【保存版】冬限定の生八ツ橋を徹底紹介!100種類食べたのでマニアがまとめたよ

こんにちは、生八ッ橋が好きすぎて100種類以上食べてきたレイです。

生八ッ橋の一般的なことについては「【保存版】生八ツ橋の種類を徹底紹介!100種類食べたのでマニアがまとめたよ」で紹介しているのでご覧ください。

このページでは冬に販売される生八ッ橋を紹介していきます。

みかん(西尾)

あんなま「みかん」

鮮やかなオレンジ色をした生八ッ橋。

皮だけでなく中に入っている餡もオレンジ色です。

皮はそれほどみかんの味がしないのですが、中に入っている餡を食べるとみかんの爽やかな味が口いっぱいに広がります。

フルーティーな生八ッ橋ですよ。

こたつに入って丸くなりながら食べたい生八ッ橋ですね。

みたらし(美十)

みたらしおたべ

みたらし団子と生八ッ橋の融合!

ふわっふわのとても柔らかな生八ッ橋です。

生八ッ橋を噛んだ瞬間にとろけでる餡がたまりません!

柚子

柚子(聖護院八ッ橋総本店)

聖「柚子」

柚子餡の入った生八ッ橋です。

餡には柚子の果肉も入っていて、柚子の素晴らしい香りが楽しめます。

さらに生八ッ橋の皮はニッキ味。

ニッキと柚子、2つの個性的な味を堪能できるお得な生八ッ橋です。

柚子とニッキはどちらも個性の強い香りが特徴。

この2つの香りが同時に味わえることに関しては、好き嫌いが分かれそうです。

ぼくは大好き!

夕子「柚子の香」(井筒八ッ橋本舗)

夕子(柚子の香)

柚子栽培の発祥の地として知られる京都の水尾。

ここでとれた柚子を100%使用した生八ッ橋です。

ニッキを使わない素朴な生八ッ橋で柚子あんを包み込んでいるんです。

大きな柚子の果皮の食感と香りは、一口食べただけで幸せな気持ちにさせてくれます。

聖護院八ッ橋総本店の「柚子」はニッキが使われていますが、この生八ッ橋は使っていません。

ニッキが苦手な人でもおいしく食べられるのが嬉しいですね。

ビターチョコ ゆず・オレンジ(西尾)

あんなま「ビターチョコ ゆず・オレンジ」

チョコレートを使った生八ッ橋の皮。

その中に入っているのは同じくチョコレート餡です。

あんなま「ビターチョコ ゆず・オレンジ」の中身

ちょっぴり苦みのあるビターチョコの中には、それぞれゆずピールとオレンジピールが練り込まれています。

爽やかなフルーツとコクのあるチョコレートが堪能できる生八ッ橋です。

ビターなチョコとフルートがおいしい生八ツ橋「あんなま ビターチョコゆず・オレンジ」

クリスマス限定あんなま ビターチョコ・いちご(西尾)

クリスマス限定あんなま ビターチョコ・いちご

クリスマスの限定の生八ッ橋です。

この商品には2つの生八ッ橋が入っています。

  • ビターチョコ
  • いちご

「いちご」は一年中買える商品なんですが、「ビターチョコ」はこのクリスマス限定のあんなまにしか入っていません。

チョコレートを使った茶色の生八ッ橋の中には、同じくチョコレートを練り込んだいんげん豆の餡が入っています。

いちごの鮮やかな赤とチョコレートはクリスマスケーキのようですね。

芋の生八ッ橋はメーカーによっては秋から引き続き販売されています。

焼きいも(西尾)

あんなま「焼きいも」
寒い冬には焼きいもが無性に食べたくなりますよね。

生八ッ橋だって焼きいも味があるんです。

一口食べるとまるで本物の焼きいものような甘くてねっとりとした味わい。

寒い時期は特においしく感じるはず。

少し温めて食べるのもおすすめです。

夕子「芋あん」(井筒八ツ橋本舗)

夕子「芋あん」

濃厚なさつまいも甘みが楽しめる生八ッ橋です。

焼きいもを食べているような感じにさせてくれますよ。

チョコレート

チョコレートを使った生八ッ橋は通年販売、期間限定とお店によって違います。

ここでは期間限定で販売されているチョコレートの生八ッ橋を紹介しますね。

通年商品は「【保存版】いつでも買える定番生八ツ橋を徹底紹介!100種類食べた八ツ橋マニアがまとめたよ」をご覧ください。

チョコレート(西尾)

あんなま「チョコレート」

チョコレート味の八ッ橋です。

秋〜春先にかけての季節限定商品。

中に入っているのはチョコレートかと思いきやチョコレート味のあんこ。

チョコレートがほんのり香る、なめらかな舌触りのあんが特徴です。

和と洋が混ざり合ったような感じで美味しいですよ。

ショコラのおたべ(美十)

ショコラのおたべ

ココアがたっぷりと入った生八ッ橋でチョコレートを包み込んだ、期間限定のおたべです。

10月10日から5月上旬まで限定で販売されていますよ。

抹茶チョコレート(井筒八ッ橋本舗)

夕子(抹茶チョコレート)

井筒八ッ橋本舗の生八ツ橋「夕子」シリーズには抹茶チョコレートもあります。

ニッキを使わない素朴な生八ツ橋で、苦みのしっかりとあるおいしい抹茶チョコレートを包んでます。

抹茶チョコレートは有名な宇治抹茶をホワイトチョコレートに混ぜたもの。

濃厚な抹茶の苦みと香りがクセになる生八ツ橋なんです。

夕子(抹茶チョコレート)は口の中でとろけて広がる抹茶がおいしいよ

黒豆(美十)

おたべ(黒豆)

冬おたべに「栗きんとん」とセットで入っている生八つ橋です。

黒豆の生八つ橋って珍しいですよね。

黒豆を使ったねっとりと濃厚な餡が中に入っています。

その味わいはまさにお正月に食べるあの黒豆のよう。

お正月の気分を味わえる生八つ橋です。

栗きんとん(美十)

おたべ(栗きんとん)

冬おたべに「黒豆」とセットで入っている生八つ橋です。

さつまいもと栗を一緒にあわせた栗きんとん。

おせち料理には欠かせませんよね。

そんなおいしい栗きんとんが生八つ橋になりました。

ねっとりと濃厚な栗きんとんは、おせちに入っているそのもの。

中には小さく砕いた栗も入っていて、食感も楽しいです。

まとめ

冬の生八ッ橋はやはり柚子でしょう。

ニッキと柚子を合わせた生八ッ橋、チョコレートと柚子の洋風な組み合わせの生八ッ橋も登場します。

寒い時期には焼きいもの生八ッ橋もおいしく感じますよ。

これまで食べてきたたくさんの生八ッ橋は「【保存版】生八ツ橋の種類を徹底紹介!100種類食べたのでマニアがまとめたよ」にまとめています。

ぜひ、お気に入りの生八ッ橋を見つけてみてくださいね。