【カンボジア旅行】計画からビザ・航空券やホテル予約までやること全部徹底解説

こんにちは、毎年カンボジアに行くレイです。

これまで何度もカンボジアに旅行したぼくが、カンボジア旅行の計画・準備について紹介します。

カンボジア旅行のベストシーズンは12〜2月

カンボジア旅行のベストシーズンはいつか?

それはずばり12月〜2月です。

この時期のカンボジアは乾期で雨はほとんど降りません。

さらに気温も低いので観光にはうってつけ。

12月〜2月にかけてカンボジアの気温はぐっと下がります。

特に朝と晩には20度を下回ることもあるくらいで、本当に気持ち良く過ごせるんです。

12月〜2月の気温と雨の量はこんな感じです。ちょっと古いデータですが載せておきます。

2015年プノンペンの平均気温と降水量
年月平均気温(℃)降水量(mm)
2015年1月25.63
2015年2月26.90
2015年3月29.33
2015年4月30.0124
中略
2015年11月28.692
2015年12月27.813

12〜2月の3ヶ月間は雨はほとんど降らず、気温もそれほど高くならないのでとても過ごしやすいんです。

アンコールワットなどの遺跡は屋外にあるので、過ごしやすい気温だと快適に観光できますよね。

そして、この時期がベストシーズンだと言うもう一つの理由は緑が多いからです。

雨期が明けたばかりのカンボジアは大地が緑で覆われていて、とっても美しい!

緑に覆われた遺跡

緑の中の遺跡

3〜5月の乾期の後半になってくると、草などは枯れてしまって茶色の風景に変わってしまいます。

さらに悪いことに、めちゃくちゃ暑いのでとても外にいたくありません。

というわけで、アンコールワットに行くなら絶対に12月〜2月がおすすめです!

