和菓子

日本にはおいしい和菓子がたくさん。

ぼくはケーキなどの洋菓子より和菓子の方が好きでよく食べるんです。

このページではいろんな和菓子を紹介していきます。

主な和菓子は次のページで詳しく紹介しているので見てください。

スポンサーリンク
和菓子

たねや「菱はなびら」は鮮やかな深紅の餅が美しい新春のお菓子

京都を中心にお正月のおめでたいお菓子として食べられている「花びら餅」は、お餅の中に赤いお餅、白みそ、ごぼうを包んだお菓子です。全国的に有名な和菓子屋「たねや」でも花びら餅「菱はなびら」が販売されていました。正月のわずかな期間しか食べられない貴重なお餅です。
和菓子

「埋れ木 御濃茶」は強い苦みの抹茶と上品なこしあんが最高の彦根の銘菓

滋賀・彦根の銘菓「埋れ木」の季節限定品「埋れ木 御濃茶」は、埋れ木よりもっとぜいたくに抹茶を使った和菓子です。ていねいに炊いた手亡豆をつかったこしあんを薄い求肥で包み、抹茶と和三盆糖でまわりを包み混んでいます。彦根藩主・井伊直弼の「埋木舎」からその名を取ったお菓子です。
和菓子

「ひこどら」はひこにゃんの焼印がかわいいどら焼き

彦根のイメージキャラクター「ひこにゃん」の焼印が押されたかわいらしいどら焼き「ひこどら」を紹介します。手がけるのはどら焼き専門店・虎てつ。北海道産の小豆で作ったつぶあんをハチミツたっぷりのふわふわの生地ではさんでます。
和菓子

【たねや】水無月はもっちり柔らかで特大サイズで大満足!

滋賀県の和菓子屋・たねやが手がける水無月を紹介します。葛を使ったもっちり柔らかな生地にたっぷりの大粒小豆が散りばめられています。1個がとても大きくて食べ応え満点。半分に切って食べるとちょうどいい大きさになりますよ。値段も手頃で満足の一品です。
和菓子

【仙太郎】小豆たっぷり3種類の水無月が楽しめる

京都の和菓子店・仙太郎のみなづきは3種類。どれもたっぷりの小豆がのった食べ応え満点のみなづきです。「白」「抹茶」「黒」といろんな味が楽しめますよ。もっちりとした弾力のあるういろう生地なのでずっしりとお腹にたまります。
和菓子

【末富】葛を使った水無月は6月30日しか購入できない極上の一品

京都の老舗和菓子司・末富が手がける水無月は葛を使った珍しい水無月です。透きとおるような美しい水無月には大粒の小豆が散りばめられています。ぷるんとした食感と葛の独特の風味が特徴で、一度食べると水無月のイメージが覆ります。
和菓子

「叶 匠壽庵 あも」は大納言・とろけるお餅がおいしすぎる和菓子だよ

叶 匠壽庵を代表する銘菓「あも」は、春日大納言を手炊きで作ったあんで、とろけるような柔らかさのお餅を包んでいます。一度食べるとそのおいしさに驚き、何度でも食べたくなる和菓子です。季節によっていろいろな味が楽しめるのも魅力です。
八ツ橋

夕子(京都祇園抹茶チョコレート)は濃厚かつ力強い抹茶の香りと苦みがおいしい生八ツ橋

祇園にある二つの老舗、井筒八ッ橋本舗と祇園辻利がコラボした生八ツ橋。石臼挽きの抹茶を使った抹茶チョコレートをはさんだ香り豊かな生八ツ橋です。ねっとりとした食感のぜいたくな抹茶チョコレートがおいしい!JR西日本おみやげ店10店舗だけの限定商品。
だんご

「元祖きびだんご」はとろっと口の中でとろけるおいしいきびだんご

「元祖きびだんご」は桃太郎のイラストが描かれた、廣榮堂を代表するするきびだんご。口の中でとろけるような食感が楽しめます。個包装も選べるのでばらまきようのお土産にもぴったりです。
だんご

「元祖 マスカットきびだんご」爽やかとろ〜りマスカット果蜜がおいしいよ

「元祖 マスカットきびだんご」は岡山名物のきびだんごとマスカットを使った爽やかなきびだんごです。きびだんごの中にはとろ〜りマスカット果蜜が入っています。2個ずつ包装されているのでいつでもおいしくいただけるのが嬉しいですね。
だんご

「昔ながらのきびだんご」はきび粉100%使用の素朴なおいしさがたまらない

中山昇陽堂が手がける「昔ながらのきびだんご」はきび粉を100%使用した懐かしい味わいのきびだんごです。ほどよい甘さのきびだんごは飽きがこないおいしさです。シンプルなきびだんごを食べたい人におすすめ。
八ツ橋

生八ッ橋(黒糖)は濃厚な黒糖のコクがクセになる!

聖護院八ッ橋総本店が手がける生八ツ橋「生八ッ橋(黒糖)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。珍しい黒糖を使った生八ッ橋です。一口食べると口の中に広がるガツンとした黒糖のコクがおいしいですよ。
八ツ橋

あんなま 冬の三色は「黒豆」の生八ツ橋が必食だよ

本家西尾八ッ橋が手がける生八ツ橋「あんなま 冬の三色」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。個包装されたニッキ、抹茶、黒豆の3種類が楽しめる生八ツ橋。これでしか食べられない黒豆の生八ツ橋は必食ですよ。お正月以外の冬に購入できます。
八ツ橋

とろける濃厚な抹茶チョコがおいしい「抹茶ショコラのおたべ」

こんにちは、100種類以上の八ツ橋を食べた八ツ橋マニアの
八ツ橋

なつかしさを感じるおいしい生八ツ橋「あんなま(チョコバナナ)」

本家西尾八ッ橋が手がける生八ツ橋「あんなま(チョコバナナ)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。濃厚で甘いバナナの香りがとてもおいしい洋風の生八ツ橋で、意外と歴史も長いんです。一口食べると口の中にガツンと広がるバナナの香りと甘み。一度食べると病みつきになります。
八ツ橋

あんなま(焼きいも)は焼くと絶品になる生八ツ橋だ

本家西尾八ッ橋が手がける生八ツ橋「あんなま(焼きいも)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。ほくほくの焼きいものような鮮やか黄色の生八ツ橋には、サツマイモをたっぷり使ったあんが入ってます。そのまま食べてもおいしいけど、おすすめはちょっと焼くこと。ほくほくで本物の焼きいもを食べているような気分になります。
八ツ橋

秋の味覚「栗」を使った「聖(くり)」はやさしくて繊細な生八ツ橋

京都の老舗八ツ橋「聖護院八ッ橋総本店」が手がける秋限定の「聖(くり)」の紹介です。京都らしくとっても繊細な味わいの生八ツ橋。さわやかな風味の生八ツ橋の皮で栗のあんを包んでます。あんには栗のつぶつぶもたっぷり。
八ツ橋

聖護院八ッ橋総本店「聖(ニッキ・抹茶)」は王道の生八ツ橋

聖護院八ッ橋総本店が手がける生八ツ橋「聖(ニッキ・抹茶)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。まさに生八ツ橋の王道ともいえるこの2種類は食べずに生八ツ橋は語れません。ニッキは爽やかな味わいが特徴。抹茶はつぶあんと食べると苦みを感じないので子どももおいしく食べられますよ。お土産にもぴったりです。
八ツ橋

ピンクのルビーショコラを使った「ルビーショコラのおたべ 」甘酸っぱいベリーがおいしい生八ツ橋だよ

美十が手がける生八ツ橋「ルビーショコラのおたべ」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。第4のチョコレートとして世に出たルビーチョコレートを使った生八ツ橋です。木イチゴの爽やかな酸味とチョコレートの濃厚なおいしさが一緒に味わえます。シンプルな生八ツ橋の皮との相性もお抜群ですよ。
八ツ橋

あんなま(かぼちゃ)は濃厚かぼちゃあんがめちゃくちゃおいしい!ハロウィンパーティーで一緒に食べよう

本家西尾八ッ橋が手がける生八ツ橋「あんなま(かぼちゃ)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。黄金色のかぼちゃあんが入った生八ツ橋は、とっても甘くておいしいかぼちゃ味。個包装でいつでも柔らかな生八ツ橋が食べられるのもうれしいです。10月限定商品ですよ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました