨑展望台は、気軽に美しい海が楽しめる展望台。

目の前に広がる海が美しすぎてしばらく見とれてしまいました。

【母島】静沢の森遊歩道でたくさんの戦跡と絶景を見る

静沢の森遊歩道は遊歩道だけど、結構木々の生い茂った中を歩いて行く遊歩道。

途中には砲台や弾薬庫などの戦跡もたくさんありました。

遺跡好きにはたまらないと思います。

サンセットシアターではみごとな景色も楽しめますよ。

【母島】脇浜なぎさ公園は美しすぎるビーチが目の前に広がる

脇浜なぎさ公園はあまりにも美しすぎるエメラルドグリーンの海が目の前に広がる公園。

あまりにも美しすぎて時が経つのも忘れてしまうほど。

タイトルとURLをコピーしました