逆にこの時期は避けた方が良いっていう時期もあります。

  • 雨期:5月〜10月頃
  • 猛暑:3月〜5月頃

雨期の後半(8月〜10月)頃は特に雨の量が多くて、アンコールワットのあるシェムリアップの街中が洪水になることもあるので避けた方がいいですね。

こんな感じで洪水になります。

普段はこの場所は国道なんですが、雨のせいで溢れかえってしまいました。

雨の降らない乾期でも、3月〜5月頃はとんでもなく暑いんですよ。

朝の早い時間帯ですら、太陽は刺すように照りつけます。

レイ

雨期と猛暑を避けると、ほどんどおすすめの時期がなくなってしまいますね…

カンボジアに行く時期を決めたら、ここからは具体的な計画を立てていきましょう。

カンボジアの観光地

カンボジアといえばアンコールワットが有名ですが、他にもいろんな見どころがたくさんあります。

アンコールワット

アンコールワットのあるシェムリアップ、首都のプノンペンは多くの人が訪れますが、時間があれば地方の町も巡ってみてください。

それぞれ個性的でたのしい場所ばかりですよ。

カンボジアの観光地を見る

パスポートを取得する

カンボジアに限らず、海外に行くなら絶対にパスポートは必要です。

カンボジア入国のために必要なパスポートは有効期間がカンボジア入国日より6ヶ月以上残存している必要があります。

パスポートは各都道府県にあるパスポートセンターで申請してください。

申請してから受け取るまで1週間くらいかかるので時間に余裕をもって申請してくださいね。

値段はパスポートの種類によって次のようになっています。

  • 10年間有効:16,000円
  • 5年間有効(12歳以上):11,000円
  • 5年間有効(12歳未満):6,000円

パスポート取得手続きはついて詳しくは「パスポートの申請から受領まで(初めてパスポートを申請するとき等の例) | 外務省 」を確認してください。

カンボジアのビザを取得する

カンボジアに行くにはパスポートの他にもビザが必要です。

ビザの取り方はいろいろとあります。

  • ネットで取得する「e-Visa」
  • 空港で取得する「アライバルビザ」
  • 大使館で取得する「数次ビザ」
  • 旅行会社で手配してビザを取る

1〜3番目までは自分で申請してビザを取る方法です。

4番目は旅行会社などに依頼してビザを取ってもらう方法。

旅行会社に依頼するとかなり割高になってしまうので、自分でビザを取るのをオススメします。

ここでは3つの方法について紹介しますね。

【1】ネットで取得する「e-Visa」

インターネットで申請できるビザです。

すべての手続きがオンラインでできるので本当に便利なんですよ。

ぼくは最近e-Visaしか使わなくなりました。

e-Visaのメリットはこの3つ。

  • 手続きがすべてオンライン(パソコン・スマホ)でできる
  • 申請後3日程度でビザを受け取れる
  • 受け取ったビザは自分の家で印刷すればOK

e-Visaはパソコンからの申請、スマホアプリからの申請の2通りが選べます。

詳しいやり方はこちらで紹介してるので参考にしてください。

【2】空港で取得する「アライバルビザ」

カンボジアに到着後、入国審査前にビザを取る方法です。

正直言ってこれはあまりメリットを感じませんね。

おすすめしない理由はこの2つです。

  • 申請に時間がかかる
  • 日本出国時にいろいろ言われる

いきなり言いますが、時間がかかるので止めた方がいいです。

飛行機が着いた後、ビザカウンターに行ってビザの申請をします。

申請書を記入しないといけないし、人が多いとめちゃくちゃ待たされます。

日本でビザを取ってたら、空港到着後にこんな面倒なことをしなくて済むんです。

そしてもう一つのやっかいごとは日本出国時です。

チェックインの時、カンボジアのビザを持っていないと係の人にいろいろと聞かれてもう大変。

以前は、いろんな部署に電話確認いないといけないと言われてめちゃくちゃ時間がかかりました。

アライバルビザはおすすめしませんが、どうしてもという時のために申請に必要なものを挙げておきますね。

  • 記入済みビザの申請書
  • 入国時点で残期間が6ヶ月以上あるパスポート
  • 最近撮ったパスポートサイズ(2インチ×2インチ)の写真。2インチは約5.08センチ
  • 35ドル

【3】カンボジア大使館で取得する「数次ビザ」

何度もカンボジアに行くなら数次ビザを取っておくと時間とお金の節約になります。

カンボジアの数次ビザ

数次ビザ

e-Visaはシングルエントリータイプなので、1度カンボジアに入国したらそれでおしまい。

一度カンボジアから出国して再入国する時には、もう一度ビザを取り直さないといけません。

一方、数次ビザはその期間内なら何度でも入出国できます(1回の滞在は30日以内)

カンボジアに頻繁に行くなら数次ビザを取るとお金と時間の節約になります。

航空券を予約・購入する

カンボジアへ行く飛行機のチケットをとる方法はいろいろあります。

旅行慣れしているならネットで格安チケットを予約するのがお得。

まだ慣れてない場合や、自分で手配するのが面倒なら旅行会社のツアーがいいでしょう。

お得に航空券を購入するならネット予約

旅行に慣れているなら、ネットを使って自分で航空券を購入するのが一番お得です。

ぼくはいつも「スカイスキャナー」を使ってお得な航空券を探しています。

出発地と目的地、期間を入力すると安い航空券が簡単に探せるんでとても便利です。

いろんな予約サイトや航空会社の航空券を比較できるんで、一番安い航空券をすぐに探せるのはいいですね。

スカイスキャナーの検索画面

スカイスキャナーの検索画面

航空券のチェックはこちらからどうぞ。

航空券と一緒に海外旅行保険に入るなら「エアトリ」が便利。

よく利用しているサービスで、安い航空券が多いです。

到着する空港と帰国する時の空港が違う航空券も予約できるので、色々な街を回る時にも便利。

だからこんな感じでカンボジアを回るチケットも買えるんです。

日本

シェムリアップ(アンコールワット)

プノンペン

日本

さらに360日先の航空券まで予約できるので、はやくチケットをおさえておきたいって場合にもおすすめです。

日本のサービスなので全部日本語で手続きできます。

もちろん保険だって日本の保険なので、現地で病気になった時も全部日本語で対応してもらえて助かりました。

ツアーなら航空券の予約からホテルまですべてやってくれるので楽!

自分で航空券を予約するのが面倒なら、ぜんぶ旅行会社がやってくれるツアーに申し込むと安心です。

ぼく自身、はじめての海外旅行はツアーで行きました。

初めての海外旅行は何も分からず不安です。

迷子になったらどうしよう、めちゃくちゃ危険なところに連れて行かれたらどうしよう。

そんなことで頭がいっぱいになったら、せっかくの旅行が台無しですよ。

旅行会社のツアーなら航空券の手配からホテル、現地ツアーまでいろいろと準備してくれるので本当に安心です。

ツアーを利用するメリットを挙げておきましょう。

ツアーのメリット
  • 面倒な航空券やホテルの手配をやらなくてもいい
  • カンボジアに着いてからもスタッフがいるので迷わない
  • 日本語が通じるので安心
  • アンコールワットなど有名な遺跡を効率よく回れる

空港に着いたらお迎えが来てくれているので、カンボジアに到着した後にもまったく困りません。

空港の出口で自分の名前が書かれた紙を持って待ってくれてる安心感と言ったら…

初めて行く国は不安なことも多いので、最初はツアーを利用するのがオススメです。

海外旅行といえばHISですね。

エアトリはツアーも選べます。

いちおうツアーのデメリットも紹介しておきます。

旅慣れてくるとツアーを利用しなくなるのはこうした理由が多いです。

ツアーのデメリット
  • 予定がきっちりと決められているので自由があまりきかない
  • 一つ一つの遺跡をじっくりと観光できない

ツアーはある程度時間が決められているので、自由に行動できる範囲が限られてくるんです。

好きなところに好きなだけ行きたいなら、航空券だけとって現地のツアーを利用するのもいいかも知れません。

カンボジアの観光

カンボジアの観光はガイドつきが一番いいと思います。

特にアンコールワットなどの遺跡はガイドさんの説明を聞くと圧倒的に楽しめるからです。

カンボジアの観光地はこちらで紹介してます。

カンボジアの観光地

観光の仕方についてはいろんな方法があるので紹介しますね。

日本からのツアーなら旅行会社におまかせでOK

旅行会社のツアーでカンボジアに行くなら、メインとなる場所にはガイドさんがついています。

日本語でしっかりと説明してくれるので、ついて行くだけで大丈夫ですよ。

現地のツアーを利用する

日本の旅行会社で提供されている全部ひっくるめたツアーではなくて、現地の旅行会社で必要な分だけツアーを利用する方法です。

これならある程度自由がきくので、いろんなプランを立てられます。

たとえばこんな感じ。

現地ツアーを利用した旅行プラン
  • 1日目:昼間は現地ツアーでアンコールワットなどを鑑賞。夜は自由行動
  • 2日目:1日自由行動
  • 3日目:現地ツアーで1日かけて世界遺産のプレアヴィヒアへ

ガチガチのツアーだと、行きたくないレストランやお土産屋に連れて行かれたりすることがありますよね。

現地ツアーは目的がはっきりしているので、余計な場所に連れて行かれて時間を無駄にすることも少ないのでおすすめです。

アンコールワットのあるシェムリアップや、首都のプノンペンは日本語ができるガイドもたくさんいるで安心。

ぼくも実際に日本語ガイドをお願いしたことがありますが、とても良かったです。

ガイドブックだけではわからない、マニアックなポイントなんかも教えてくれました。

マニアックなポイントを説明してくれるガイド

このガイドさんはシェムリアップのツアー会社「Happy Smile Tour」の方でした。

HAPPY SMILE TOUR

Twitterを使って日本語でいろんな情報を発信してくれてる、トゥクトゥクドライバーのリックさんのガイドもありますね。

アンコールワットドライバー リック | 予約システム「Coubic (クービック)」

日本であらかじめ現地ツアーの予約もできます。

VELTRA(ベルトラ)は現地オプショナルツアーの予約サイトで、アンコールワットや天空の遺跡といわれるプレアヴィヒア寺院などいろんな遺跡をめぐるツアーがたくさん用意されています。

個人手配ではなかなか1日ではまわれないほどの遺跡を効率的にまわれるのは魅力的。

自分の足で見てまわる

一番自由に行動できるのがこれ。

お金も一番節約できますが、やっぱり遺跡などの観光はプロのガイドさんに案内してもらう方がいいなって思っちゃいます。

個人でまわる時には遺跡から遺跡への移動にもお金がかかったり、なかなか効率よくまわれないこともあるので事前にしっかりと準備をしておくのが大事です!

ガイドブックは必携。

現地の人とコミュニケーションを取らないといけないこともあるので、少しはカンボジア語を覚えておいた方が楽しめます。

絵がたくさん描かれていて、カンボジア語の文字つきなんで相手に伝わりやすいです。

カンボジアの旅行観光情報をまとめてるんで参考にしてみてください。

カンボジアの観光情報を見る

ホテルを予約する

アンコールワットのあるシェムリアップ、首都のプノンペンは大きな街なので膨大な数のホテルがあります。

シェムリアップだとパブストリートやナイトマーケットのある繁華街の近くには庶民的なホテル、ちょっと郊外には高級ホテルがありますよ。

日本からツアーで行く場合にはあらかじめツアー会社がホテルをおさえてくれてます。

自分で航空券を予約していく場合には自分でホテルも予約しないといけません。

ホテルの予約はネット予約がお得でおすすめです。

いろんなホテルを比較できるので、ロケーションや予算にあったホテルが選べます。

ぼくはいつもagoda(アゴダ)でホテルを予約しています。

エアトリなら航空券とホテルを一緒に予約にすると、最大でホテル代が無料になってしまいます。

シェムリアップやプノンペンのおすすめホテルはこちらで紹介しています。

カンボジア旅行に必要なものは?

カンボジア旅行に必要なものを紹介しています。

シェムリアップやプノンペンにはたくさんの店があるので、日用品は現地で調達できます。

LCCを利用する時など、荷物に余裕がない場合には本当に必要なものだけを持って行きましょう。

カンボジア旅行の持ち物はこちらで紹介しています。

LCCを利用する時には持ち物は厳選しましょう。7kgで収まる持ち物紹介はこちら。

カンボジアへ出発!日本から出国する手順は?

すべて用意が整ったらカンボジアへ出発するのを待つばかり。

日本の空港から出国してカンボジアへ行く方法について簡単に紹介します。

日本を出国する手順

日本からカンボジアへ行く時には、空港には遅くとも飛行機の出発2時間前には到着しておくと安心です。

うまくいくと1時間もかからずに搭乗ゲートまで行けるかも知れませんが、年末年始やお盆、GWなど混雑する時期にはチェックインするだけでも1時間近く待たされることも。

とにかく時間には余裕を持って空港に着くようにしたいですね。

出国の手順は関西国際空港を例に紹介しています。

他の空港でも出向の方法はそれほど変わらないので、参考にしてみてくださいね。

まとめ

このページでは、カンボジア旅行について準備から日本出国まで紹介しました。

手順をもう一度ざっとまとめておきますね。

  1. いつどこに行くか決める
  2. パスポートを取る
  3. ビザを取る
  4. 航空券を予約
  5. ツアーの予約
  6. ホテルの予約
  7. 持ち物を準備
  8. カンボジアへ出発

カンボジア・アンコールワット観光のベストシーズンは11月〜1月頃。

カンボジアの観光地はこちら

ビザは家で取れるe-Visaがおすすめです。

はじめてのカンボジア旅行なら旅行会社のツアーが便利で安心。

自由な旅行がいいなら自分で航空券を予約すると節約できます。

現地ツアーは日本から予約できますよ。

ホテルの予約はネットがお得です。

カンボジア旅行の持ち物はこちらをチェック!

【持ち物リスト】毎年カンボジア旅行に行く人間が持って行くものを厳選紹介するよ

【バックパッカー向け】カンボジア旅行の荷物を厳選紹介

それではよい旅を!