【京都土産】春に購入できる生八ッ橋を徹底紹介

こんにちは、生八ッ橋が好きすぎて70種類以上食べてきたmoriです。

生八ッ橋の一般的なことについては「京都土産の定番「生八ツ橋」を80種類以上を定番から季節限定品まで徹底紹介 」で紹介しているのでご覧ください。

このページでは新春〜春にかけて販売される生八ッ橋を紹介していきます。

特に新春の生八ッ橋は販売期間がとても短いので、お店で見つけたら絶対に買うようにしています。

梅(西尾)【新春限定】

あんなま「梅」

新春にしか食べられない梅の生八ッ橋です。

フルーティーで甘い梅餡には梅の果肉も入っています。
とってもおいしい生八ッ橋ですよ。

一口食べて衝撃を受けたのを今でも鮮明に覚えています。

詳しくは↓の記事で詳しく紹介していますよ。

新春限定!あん入り生八ッ橋・あんなま「梅・うぐいす」は想像を超えるおいしさだった

うぐいす(西尾)【新春限定】

あんなま「うぐいす」

新春限定のうぐいす餡が入った生八ッ橋です。
豆の味がしっかりと味わえる絶品!

新春限定!あん入り生八ッ橋・あんなま「梅・うぐいす」は想像を超えるおいしさだった

さくら

さくら(西尾)

あんなま「桜」

春らしい生八ッ橋です。

淡いピンク色の生八ッ橋の皮。
その中は細かく刻んだ桜葉の塩漬けが練り込まれています。

中に入っているのはなめらかな舌触りの粒あん。

ほのかな桜の香りと粒あんがおいしい生八ッ橋です。

桜あん(井筒八ッ橋本舗)

夕子(さくら餡)

井筒八ッ橋本舗の「夕子(桜あん)」です。

桜色の生八ッ橋の中には、桜葉のこし餡が入っています。

濃厚な桜の香りが特徴で、桜の風味を存分に味わいたいならこれで決まり!

櫻花(聖護院八ッ橋総本店)

聖護院八ッ橋総本店「聖・櫻花」

鮮やかな桜色の生八ッ橋。
その中には桜葉がたっぷりと練り込まれています。

とにかく桜の香りがすばらしい生八ッ橋です。

中には白こし餡と桜葉を使った「桜餡」がたっぷり。
甘くてしっかりとした食べ応えのある生八ッ橋ですよ。

うまい!

桜フレーバーの生八ッ橋では、これが一番好きです。

桜こしあん(美十)

おたべ 桜こしあん

「はる おたべ さくらの生八つ橋」としてセット販売されているものの中の一つです。
関東風桜餅をイメージして作られています。

桜色の生八つ橋の中に、桜風味のこしあんがたっぷり。
食べていくうちに口の中に桜の香りがふわっと満たされていく、そんなおいしい八つ橋ですよ。

桜餅風味(美十)

おたべ 桜餅風味

「桜こしあん」とセットで「はる おたべ さくらの生八つ橋」に入っているもう一つの生八つ橋です。

こちらは関西風桜餅をイメージした生八つ橋です。

中には桜餅のような「桜餅餡」が入っているんです。
艶のある餅米はまるで桜餅の道明寺のよう。

もっちりとした食感がおいしい春の生八つ橋。

いちご

いちごの生八ッ橋はいろんなメーカーから発売されていますよ。

聖護院八ッ橋総本店のいちごは一年を通して購入できます。

あんなま「いちご」(西尾)

あんなま「いちご」

ピンク色のあっさりとした生八ッ橋の皮。
その中に入っているのは苺餡です。

酸味をほとんど感じない上品な餡には、苺の粒々が入っています。
粒々食感を楽しめるやさしいお味の生八ッ橋。

夕子「いちご」(井筒八ッ橋本舗)

夕子(いちご)

こちらもとても控えめないちごの生八ッ橋。

白餡の中に苺が入っているのですが、ほんのりと爽やかな苺の香りと酸味を感じます。
餡の中に見える苺の種は食感に変化を与えてくれます。

宇治(聖護院八ッ橋総本店)

生八ッ橋・宇治

これは聖護院八ッ橋総本店から販売されている生八ッ橋「聖」シリーズの春限定商品です。

生八ッ橋のど定番に「抹茶」がありますが、どこが違うのでしょうか?

「抹茶」は中に入っているのが粒あんなのに対して、「宇治」は抹茶餡が入ってます。

「宇治」は中に抹茶餡が入っている

皮も餡も抹茶。まさに抹茶づくしの八つ橋です。

緑茶(井筒八ッ橋本舗)

夕子 緑茶といちご

細かく挽いた茶葉を白あんに練り込んだ緑茶餡。
この緑茶餡を白い八ッ橋で包んでいます。

一口目からしっかりとした緑茶の香りがするのですが、食べていくにつれてだんだんと濃いお茶の味になっていきます。

餡に入っている茶葉のかすかな食感もいいですよ。

画像の赤い八ッ橋は「いちご」です。

蜜りんご(井筒八ッ橋本舗)【秋〜春限定】

夕子 蜜りんご

ニッキがほのかに利いた生八ッ橋の皮で、蜜りんごの餡を包んでいます。

一口食べると感じるりんごの爽やかさと甘さ。そしてニッキの爽やかさがクセになりそう。

置いている店が少ないそうで、井筒八ッ橋本舗本店や清水寺店などで購入できます。

まとめ

春に購入できる八ッ橋は大きく分けて2種類に分けられます。

  • 新春(お正月)
  • 桜の時期

特に新春の生八ッ橋は販売期間がとても短いものもあるので、購入する時にはしっかりと販売期間を確認するのをおすすめします。

また、数量限定のこともあるので可能なら予約をして購入するといいですよ。

桜の時期の生八ッ橋には、ゆたかな香りの桜フレーバーが多いです。

いろいろと食べ比べてお気に入りの一品を見つけるのも楽しみです。

生八ッ橋を網羅することを目標に書いているのが「京都土産の定番「生八ツ橋」を80種類以上を定番から季節限定品まで徹底紹介 」のページです。

ぜひ、お気に入りの生八ッ橋を見つけてみてください。