八ツ橋

このページでは京都を代表する銘菓・八ツ橋を紹介しています。

ぼくはこれまで100種類以上の八ツ橋を食べてきた八ツ橋マニア。

八ツ橋が誕生したのははるか昔、江戸時代にまで遡ると言われています。

八ツ橋という名前の由来は諸説ありますが、この2つが有名です。

  • 琴の名手「八橋検校(やつはしけんぎょう)」
  • 伊勢物語「三河国八橋」

八橋検校が由来となっている八ツ橋屋さんは「聖護院八ッ橋総本店」や「井筒八ッ橋本舗」。

伊勢物語が由来となっているのは「本家西尾八ッ橋」です。

聖護院八ッ橋総本店、本家西尾八ッ橋は元禄二年(1689)、井筒八ッ橋本舗は文化二年(1805)創業の老舗なんですよ。

京都にはこれらの老舗の以外にもたくさんの八ツ橋屋さんがあります。

そんな京都を代表する銘菓「八ツ橋」をたっぷりと紹介しますよ!

いろんな八ツ橋を紹介

八ツ橋とひと言でいってもいろんな種類があります。まずは大きく分けてみましょう。

  • 八ツ橋
  • 生八ツ橋

八ツ橋

八ツ橋は丸みを帯びたお煎餅のようなもの。

ほとんどの八ツ橋にはニッキが入っていて、カリッと固めの食感とニッキの香りが特徴です。

むかしはニッキばかりだったんですが今はいろんな味が登場していますよ。

  • ニッキ
  • 抹茶
  • 黒ごま
  • バナナ
  • 黒糖
  • 珈琲
  • 胡麻
  • 生姜
  • ゆず

生八ツ橋

八ツ橋というと生八ツ橋の方が有名ですね。

生八ツ橋の種類は軽く100種類を超え、ぼくもいくつ種類があるのかよくわかりません。

これまで食べてきた生八ツ橋全種類をこちらにまとめてます。どんな生八ツ橋があるのか知りたい時はこちらをどうぞ!
【保存版】生八ツ橋の種類を徹底紹介!100種類食べたのでマニアがまとめたよ

たくさんある生八ツ橋の中からぼくが厳選した生八ツ橋を紹介しています。おいしい生八ツ橋を食べたい時はこちら。
おすすめの生八ツ橋は?100種類以上食べたマニアが厳選したよ

季節毎に販売されている生八ツ橋をまとめました。
100種類以上食べた八ツ橋マニアが季節の生八ツ橋を徹底紹介

あんなま(夏みかん)はどんな生八ツ橋?八ツ橋マニアが徹底紹介

本家西尾八ッ橋が手がける生八ツ橋「あんなま(夏みかん)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。夏限定の「あんなま(夏みかん)」は鮮やかなオレンジ色の爽やかな生八ツ橋。口の中に広がる甘いみかんがおいしいですよ。食べる前に少し冷やして食べるのがおすすめです。

聖(宇治)

聖「宇治」は皮もあんにも抹茶が入った抹茶好きにはぴったりの生八ツ橋

聖護院八ッ橋総本店が手がける生八ツ橋「聖(宇治)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。皮とあんにも抹茶を使った生八ツ橋で豊かなお茶の香りと苦みが楽しめます。春から初夏にかけての限定生八ツ橋です。

御殿八ッ橋本舗 生八ツ橋(抹茶)

御殿八ッ橋本舗「生八ツ橋(抹茶)」は分厚いけど優しい抹茶がおいしいよ。八ツ橋マニアが徹底紹介

御殿八ッ橋本舗が手がける「生八ツ橋(抹茶)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。びっくりするような分厚い生八ツ橋は食べ応え十分。見た目とは違うやさしい抹茶味の生八ツ橋ですよ。

御殿八ッ橋本舗 生八ツ橋(ニッキ)

御殿八ッ橋 生八ツ橋(ニッキ)は衝撃の分厚さ!八ツ橋マニアが徹底紹介

御殿八ッ橋本舗が手がける「生八ツ橋(ニッキ)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。この生八ツ橋の最大の特徴は厚さ。びっくりするような分厚い生八ツ橋で食べ応え満点ですよ!

あんなま(青りんご)

暑い時には甘酸っぱいりんごの八ツ橋を!「あんなま(青りんご)」を八ツ橋マニアが徹底紹介

本家西尾八ッ橋が手がける生八ツ橋「あんなま(青りんご)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。鮮やかな緑の生八ツ橋の中には、りんごの甘酸っぱいこしあんが入ってます。食べる前に少し冷やすとよりおいしく食べられますよ。

あんなま(ブルーベリー)

紫の生八ツ橋「あんなま(ブルーベリー)」は甘酸っぱくておいしいよ!八ツ橋マニアが徹底紹介

本家西尾八ッ橋が手がける生八ツ橋「あんなま(ブルーベリー)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。一見ぎょっとするような紫色の生八ツ橋は、ブルーベリーのフルーティーなこしあんがとても爽やかでおいしいです。

なつおたべ

わらび餅風味の生八つ橋「なつおたべ」はどんな生八ツ橋?八ツ橋マニアが徹底紹介

美十が手がける生八ツ橋「なつおたべ」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。わらび餅風味の生八つ橋はぷるんとした独特の食感が特徴。4つの味が楽しめますよ。食べる前には冷蔵庫で冷やして冷たい状態で召し上がれ。

あんなま(マンゴー)はとびきりフルーティーな南国薫る生八ツ橋

本家西尾八ッ橋が手がける生八ツ橋「あんなま(マンゴー)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。夏限定のマンゴーの生八ツ橋は一口食べると口の中にマンゴーの甘酸っぱさが広がります。もはや和の生八ツ橋とはまったく別のお菓子へと進化したおいしい洋の生八ツ橋です。

あんなま(ラムネ)はどんな生八ツ橋?八ツ橋マニアが徹底紹介

本家西尾八ッ橋が手がける生八ツ橋「あんなま(ラムネ)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。青い生八ツ橋はどんな味なのか不安になりますが、実際に食べるととても爽やか。夏の暑い時には冷たく冷やして食べるのがおすすめです。

令和生八ツ橋3種類を食べくらべしたので徹底紹介します

新元号・令和を記念して発売された3つの生八ツ橋「祝 元号あんなま 令和」「聖 令和」「夕子(令和)」を食べ比べして詳しく紹介しています。おおかたお正月に販売される紅白の生八ツ橋と同じですが、パッケージなどは新元号をお祝いする特別なものです。

聖(山椒)

聖(山椒)はどんな生八ツ橋?八ツ橋マニアが徹底紹介

聖護院八ッ橋総本店が手がける生八ツ橋「聖(山椒)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。使っている山椒は祇園の薬味で有名な原了郭のもの。ピリッと舌が軽くしびれる独特の味わいが特徴の生八ツ橋ですよ。

あんなま(抹茶・ニッキ)

あんなま(抹茶・ニッキ)はどんな生八ツ橋?八ツ橋マニアが徹底紹介

本家西尾八ッ橋が手がける生八ツ橋「あんなま(抹茶・ニッキ)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。抹茶の生八ツ橋は心地よい苦みがある抹茶の生八ツ橋でつぶあんを包んだもの。ニッキは爽やかな香りとつぶあんの甘さがよく合います。どちらも生八ツ橋の定番中の定番の味で、お土産にもピッタリです。

あんなま(レモン・紅茶)

あんなま(レモン・紅茶)はどんな生八ツ橋?八ツ橋マニアが徹底紹介

本家西尾八ッ橋が手がける生八ツ橋「あんなま(レモン・紅茶)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。鮮やかな黄色の生八ツ橋はレモンのさわやかな味わいが楽しめる爽快な生八ツ橋です。一方紅茶の生八ツ橋はアールグレイの上品な香りに心癒やされます。相性のいい2つの生八ツ橋が楽しめるお得なセットです。

つつみ生八ツ橋・去来花

つつみ生八ツ橋 去来花はどんな生八ツ橋?八ツ橋マニアが徹底紹介

京栄堂が手がける生八ツ橋を包んだお菓子「つつみ生八ツ橋・去来花」の紹介です。生八ツ橋を包んでいるのは三笠(どら焼き)の生地。その生地の中に生八ツ橋とつぶあんが入っています。しっかりとした歯ごたえのある生八ツ橋が特徴ですよ。ボリュームがあるので1個食べるとおなかいっぱいになります。

聖(苺ショコラ)

聖(苺ショコラ)はどんな生八ツ橋?八ツ橋マニアが徹底紹介

聖護院八ッ橋総本店が手がける生八ツ橋「聖(苺ショコラ)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。ココアを使ったねっとりとした独特の食感をもつ生八ツ橋で、苺のさわやかな酸味が楽しめるこしあんを包んでいます。一年を通して購入できる生八ツ橋で2019年に発売になりました。

本家桜咲

【本家八ッ橋】本家桜咲はどんな生八ツ橋?八ツ橋マニアが徹底紹介

創業元禄2年の老舗・本家八ッ橋が手がける生八ツ橋「本家桜咲」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。ニッキを使わない素朴な生八ツ橋の皮は純白で美しく、その中には細かな桜葉を混ぜ込んだ桜あんが。とても上品な味わいの生八ツ橋です。

【本家西尾八ッ橋】生八ッ橋(春)

【本家西尾八ッ橋】生八ッ橋(春)はどんな生八ツ橋?八ツ橋マニアが徹底紹介

本家西尾八ッ橋が手がける生八ツ橋「生八ッ橋(春)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。この生八ツ橋は「ニッキ」「抹茶」「さくら」の3種類の味が楽しめるんです。特に「さくら」は春だけの限定生八ツ橋ですよ。

京栄堂 生八ッ橋(抹茶)

【京栄堂】生八ッ橋(抹茶)はどんな生八ツ橋?八ツ橋マニアが徹底紹介

京栄堂が手がける生八ツ橋「生八ッ橋(抹茶)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。薄い生八ッ橋は鮮やかな緑色で生八ッ橋の甘さと抹茶のやさしい風味が楽しめます。家庭用40枚入りから贈りもの用の60枚、120枚いりまで3種類のラインナップがあります。

【京栄堂】生八ッ橋(ニッキ)

【京栄堂】生八ッ橋(ニッキ)はどんな生八ツ橋?八ツ橋マニアが徹底紹介

京栄堂が手がける生八ツ橋「生八ッ橋(ニッキ)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。家庭用は35枚入りのお得なパック入り。お土産、贈答用には数枚が個包装された食べやすいタイプがあります。薄めの生八ツ橋はしっかりとニッキの香りが効いています。ほどよい甘さなのでいくらでも食べられるのが嬉しいですね。

小町花伝(いちご)

京栄堂「小町花伝(いちご)」はどんな生八ツ橋?八ツ橋マニアが徹底紹介

京栄堂が手がける生八ツ橋「小町花伝(いちご)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。この生八ツ橋はニッキを使わない皮でやさしいいちごの餡を包んだもの。上品なこしあんといちごのやさしい味わいが楽しめます。