【カンボジア国際結婚】(15) 日本の婚姻手続きのためにカンボジアの書類を翻訳する

スポンサーリンク
書類の翻訳カンボジア
スポンサーリンク

カンボジアの婚姻手続きは無事に終わりましたが、次に待っているのは日本側の手続きです。

カンボジアほど時間もお金もかからないとは思いますが、過去に苦い経験があるので慎重になってしまいます。

スポンサーリンク

書類を日本語への翻訳しなければならない

日本での婚姻手続きを進めるために、カンボジアで2つの書類を準備しなければなりません。

  • 婚姻証明書
  • 出生証明書

これらの書類はもちろんカンボジア語で書かれているので、そのまま日本の役所に持って行ってもダメです。

日本の役所に提出する時には、この原本に日本語に翻訳したものを添付する必要があります。

いちおう役所に確認したところ、プロじゃなくても誰が翻訳したものでもいいらしいんですが、さすがにそれは……ってことでプロの翻訳会社に頼むことにしました。

プノンペンにある翻訳専門会社で翻訳を依頼

カンボジア語を英語に翻訳してくれるところは結構あるみたいですが、日本語に翻訳となると数は少ないみたいです。

今回教えてもらったのは日本語への翻訳もできるGO TRANSLATEという会社。場所はカナディア銀行から少し東へ行ったところにあります。

GO TRANSLATION

今回翻訳を依頼したのは「結婚証明書」「出生証明書」の日本語翻訳です。

費用は1枚あたり35ドル(約5,448円)。かかった日数は2日でした。

できあがったものを確認しましたが、一部を除いて日本人が読んでも違和感のない感じに訳していただけて良かったです。

翻訳する人にとって以下の内容は難しかったかも知れなくて、何回か問い合わせがありました。

  • 日本の住所の日本語表記
  • 日本人の名前

翻訳を依頼する時に、住所や名前などは日本語標記をあらかじめ渡しておくとスムーズに進むのかなというのが感想です。

翻訳した書類でしっかりと確認すべき点

今回、カンボジア語で書かれた書類を日本語に訳してもらって日本の役所に提出しました。

ここでいくつか問題が発生したので、ここに書き残しておきます。

  • 氏名、地名は正しい日本語で記載されていることを確認する
  • 日付が間違っていないか確認する
  • 翻訳者のサインは会社名だけでなく翻訳者の名前も必要

まず最初に確認するのは氏名や日本の地名が正しい文字で書かれているかどうかです。

今回問題だったのは両親の名前。たとえば父親の名前が「山田 太郎」とします。翻訳された書類の父親の名前は「山田 太郎」と書かれていなければなりませんが、「やまだ たるぅおう」って翻訳されていたという感じです。

カンボジアで発行された原本の読み方が「やまだ たるぅおう」となっていたとしても、翻訳では「山田 太郎」となっていなければ日本の役所でツッコミがはいります。

次は日付の間違いもありました。たとえば「2023 10 11」と書かれていた場合、本当は2023年10月11日なのに2023年11月10日と訳されていたという感じです。

原本ではカンボジアの数字で書かれているので確認は難しいかも知れませんが要注意です。

最後は、翻訳した書類には翻訳者の氏名が必要です。翻訳会社に頼んだとしても翻訳会社だけでなく、実際に翻訳を行った人の氏名がないと指摘されます。

英語に翻訳したものを自分で日本語にする方がいいかもしれない

実際にカンボジアの書類を日本語に翻訳してもらったわけですが、いろいろと日本の役所で不備を指摘されました。

英語への翻訳に比べて費用も倍以上かかったうえに、役所での指摘も多かったので日本語への翻訳は自分でやった方がいいのかなって気がしています。

翻訳会社にはカンボジア語で書かれた原本を英語に翻訳してもらうところで止めておき、英語を日本語へするのは自分でやった方が間違いがないように感じましたね。

カンボジアの国際結婚に関する記事はこちらからもどうぞ。

カンボジア人との結婚を考え出したきっかけなどについて書いています。

カンボジア人の友人に相談したところ、先に日本で婚姻届けを出した方が良いよということなので日本での婚姻届けの出し方について紹介しています。

コロナで2年間カンボジアに行けなったため、結婚の手続きもストップ。やっとカンボジアに行けたと思ったら必要な書類がもらえないという衝撃の事態に直面してしまいました。カンボジアで結婚を先にするように方針転換しました。

カンボジアで結婚の手続きを行うために日本で用意する書類をまとめました。一番苦労したのが警察証明(犯罪経歴証明書)ですね。

カンボジアで結婚の手続きを行うためにカンボジアで用意する書類をまとめました。日本大使館で独身証明書、病院で健康診断書など準備するものはたくさん。

カンボジアの国立病院で結婚に必要な健康診断書を発行してもらいました。行ったのはカンボジアでも歴史のあるカルメット病院です。

結婚式の打ち合わせでは、式で着る衣装や撮影、メイクアップなどについていろいろ決めました。

結婚式で使う写真の撮影です。プノンペンの写真スタジオで撮りました。

結婚式の招待状を作成して、親戚の家にご挨拶に伺いました。

結婚式前日。式に向けていろんな準備。

早朝からカンボジアの伝統的なカンボジアの結婚式をやりました。

外務省で婚姻の手続き。ここからが本格的な役所対応が始まります。

一番大変と言われる内務省の手続き。すべて終わるまで1ヶ月もかかりました。

外務省、内務省の手続きの次には地方自治体での手続きが待っています。これが終わればカンボジア側での婚姻手続きは終了となります。

日本で婚姻手続きを進めるために必要な、カンボジア語から日本語への翻訳について。

日本で婚姻届を提出しました。注意点も合わせて紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました