和菓子

日本にはたくさんのおいしい和菓子がありますよね。

ぼくはこんな四季を感じられる和菓子が大好きです。このページではこれまで食べたおいしい和菓子を紹介しています。

生八ツ橋

ぼくが一番好きな和菓子が京都銘菓として有名な生八ツ橋です。

生八ツ橋

柔らかい生八ツ橋はそのまま食べてもおいしいし、あんを包み込んだ生八ツ橋も膨大な種類が販売されていて個性的な味を楽しめます。

生八ツ橋については以下のページで詳しく紹介していてるんで、見てみてください。

桜餅

春になるとお店にずらっと並ぶのが桜餅。

桜餅

桜の香りはなんと心地いいんでしょうか。心が安まりますよね。

桜餅もぼくの大好物で、いろんなお店の桜餅を食べてきましたよ。

桜餅については「【随時更新】有名和菓子店の桜餅は本当に美味しいのか?有名店の桜餅を食べ比べてみた」で詳しく紹介しています。

桜餅が食べたいがために、桜餅を食べるためだけに東京にも行きました。
関東風桜餅の発祥の地・長命寺に桜餅を食べるためだけに行って来た
東京で関東風桜餅(長命寺)などを11個食べた結果、めまいの先に見えたもの

柏餅

桜餅の季節が終わるとすぐにやってくるのが柏餅。

柏餅

柏には子孫繁栄の意味があって縁起物なんです。

定番の白、よもぎをつかった緑の柏餅、味噌入りなどいろんな種類の柏餅が全国で販売されています。

柏餅については「端午の節句といえば柏餅。有名店の柏餅を食べ比べ」で紹介しています。

おすすめの生八ツ橋は?100種類以上食べたマニアが厳選したよ

これまで生八ツ橋を100種類以上食べてきたマニアがオススメの生八ツ橋を厳選しました。なかなか買えない珍しいものから、その季節にはぜひとも食べてほしいものまで幅広く集めました。

松月舞扇

大阪のお菓子屋・松月堂が手がける生八ツ橋「松月舞扇」はニッキと抹茶が楽しめるよ

大阪のお菓子屋メーカー・松月堂本舗が手がける生八ツ橋「松月舞扇」の紹介です。生八ツ橋の定番「ニッキ」と「抹茶」の2種類が楽しめます。ニッキ、抹茶とも粒あんを使った生八ツ橋で、強い甘さが特徴です。

はるおたべ

「はるおたべ」は桜餅を食べてるような気分にさせてくれる生八ツ橋

「おたべ」シリーズで有名な生八ツ橋メーカー・美十から販売されている春限定のおたべ「はるおたべ」の紹介です。「はるおたべ」には2種類の生八ツ橋(桜こしあん・桜餅風味)が入っています。特に「桜餅風味」は関西風桜餅の連想する粒々食感の餅米が入ったユニークな生八ツ橋なんです。

夕子(抹茶チョコレート)

夕子(抹茶チョコレート)は口の中でとろけて広がる抹茶がおいしいよ

八ツ橋の老舗・井筒八ッ橋本舗の夕子(抹茶チョコレート)の紹介です。少し固めの生八ツ橋の皮で宇治抹茶を混ぜ込んだホワイトチョコレートを包んでいます。口の中でとろけるチョコレートの滑らかな食感と宇治抹茶の苦みと香りがおいしい生八ツ橋です。

聖(櫻花)

聖(櫻花)は濃厚な甘さと桜の香りまみれになれる極上の生八ツ橋だよ

八ツ橋の老舗・聖護院八ッ橋総本店が手がける春限定の生八ツ橋「聖(櫻花)」の紹介です。生八ツ橋の皮、あんのどちらにも桜が使われています。一口食べると口いっぱいに広がる桜の風味が素晴らしい生八ツ橋。かなり甘いので苦めの日本茶と一緒にどうぞ。

聖護院八ッ橋総本店「聖(さくら)」

聖護院八ッ橋総本店の生八ツ橋「聖(さくら)」はニッキと桜が心地よい春の生八ツ橋だよ

八ツ橋の老舗・聖護院八ッ橋総本店が手がける春限定の生八ツ橋「聖(さくら)」の紹介です。にっきを使った生八ツ橋の皮で桜あんを包んだ春らしい生八ツ橋。にっきと桜の融合したあたらしいおいしさが楽しめますよ。かなり甘い生八ツ橋なので苦めの日本茶と一緒に食べるのがおすすめ。

聖護院八ッ橋総本店 生八ッ橋(さくら)

聖護院八ッ橋総本店「生八ッ橋(さくら)」は重厚な甘さと桜の香がおいしい生八ツ橋

聖護院八ッ橋総本店が手がける春限定の生八ツ橋「生八ッ橋(さくら)」の紹介です。鮮やかなピンク色の生八ッ橋にはたっぷりの桜葉が使われています。一口食べるとピリッとした塩気が。この塩気が生八ッ橋の甘さをさらに引き立て、桜の香りが口いっぱいに広がります。

むかし生八ッ橋

むかし生八ッ橋はニッキと白ごまを使った特別な生八ツ橋だよ

文化二年創業の老舗八ツ橋屋・井筒八ッ橋本舗が手がけるワンランク上の生八ツ橋「むかし生八ッ橋」の紹介です。天然ニッキと白胡麻を使った生八ツ橋で、より深い味わいが印象的な生八ツ橋。たっぷり56枚入っているので大満足の一品ですよ。

夕子(桜あんと緑茶あん)

