【京都土産】冬に購入できる生八ッ橋を徹底紹介

こんにちは、生八ッ橋が好きすぎて70種類以上食べてきたmoriです。

生八ッ橋の一般的なことについては「京都土産の定番「生八ツ橋」を80種類以上を定番から季節限定品まで徹底紹介 」で紹介しているのでご覧ください。

このページでは冬に販売される生八ッ橋を紹介していきます。

みかん(西尾)

あんなま「みかん」

鮮やかなオレンジ色をした生八ッ橋。

皮だけでなく、中に入っている餡もオレンジ色です。

皮はそれほどみかんの味がしないのですが、中に入っている餡を食べるとみかんの爽やかな味が口いっぱいに広がります。

フルーティーな生八ッ橋ですよ。

こたつに入って丸くなりながら食べたい生八ッ橋ですね。

みたらし(美十)

みたらしおたべ

みたらし団子と生八ッ橋の融合!
ふわっふわのとても柔らかな生八ッ橋です。

柚子(聖護院八ッ橋総本店)

聖「柚子」

柚子餡の入った生八ッ橋です。

餡には柚子の果肉も入っていて、柚子の素晴らしい香りが楽しめます。

さらに生八ッ橋の皮はニッキ味。
ニッキと柚子、2つの個性的な味を堪能できるお得な生八ッ橋です。

柚子とニッキはどちらも個性の強い香りが特徴。

この2つの香りが同時に味わえることに関しては、好き嫌いが分かれそうです。

ぼくは大好き!

ビターチョコ ゆず・オレンジ(西尾)

あんなま「ビターチョコ ゆず・オレンジ」

チョコレートを使った生八ッ橋の皮。
その中に入っているのは同じくチョコレート餡です。

あんなま「ビターチョコ ゆず・オレンジ」の中身

ちょっぴり苦みのあるビターチョコの中には、それぞれゆずピールとオレンジピールが練り込まれています。

爽やかなフルーツとコクのあるチョコレートが堪能できる生八ッ橋です。

焼きいも(西尾)

あんなま「焼きいも」
寒い冬には焼きいもが食べたくなりますよね。

生八ッ橋だって焼きいも味があるんです。

一口食べるとまるで本物の焼きいものような味わい。

寒い時期は特においしく感じるはず。
少し温めて食べるのもおすすめです。

チョコレート(西尾)

あんなま「チョコレート」

チョコレート味の八ッ橋です。
秋〜冬にかけての季節限定商品。

中に入っているのはチョコレートかと思いきや、チョコレート味のあんこ。

白あんにチョコレートを混ぜ込んでいるチョコレート餡です。

和と洋が混ざり合ったような感じで美味しいですよ。

まとめ

冬の生八ッ橋はやはり柚子でしょう。

ニッキと柚子を合わせた生八ッ橋、チョコレートと柚子の洋風な組み合わせの生八ッ橋も登場します。

寒い時期には焼きいもの生八ッ橋もおいしく感じますよ。

生八ッ橋を網羅することを目標に書いているのが「京都土産の定番「生八ツ橋」を80種類以上を定番から季節限定品まで徹底紹介 」のページです。

ぜひ、お気に入りの生八ッ橋を見つけてみてください。