春の訪れを感じる生八ツ橋「夕子(桜あんと緑茶あん)」

文化二年創業の老舗八ツ橋屋さん・井筒八ッ橋本舗が手がける春限定の生八ツ橋「夕子(桜あんと緑茶あん)」の紹介です。塩気と甘み、そして桜の香りが心地良い「夕子(桜あん)」。緑茶の爽やかな風味が特徴「夕子(緑茶あん)」は春を感じる生八ツ橋です。

ひなまつり夕子

「ひなまつり夕子」はフリーズドライの苺とチョコレートが楽しい子どもにぴったりな生八ツ橋

八ツ橋の老舗・井筒八ッ橋本舗からひなまつり限定で販売されている「ひなまつり夕子」の紹介です。フリーズドライ苺を使った「苺」とちょっぴり苦い「チョコレート」の2種類がセットになっています。ちいさな子どもにも喜ばれそうな味の生八ツ橋です。

nikinikiのヤツハシ・シリアル

nikiniki(ニキニキ)のヤツハシ・シリアル。八ツ橋のふわっとサクサク食感がおいしい新感覚のシリアルだよ

聖護院八ッ橋総本店の新ブランド「nikiniki(ニキニキ)」の八ツ橋を使ったシリアル「ヤツハシ・シリアル」の紹介です。サクサクの薄い八ツ橋にドライレーズンとドライバナナが入っていた新感覚のシリアルです。そのまま食べるのはもちろん、ミルクをかけたりアイスにトッピングしたりといろんな楽しみ方があります。

あんなま(さくら)

生八ツ橋「あんなま(さくら)」は桜のかすかな余韻が心地良い

京都銘菓の生八ツ橋。本家西尾八ッ橋が手がける春限定の桜を使った生八ツ橋「あんなま(さくら)」の紹介です。桜葉を練り込んだ生八ツ橋にはたっぷりのつぶあんが入っています。小豆のおいしさとやわらかな桜の風味がおいしい生八ツ橋は春には是非とも食べたい生八ツ橋ですよ。

あんなま(チョコレート)

やさしいチョコレートの生八ツ橋「あんなま チョコレート」は素朴な甘さでおいしいよ

京都銘菓「生八ツ橋」の老舗、本家西尾八ッ橋が手がけるチョコレートの生八ツ橋「あんなま(チョコレート)」の紹介です。ニッキを使わない素朴な生八ツ橋の中にはチョコレートを混ぜ込んだこしあんが入っています。ほんのりと優しい甘さが印象的な生八ツ橋ですよ。冬の寒い時期だけの限定販売です。

仙太郎の桜餅

仙太郎の桜餅を食べたよ!白い道明寺が印象的

京都の老舗和菓子屋「仙太郎」の桜餅を紹介しています。仙太郎の桜餅は白い道明寺を使った珍しいもの。道明寺を包む桜の葉も2枚使われています。道明寺は口の中でほどけるほど柔らかな食感。桜葉の塩気とこしあんのあまさがよく合うおいしい桜餅です。

あんなま ビターチョコゆず・オレンジ

ビターなチョコとフルートがおいしい生八ツ橋「あんなま ビターチョコゆず・オレンジ」

八ツ橋の老舗・本家西尾八ッ橋が手がけるビターチョコいオレンジとゆずを合わせた生八ツ橋の紹介です。ココアを使った生八ツ橋の皮にはフルーツが微かに香るチョコレートあんが入っています。オレンジとゆずの食べ比べてもしていますよ。

「博多通りもん」と「みるく饅頭月化粧」はどう違う?実際に食べ比べてみたよ

福岡名物の「博多通りもん」と大阪名物の「みるく饅頭月化粧」。このよく似た2つのお菓子を食べ比べてみました。一見ほとんど同じに見えたこのお菓子も実際に食べるとまったく味が違って驚きの連続。どちらも個性的なおいしさがあるので是非両方食べてみてほしいです。

あんなま(みかん)

爽やかな酸味がおいしい生八ツ橋「あんなま(みかん)」

八ツ橋の老舗・本家西尾八ッ橋の手がけるあん入り生八ッ橋「あんなま(みかん)」の紹介です。鮮やかなオレンジ色の生八ツ橋には甘酸っぱい餡がたっぷり。冬だけの特別な生八ツ橋を食べた感想を紹介しています。

夕子 こしあん

八ツ橋の老舗とkioskがコラボ!夕子(こしあん)はどんな生八ツ橋?

京都の老舗八ツ橋屋さんの井筒八ッ橋本舗とkioskがコラボした商品「夕子 こしあん」の紹介です。生八ツ橋の定番のニッキと抹茶が入っています。中に入っているのは珍しいこしあん。京都でしか買えない限定の生八ツ橋ですよ。

あんなま チョコミント

チョコミントが生八ツ橋になった!あんなま(チョコミント)を食べたよ

八ツ橋の老舗・本家西尾八ッ橋から2019年2月に新登場したあんいり生八ツ橋「あんなま チョコミント」の紹介です。うっすらと青い生八ツ橋はミントの清々しい風味と甘いチョコチップがおいしいです。食べた詳しい感想などを紹介しています。

冬おたべ 黒豆と栗きんとん

おせちを彷彿とさせる生八つ橋「冬おたべ 黒豆と栗きんとん」はどんな味?

美十から冬限定で販売されているおたべ(生八つ橋)「冬おたべ 黒豆と栗きんとん」の紹介です。おせちを彷彿とさせる黒豆と栗きんとんを優しい味わいの生八つ橋の皮で包んだ商品です。ねっとりと甘い黒豆、栗の塊の心地よい食感が印象的な2種類の生八つ橋が楽しめます。